05≪ 2018/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2018-03-24 (Sat)
3月始めに森林公園へ梅の撮影に行ってきました。
ちょうど良い見頃、天気も良くてよかったです。

180303_pict_001_R.jpg 

180303_pict_004_R.jpg 

180303_pict_006_R.jpg 



180303_pict_002_R.jpg 

180303_pict_007_R.jpg 

180303_pict_009_R.jpg 

180303_pict_011_R.jpg 

180303_pict_008_R.jpg 

180303_pict_015_R.jpg 

180303_pict_010_R.jpg 

180303_pict_016_R.jpg 

180303_pict_019_R.jpg 

180303_pict_020_R.jpg 

180303_pict_014_R.jpg 

180303_pict_021_R.jpg 

180303_pict_017_R.jpg 

180303_pict_005_R.jpg 

180303_pict_018_R.jpg 

180303_pict_013_R.jpg 

180303_pict_022_R.jpg 

今回使用したのは標準レンズのみ。
今さらながらレンズの癖が何となく分かってきた気がします。
梅をじっくりちゃんと撮ったのは初めてかもしれませんね。

桜と違い控えめな感じながら色のバリエーションがあって
なかなか良かったです。
桜よりもわびさびを感じますかね。

春の訪れよりも冬の終わりを感じるのが梅のような気がします。

Return

スポンサーサイト
* Category : 旅行
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-01-14 (Sun)
昨年末からちょいちょいと撮影会に参加しまして、
スタジオでの撮影を2回経て今回初めての屋外撮影会でした。
屋外では光の使い方がまたスタジオとは違い勉強になりました。

モデルは去年2年以上ぶりで再会をしました速水ゆきさん。
初めてイベントでお会いしたときにキックボクシングの
エクササイズを受けているという事から話が合い
ツイッターでもちょいちょいリプライなどしていたのですが、
イベントでお会いできる機会がなかなかなく…だったんですよね。


使用したレンズはポートレート用の中望遠レンズ。
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
スタジオでは距離の関係でなかなか使いにくいのですが、
屋外ならば距離も取れるし良いのではないかと。

それから広角用にコンデジのPower Shot A720
かなり旧型で電源がそろそろ寿命がきてるんじゃないかとも
思いますが、まだまだ頑張ってます。

撮影当日はよい天気でとてもよいコンディションでした。



まずは試しにということで1枚撮ってみましたが…。

180113_pict_001_R.jpg 

天気の良さと樹木多めの公園というロケーションで
光の明暗の差が大きすぎて影がかなり目立つことに。

180113_pict_002_R.jpg 

なのでストロボを炊いてみると良いのかなと思い
ストロボ炊いたら今度は明るすぎる。
自作したストロボのカバーを一番厚くしてもこの明るさ。

180113_pict_003_R.jpg 

後でフォトショでいじってみましたがなかなか自然にはならず。

180113_pict_004_R.jpg 

でも立ち位置によってはストロボで撮影後フォトショで調整で
まあ大丈夫な場合もあるんですよね。

180113_pict_005_R.jpg 

こんな感じで調整。
まだまだ素人には光の使い方が難しい。

ちなみにコンデジではどうだろうかと全身を撮るのに撮影。

180113_pict_006_R.jpg 

やっぱり明暗の差が気になります。

180113_pict_007_R.jpg 

180113_pict_008_R.jpg 

でもストロボを炊くとコンデジではいい感じになるんですよね。
コンデジのストロボは一眼よりも光が柔らかくて
ちょうどいいみたいです。

場所を転々としながら撮影するのですが、
この辺りでの撮影はストロボなしでもいい感じに撮れました。
特に傘が光をちょうど良く調整してくれて
自然な感じの光になったんですよね。

180113_pict_009_R.jpg 

180113_pict_010_R.jpg 

180113_pict_011_R.jpg 

傘なしでも立ち位置によってはちょうど良い光だったと思います。

180113_pict_012_R.jpg 

180113_pict_013_R.jpg 

そんな感じであれこれやってみながら
撮影をさせていただきました。

始めはほぼ個撮状態でしたが、途中から1人一緒に
撮影する方が来まして、その人の撮り方も観察してみたり(笑)
ちなみに順番撮影になるとコンデジでフラッシュ炊いた後の
チャージ時間がだいぶロスになる(笑)
古い機種なのでね( ̄▽ ̄;)
なので最後の方はずっと一眼で撮ってました。

同じシチュエーションでの一眼とコンデジの撮影比較。

180113_pict_014_R.jpg 

180113_pict_015_R.jpg 

どちらもストロボ使用。
一眼の方はフォトショで調整済み。

180113_pict_017_R.jpg 

180113_pict_016_R.jpg 

最後の方で一眼でも全身が入れられるくらい距離がとれたので
これもコンデジと同じようなシチュエーションを比較。

180113_pict_018_R.jpg 

180113_pict_019_R.jpg 

バックショット。
コンデジと一眼。

180113_pict_020_R.jpg 

見返り美人(笑)

速水ゆきさん、お話をしやすい方です。
自分が無口な感じなんですが、個撮状態でも気を使って
色々と話してくれます。

180113_pict_021_R.jpg 

速水「あ、アヒルがいるよ」
まる「アヒル…?なんですかね…?( ̄▽ ̄;)
   カモ…かな…?(´▽`;)」
そんなほのぼの会話もしながら楽しく撮影。

今回撮った写真で自分的に一番好きな写真はこれかな。

180113_pict_022_R.jpg 

ありきたりではありますが、ストロボなしの自然光で撮れて、
傘のバランス、背景など自分が一番好きな感じです。

そして終わりに希望でチェキも撮れるんですね(有料)

Effect_20180114_190959.jpg 

今時はどんなイベントでもチェキって定番なんだなあ。

屋外撮影は気持ちもいいし色々勉強にもなってよかったです。
また桜の季節とか屋外撮影会あるといいかもしれませんね。

Return

* Category : ■現場活動
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-01-06 (Sat)


遅れましたがあけましておめでとうございます。

昨年末色々とありましたが、もしかしたらガラッと生き方が
変わるかもしれませんが、今年もボチボチとやっていく予定です。

画像の年賀状もどきには今年もまだヲタヲタしくとは書きましたが、
実際はどうなるかは分かりませんね。
推しなしのヲタクというのは思う以上に刺激はないものですよ(笑)

心が開放された?せいか、リア充羨ましいとか思うこともあります。

まあ何事も何かしらの動きを自分から起こさなければ始まらないと思うので、
心の赴くままに、躊躇はせずに、自ら動いていきたい。

そんな事を思う2018年でございます。
* Category : ■日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-12-03 (Sun)
何を信じてよいのか分からなくなった。

多分それが全てです。


今までずっと「本気」を信じてきたから応援をしてこれました。

今の自分にはあの子が何に本気なのかが分からない。
いや、あの子自身が本気と思っているものはあるのかもしれない。
でも例えば半年後も、同じものを本気と言っているのか
それを信じることができない…。

アイドルを辞めてみたり、また始めてみたり、
でも最近は何となくアイドルである事の話を振られても
反応がイマイチだったり、本当に今もアイドルなのかなと
疑問を持ってしまったり…。

人形作りも最近は新作が出てこない…。
りなんなんのツイートもほとんどなくなっている。

生誕祭のあと、ライブハウスで歌うことも好きになったと
言ってくれた時には本当に嬉しかった。
地下アイドルになりたいわけじゃない、ということは初期から言っていたし
もちろんそこが目標でなくもっと上を目指している事は良いことだし、
でも現状立てるステージの現実がライブハウスだから
自分は段階を踏んで今できるステージで認知してもらっていって、
歌も広まってほしいとずっと思い続けていたから、その言葉が本当に嬉しかった。
でもそれ以降、ライブハウスのステージには数えるほどしか立っていない。

ここ最近は気分次第でやる事がコロコロ変わってしまっているように見えて
自分は何を信じてよいのか分からなくなった…。

今はキャラクターよりも韓流アイドルが好きだからと、
方向性をころっと変えてしまうのも自分には何がなんだか分からない。

可愛くなりたいと言ってみたり、かっこよくなりたいと言ってみたり、
どれが本気で本心の言葉なのかが分からない。

昔のあの子はもっと自分自身が生み出すものにこだわりを
持っていたと思う。
今まで作り上げてきた世界観は好き嫌いで簡単に変えてしまう程度の
ものだったのだろうか…。

大阪にいた頃のあの子の視野はきっと狭かった。
でもそれが逆に1つの物に対する徹底的なこだわりを
持たせていたように思う。

東京に来て視野は広がり色々な知識を得たと思うし、
それはすごく良いことだったと思っている。
でも、同時にそれが逆に目移りをしやすくなってしまったのではないかと
ここしばらくのあの子を見ていると思う。


東京へ行くという決心をした時、この子は本気だと思い、
自分は1推しになりました。
それからもあの子が見せてくれるものを信じ、応援をしてきました。

限界を感じたあの子がりなんなんを辞める決心をした時も
長年続けてきた事を辞める一大決心だと思いました。
悲しかったけれど、受け入れるまで時間はかかったけれど、
最後にはあの子を信じました。


りなんなんは辞めてしまったけれど、りなんなんの世界観は残してくれた。
だから自分は受け入れられた。
やっぱりこの子はりなんなんが大好きなんだなと思った。
人形作家となってあの子が作るりなんなんをモチーフとした人形は
どれも可愛くて好きだった。

1年ほどして、またアイドルをやりたい、りなんなんをやりたいと
あの子は言った。
嬉しかった。

でも復活したりなんなんにはやっぱり少し違和感を感じた。
やっぱり昔とは違う。
誤解を恐れず言えば、昔の…余分な知識のない、純粋で純白なイメージ…
それが他では誰も真似できないピュアさを醸し出していた。
東京に来たことで視野が広がり、色々な知識を得たあの子のりなんなんは
やっぱり昔のイメージとは違っていた。

それでもまたりなんなんの曲が聴ける事がそれ以上に嬉しかった。
2代目りなんなん。
そう思えばいいのかもしれない。
そんな風にも考えた。


でも徐々に漠然とした違和感が広がり始めていた。
シュトレッチのモニターをやり始めた頃から少しずつ…。

始めは姿勢の矯正など比較写真も載せたりして、
色々と協力しているんだな、くらいに思っていた。

しかし姿勢から顔の骨格の矯正に入っていった時に比較写真を見て
すぐに自分は思った。
前の方がいいと…。

やがてそんな比較写真はファッションへと移り変わっていった。
それまでも徐々にファッションが今時のものにこだわり始めていて、
後にアパレルのショップのアルバイトを始めたと知った時には
そういうお店で働くには自分自身がまずお洒落していかなきゃ
ならないんだろうなと最初は思っていた。

そんな時また1つの昔のあの子との比較写真が出た。

自分は大好きだったオーバーオールの私服の写真だった。

171203_pict_001_R.jpg

171203_pict_003_R.jpg

171203_pict_002_R.jpg


すごく似合っていて、小さなあの子にはブカブカのオーバーオールが
まるで着ぐるみのように見えて、すごく可愛いなと思っていた。
自分にはこの写真と比較されても、前の方が全然いいとしか思えなかった。
それでもアルバイトのためなのだろうと自分に言い聞かせた。

決定的となったのはきゅるりんポーズをしている自分自身へのダメ出し。
自分はずっとずっと微妙な不安定さも含めて、それがすごく可愛いし
それも含めてあの子の世界観の一部と信じ続けていたから悲しかった。

それに対して過去の本当の良さを知らない人たちに
写真だけで今の方がいいなんて判断されたくなかった。

さらに今はキャラクターよりも韓流アイドルに憧れてるからの発言。
たったそれだけで変えてしまったのかと…。

何かここ数ヶ月で急に変わってしまったあの子が分からなくなってしまった。

昔の自分も可愛くて好きだけれど、今もまた大人な雰囲気でいいでしょ?
自分はそれでいいのにと思う。
わざわざ昔の自分を下げる事もないのにと。

今の自分を推したいなら昔は昔、きれいな思い出のままで、
今の自分だけで勝負をすればいいじゃないかと。

自分が信じてきたものはいったい何だったのだろうと。
これから何を信じればよいのだろうと。

その時その時の気分で言っている事ややっている事が
変わってしまっている現状に、半年したらまた違うことを言い出して、
違うことをやり始めるのではないかと今の自分は思ってしまう。

十四代目トイレの花子さん。
あの子はすごいと思う。
楽曲の入れ替えはあっても花子さんでいることは絶対に壊すことはない。
いや、花子さんでいるというより、身も心も全て花子さんなのだろう。
かつてのりなんなんのように…。
本人の言うように花子さんでいることに「飽きた」時には
多分スパッといなくなってしまうのだろうと自分は思う。
それくらい存在が花子さんなのだなと。

マスクメイドさん。
あの人も素顔は決して見せない。
そこだけは絶対で壊すことのない世界観。

まりにゃんも美広まりなでいる時には徹底的に下ネタに徹していた。
その世界観を壊すことはなかった。
今は美広まりなではなくなってしまったけれど、
それでも終わりではなく休止としたことや美広まりなは「殺された」と
表現している事などから、美広まりなでなくなったことには
様々な思惑が入り乱れていることが感じられる。
いつかその世界観でまた戻る機会も伺い続けているのではないかと
自分は思っている。

あの子の中の不変の本気とは何なのだろうか。
歌やダンスとかではなく…歌やダンスはその道を行く人は
誰もが頑張っている。
それを伝える手段として不変のものは何なのだろうか…。

花子さんが花子さんでいること。
まりにゃんの下ネタさえもエンタメに変えてしまう世界観。
紅音ちゃんのチョコレート。
マスクメイドさんが顔を隠し続けること。
灯さんの和奏電道士。

あの子の中でこれだけは絶対に変えたくない譲れないものとは…。
あなたは一体何者で、これから先何者であり続けるのですか?

多分今の自分はあの子を真っ直ぐに見て応援する事ができない。

だからしばらくはあの子の現場に行くことは休止します。
無期限の休止です。
また信じられるもの、信じたいものを見つけられるまで。
それがいつなのかは分からない。
見つかる前にあの子がいなくなってしまうことだって
あるかもしれない。
でもそれはそういう運命だったということ。

あの子はCDもリリースしてくれた。
生誕祭もすることができた。
グッズもお店で販売できるようになった。
一度だけでも「大好き」と言ってくれた。
そしてたくさんの仲間と応援することもできた。
自分が夢だったことは全て叶え見たかった光景を見せてくれました。

願わくば今の方が良いと感じている人にはその気持ちをお金に替えてほしい。
あの子のためにお金を使ってほしい。
綺麗事ではなく活動を続けるにはお金が必要。
お願いします。

そして良いものは良い、ダメなものはダメとはっきりと言ってあげてほしい。
それも優しさだと自分は思っています。
あの子は褒められたいと言っているけれど、誰だって褒められたいのは同じ。
人としての真価が問われるのはピンチに陥ったとき。
そこでそのまま潰れてしまうのか、逃げることを選択するのか、
乗り越えるのかで人の評価は変わる。

あの子は褒められれば伸びるのかもしれないけれど、
何もかも褒め続けていたら、きっとどこかで何か大切なものを
失ってしまうのではないかと、そんな不安を自分は感じています。


ヲタクであること自体を辞めるとは言いません。
でも続けたとしても現場に割く予算は大幅に減らすと思います。
自分自身のためにもっとお金を使いたいです。

特定の推しを作ることもないです。
あの子で自分の気力は全て使い果たしました。
あの子と同じように推すことができる存在は出てこないでしょう。

これからはまるぞ~は何でもないただのヲタクです。
りなんなん、いうちりなを好きになってくれてありがとうございました。
* Category : ■りなんなん
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2017-11-14 (Tue)
先日紅葉を求めて会津へ行ってきました。
ツアーは申し込まず個人で計画を立てて。

会津に着いて初日、喜多方まで行ってお昼にラーメン。
有名店はどこも行列でした。

KIMG1862.jpg 


午後、あいにくの雨でしたが白虎隊の地、飯盛山へ。

171104_pict_001_R.jpg 

白虎隊が見た鶴ヶ城を望む景色。

171104_pict_002_R.jpg 

171104_pict_003_R.jpg 


夕方から夜にかけて鶴ヶ城のライトアップ。

171104_pict_004_R.jpg 

171104_pict_005_R.jpg 

171104_pict_007_R.jpg 

171104_pict_006_R.jpg 

171104_pict_008_R.jpg 

カメラの設定に最初は四苦八苦でしたが、
なんとかちょうどいい調整を見つけて標準レンズでも
いい感じに撮れたかも。

ちなみに今回は雨が降ることは予想していたので、
なるべく荷物を少なくするためにレンズは標準レンズのみで
撮影しました。


夜は現地の飲み屋で夕飯。

171104_pict_009_R.jpg 

馬刺し。
本来あまり得意ではないのですが、これは普通に食べられた。

171104_pict_010_R.jpg 

天国サラダというやつ。
食べてしまった後の撮影なんですが、最初はこの倍くらい、
30cm近い高さがあったかと。
サラダで腹いっぱいになったのは初めて。

地酒も飲んだりして当たりのお店でした。



2日目は良い天気に恵まれました。

171104_pict_011_R.jpg 


会津鉄道の旅。

171104_pict_012_R.jpg 

171104_pict_013_R.jpg 

171104_pict_021_R.jpg 

171104_pict_022_R.jpg 

171104_pict_033_R.jpg 


塔のへつり。

171104_pict_017_R.jpg 

171104_pict_015_R.jpg 

171104_pict_016_R.jpg 

171104_pict_018_R.jpg 


大内宿。

171104_pict_024_R.jpg 

171104_pict_026_R.jpg 

171104_pict_025_R.jpg 

171104_pict_028_R.jpg 

171104_pict_030_R.jpg 

171104_pict_027_R.jpg 


紅葉。

171104_pict_019_R.jpg 

171104_pict_023_R.jpg 

171104_pict_020_R.jpg 

171104_pict_029_R.jpg 


ローカル線の駅。

171104_pict_031_R.jpg 

171104_pict_032_R.jpg 

171104_pict_034_R.jpg 


ツアーは自動で連れて行ってくれる良さはありますが、
個人で計画を立てると気兼ねなく動けるので良いです。
2日間無駄なくロスなく良い感じに回れたと思います。

Return

* Category : 旅行
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-11-14 (Tue)
10月始め、本当は花火大会に行く予定だったけれど、
前日の雨の影響で中止になり、変わりに行ってきた
イルミネーション。

171007_pict_011_R.jpg 

171007_pict_010_R.jpg 

171007_pict_009_R.jpg 



171007_pict_008_R.jpg 

171007_pict_001_R.jpg 

171007_pict_003_R.jpg 

171007_pict_002_R.jpg 

171007_pict_005_R.jpg 

171007_pict_004_R.jpg 

171007_pict_012_R.jpg 

171007_pict_006_R.jpg 

171007_pict_007_R.jpg 

Return

* Category : 旅行
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-10-14 (Sat)
戸田あたりで。

http://twilog.org/maruzo_saitama/date-171014

* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-10-09 (Mon)
まりにゃん活動一時停止ワンマンぽこ

http://twilog.org/maruzo_saitama/date-171009/asc-norep

* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-09-25 (Mon)
あやつるぽん!とお帰りなんなん

http://twilog.org/maruzo_saitama/date-170924/asc-norep

http://twilog.org/maruzo_saitama/date-170925/asc-norep
* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-09-19 (Tue)
まりにゃんラスト主催
ありがとうおともだちんちん

http://twilog.org/maruzo_saitama/date-170920/asc-norep
* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。