06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-10-03 (Sun)
snap604.jpg
今日は…なんか特別なことしたっけ…?^^;

昼に起きて、昼飯食べて、なんかやってたビフォーアフター見て、おやつ食べて、
空手に行って…なんか何もしてませんね。
空手は久しぶりでなんか体が重かったです。
このくらいの年齢になってくると調子のいい時と悪い時って明確に出るのかな。

あ、K-1は見ました。
バンナ…(´・ω・`)

テイシェイラも動きは良かったのですが、なんかキックボクサーに
なっちゃった感じですね。
空手家がK-1でキックボクサーになっていっちゃうのは寂しくもあります。
空手らしさっていうのは残してほしいなと思いますが、それで勝ち上がるのは
難しいんですかね…。

勝ちあがった選手で個人的にいいなと思うのはダニエル・ギタ。
キックボクシングの選手ですが、戦い方が空手っぽいのがいい。
ローキックと左フックのあの一撃必殺感。
マシンガンのような連打ではなく、ズシリズシリとした大砲を一発一発
放って確実にダメージを与えていく。
ああいう「必殺技」を持った選手っていいですね。


さて、今日は関東はロケみつはありませんが、先週録画したやつを見ます。
楽しみや~。

あのさ~、早希ちゃんのブログにエ○コメントとかしてるやつら…。
芸能人とか芸人とかいう以前に、早希ちゃんも一人の女の子なわけです。
コメントしてるのが男だったら女の子にそういうことするのは最低だと思うし、
女だったら同性として気持ちが分からないのかね…。
スポンサーサイト
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-07-14 (Tue)
20090714235604
娘。春ツアーのDVDとチャンプルアルバムは珍しくAmazonで予約をしています。
なのでフラゲはなし。

娘。の方は今日支払えメールが来ましたが、チャンプルはまだ。
Amazonでは商品確保する予定がなかったんでしょうか?
それとも予定よりもたくさんの予約が入ったとか?
まあ8月のハロコンまでに間に合ってくれれば別にいいんですが。

昨日のK-1はおもしろかったです。
山本優弥選手には感動した!
谷川氏の総評は何か違うような気もしますが。

獣が見たいのはライトな格闘技ファンだと思う。
コアなファンは谷川氏がないがしろにしているハイレベルな技術の攻防だったり
ペドロシアンのような「うまさ」を見たいと思っているはず。
それをプロデューサーやってるはずの本人から「つまらない」と
言われてしまってはね…。

じゃあ谷川氏はフォータイムスチャンピオンのホーストの技術も、
ホーストvsフィリオの伝説の超間合い合戦も、鉄人アンディ・フグの精神も
否定するってことですかね?
極論そうなるんですが。

自分なんかはハイライトでしか放送がなかったペドロシアンや、
カットされてしまったブアカーオの試合も見たかったですけれどね。

魔裟斗を獣と言うけれど、魔裟斗だってあの攻防の技術があってこそ、
獣のような闘争心がより引き立っていると思うのですが。
いくら闘争心があったって、技術なしに拳をブンブン振り回すだけの
選手だったら「カリスマ」なんて言われなかったと思います。

最近よりいっそう考え方がずれてきている気がするなあ…。
プロデューサーにはライトなファンもコアなファンも楽しめるような
マッチメイクをしてもらいたいです。
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (1) * |
個別記事の管理2009-04-23 (Thu)
20090423233533
ノノ*^ー^)<チーズハンバーグ

今日から松屋で始まりました。
今ならご飯大盛り無料。
チーズいいっすね、チーズ。
おいしかったです。

火曜日に録画したK-1を見ました。
ブアカーオの大逆転勝ち、佐藤の大逆転負け、山本優弥の好試合、
なんかテクニシャンなペドロシアンなどなど、見応えのある試合が多数でした。

長島はちょっとまだクラウスとやるには早かったですかね。
次戦が誰とやり、どんな試合を見せてくれるのかに期待します。

ブアカーオは今回からまた戻したムエタイスタイルの方がよさそうですね。
なんだかんだでやっぱり体に染み着いている動きがここ一番で出せるのかな。
それにこの方が戦いに見栄えがしますし。

ペドロシアンは最近では珍しいタイプの戦い方をする選手ですね。
相手の攻撃をよく見ています。
放送されなかった2Rも見たかったですね。

佐藤は完全に3Rでスタミナを使い切ってしまった感じでしたね。
佐藤自身は延長は考えず3Rで決めるつもりだったのかな…。
でも魔裟斗への再挑戦の夢がこんな形で潰えてしまうのは悔しすぎますよね。
これが勝負の世界か…。

ふう…あと1日の辛抱…。
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-02-25 (Wed)
なんかやぐブログをアドエスのOperaで見ようとすると重くなる…。
てかここ数日、Operaの調子がどこかおかしい気がする…。
自分のブログも本文がたまに中央揃えで表示されるし…。

今回のK-1はテレビで放送されたものはいい試合が多かったですね。
放映されなかった佐藤の試合とかも見たかったですが。
優勝は久しぶりに小比類巻でしたが、キャラクターの印象は全部長島が
持って行っちゃった気がします^^;

でも長島と準々決勝で城戸に勝ちつつも、鼻骨骨折で次に進めなかった
日菜太は今後が楽しみです。

謎だったのは放映はありませんでしたが、ボクシングチャンピオンの渡辺。
自分を自分で殴ってダウンって…?
映像を見てみたい。
この人、反則王としてヒールで取り上げられていたけれど、試合後の
インタビューとか見るとヒールなんだかイロモノキャラなんだか謎です…。

今日は久しぶりに日付が変わる前に家に着けそう。
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (1) * |
個別記事の管理2009-02-25 (Wed)
昨日はK-1を1回戦の4試合のみひとまず見ました。
ヤフーニュースも極力みないようにしているので、結果はまだ知りません。
トップに小比類巻がどーのとか出てたけど見てない見てない(汗)

長島…コスプレ姿を見るとハロヲタがまともに見えてくる(爆)
リングでのコールの時に表示される選手の情報もバックボーンが「アニメ」って^^;
でも自分も空手やりつつヲタもやってるので、通じるものがあるようなないような。

しかし勢いはかなりのものですね。
日本拳法がベースで、無意識なのか意識してなのか、日本拳法独特の
縦拳を打つので、それが相手のガードの隙間を縫って当たってるみたいで
それがやっかいそうです。
空手の正拳のように拳を横にして打つパンチならば、顔面のガードの隙間を縫うことは難しいんですけれどね。
何かのマンガで見ました。

はたしてこのヲタはどこまで勝ち進むのか!?(笑)
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (2) * |
個別記事の管理2008-12-08 (Mon)
snap491.jpg
昨日やっていたK-1の決勝大会を見てました。
まさか決勝があんなことになるとは~。
他の試合がみないい試合だっただけに残念…。

さて、また1週間がんばろう。
おやすみなさい(-_-)zzzZZ
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-10-04 (Sat)
20081004000931
昨日、録画したK-1 MAXを見ました。
魔裟斗すごかったですね。
日本人として2度目の世界王者です。
この人を倒すには肉体にどんなにダメージを与えても無駄で、本当に心を折らなければ
勝てないんだろうなという気迫を感じました。

試合の判定で何かやってるみたいですが、昨日少なくともテレビで放送された
試合に関しては、自分は不可解に感じたものはありませんでした。
ダウンした魔裟斗も本戦をドローに盛り返すだけの反撃をキッチリとしたと思います。
サワーとキシェンコはテレビでは全てを放送したわけではないので、何とも言えません。

今日すごいガイルを見ましたよ。
起き上がりに完璧なまでのリバーサルサマーソルト→キャンセルEXセービング、
隙あらばすぐさまEXサマーソルトを叩き込み、ゲージ満タンでしゃがみ中パンチを
当てようものなら確実にキャンセルサマーソルト→スーパーキャンセル
ダブルサマーソルトにつないでくる。
対空も超絶反応で落とし、これが本当に人間の反応速度かと思いました。

どんなに頑張ってもあそこまで対応が完璧になれる気がしません(;´Д`)
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-06-30 (Mon)
今日決算賞与が出ました。
予定外の収入で非常に得した感じ。
次のボーナスでPC購入を考えてましたが、これならこの間のボーナスの貯金と合わせて予定を繰り上げられるんじゃ…。
ここは思い切りよくいってしまいましょうかね?
どうせ現場の予定もまだあと1ヶ月はないし、せっかくのこの休養期間を有効に
使わない手はないかも。

----------

昨日のK-1。
ネタバレありです。

トーナメントは世間的にはまあ順当という感じだったのでしょうかね?
自分的にはテイシェイラはよく頑張ったという感じですが。
極真世界王者とはいえ、K-1はまだまだ2大会目ですからね。
よくここまで対応してきたと思います。

武蔵はケガが治らず万全ではなかったようですが、自分は澤屋敷と戦ったときの
あのコンディションならば、武蔵がトーナメントを優勝すると思っていましたので、
1回戦で負けてしまったのは意外でした。
コンディションが良ければ今ならまだテイシェイラにも勝てたと思います。

決勝で負けたは前田はいい選手になりそうですね。
第一印象の見た目は奇抜ですが、負けた後のインタビューも読みましたが、
不満を垂れることもなく実に潔く爽やかなインタビューです。
今回は作戦でああいった戦い方になりましたが、そんな中にも蹴りの重さとか
身のこなしの軽さ、目の良さなどかなりいい感じを受けました。

ヘビー級タイトルマッチは自分が予測していた結果の1パターンに見事に
はまってしまいました。
やはりバダ・ハリのあのスピードに序盤どう対応するかがカギとなると
思っていましたが、対応する暇も与えずに一気にたたみ込まれて
しまいましたね。
周りからもささやかれていますが、確かに今シュルトを倒せる一番近い位置に
いるのはバダ・ハリかもしれません。

そのシュルトも今回も淡々と自分の仕事をこなしましたという感じで(苦笑)
どうにかならないんですかね、コイツは(笑)
今はとにかくシュルトを誰が止めてくれるか…ですね。
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2007-10-04 (Thu)
何だかFC2ブログでデータ消失の事故があったみたいですが、
自分の所のサーバーではなかったようで安心しました^^;
自分は定期的にローカルに保存していますけどね。

昨日のK-1は好試合が多く、不可解な判定などもなくてなかなかよかったです。
ザンビディスvsキシェンコとかはギリギリな感じで次闘ったら
どちらが勝つか分からない僅差でしたけどね。
放送で流れた部分を見る限りでは判定はこれで良かったと思います。

魔裟斗は惜しかったですね。
ローを効かされてなければ、また少し違う結果が出たのかもしれません。
動きはここ数年のトーナメントで一番いい動きをしていたと思いました。

ちなみに放送席には山本KIDがいましたが、前も感じたのですが
この人は解説系は苦手みたいですね^^;
魔裟斗が解説やっていた時には的確で分かりやすかったのですが、
KIDはどうも試合に入り込んでしまっているようで、実況に振られても
一言返すだけ^^;
実力はあるけれど、指導者には向かないというタイプかな^^;

PRIDEがまた大変なことになっているみたいですが…。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/k1_pride/?1191494750

やぐっちゃんも好評みたいね^^
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20071003et05.htm
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2007-08-05 (Sun)
snap386.jpg
今日も暑かったので久しぶりにゲーセンめぐりに行ってきました。
大宮駅東口側のゲーセンほとんどを回ってきましたかね。

プレイもしましたが、自分は対戦格闘全盛時代の残党なのでやったのはスト?とかZERO3とか(笑)
プレイ感覚は体に染み付いていますね。
スト?やってた時に隣りのKOFマキシマムインパクト(3D)の不知火舞に気を取られて
1ラウンドポカをしてしまった末、フルラウンドの結果CPUディージェイに敗れたのは
秘密の方向で(爆)

帰ってから間もなく夕立が来て、タイミングいい時に帰って良かったという感じでした^^;
夕立が過ぎてからは少し涼しくなってよかったですね。

で、今日はK-1の香港大会の放送もあったわけですが、何なんですかねグダグダすぎる
あのトーナメントは・・・。
これが本当にプロが主催する興行かと。
放送の編集のしかたも最悪だったんじゃないかと。
武蔵の苦悶してる姿や、体力回復のインターバルを長々と映しているくらいなら、
藤本vs金泰泳とかちゃんと放送して欲しかったです。

武蔵に関しても、事故とはいえもう少し何とかならなかったのかなと。
大事な試合の時に限って、こういう事故が多いんですよね。
1回や2回くらいならまだ運が悪かったとも思えますが、過去から数えてこう何度もあると
本人の金的に対する防御の甘さもあるんじゃないかと思えてきてしまいます。

でも、口頭説明でしか聞けなかった決勝までの試合結果からだと、出場してた日本人の中で
何だかんだで一番強く思えたのは金泰泳ですかね・・・。
藤本も勝てなかったみたいですし。
武蔵も今の状態だと果たして勝てるのかという感じです。

他の試合でもアーツ vs ペタスが自分の中ではベストバウトでした。
それに続いてバダ・ハリ vs グラハムですね。
金泰泳、アーツ、ペタスなど一時代を築いた選手たちが、結局は今も好試合を見せてくれるのが
今のK-1の現状なんですかね。
* Category : K-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。