FC2ブログ

個別記事の管理2010-07-12 (Mon)

今日まだ見ていなかった「桜の季節~卒業~」のDVDを見ました。
早希ちゃんの相方、倫ちゃんの卒業公演のDVDです。

2人一緒の映像をしっかりと見たのは初めてでした。
桜って…何か不思議な…というか、女芸人の最先端、新しい一面を垣間見せてくれた
ユニットだったのかもしれない。

アイドルかというとやっぱりアイドルじゃない。
DVDの中でも今まで何人と付き合ったかとか、初キスはいつかとかぶっちゃけてるし
アイドル発言というものはまずないです。

これまで早希ちゃんを見てきて、特にやっぱり芸人だなと思う行動が
ステージでのはけ方。
実に芸人らしく「ありがとうございました」と言ったらスパッと去っていく。
ステージを往復して客席に手を振ったりとか、振り返ることもない。
芸人としての立ち回りが体に染み付いているんでしょうね。

でも周りからは限りなくアイドルに近いかわいがられ方をしているんですよね。
みんなが早希ちゃん、倫ちゃんって優しく接してる。
彼女たちも女であることは捨ててない。
自分の中での女芸人の固定観念を全て壊してくれたユニットです。

お笑いはもちろん、「桜のテーマ」というのがあり歌も歌っていました。
この歌がまた結構いい。
卒業公演では京橋花月がライブで今までにないような盛り上がりになったり。
そんな映像見ると自分もその場にいたかったって思います。

それと同時に、もうこのコンビを見れないと思うともったいないなあと思いました。
本当にもっと早く桜の存在を知りたかったです。

だからこそ、今は一人での活動となった早希ちゃんのことは本当に
応援していきたいです。

今は現場での活動がホント楽しいです。
何か娘。とやぐっちゃんの両方の現場に必死に行ってた頃の楽しさに通じるものを
今は感じています。

これだけ楽しいからこそ、いつかその時間が終わりが来たときの反動は…
なんて考えてしまうこともあるけれど、今は自分にできることを全力で
やっていくだけです。

ヲタなので。
スポンサーサイト



* Category : 早希ちゃん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |