03≪ 2013/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-04-29 (Mon)
岐阜に続いての参戦。

今回もりなんなんを呼んでもらえたこと、
そしてFeamも出演するということで、西と東の両方の
推しが同じ会場に集まるという自分にとっては特別な公演に
なりました。

アメブロにも初登場させているので、りなんなんの説明をしますと、
りなんなんは元々吉本興業のガールズユニット「つぼみ」に
所属していて、去年卒業し吉本も辞めてフリーのアイドルに
なりました。

関東ではあらびき団などにも出演していました。

きゅるりんアイドルという世界観を持っていて、
ちょっと不思議な子ですが、今は一人でマネージャーもなく
大阪を中心に活動しています。

しず風ヲタさんのはからいで岐阜の交フェスに出演させて
もらったことをきっかけに、T!Pさんとも仲良くなり、
そこの社長さんのご厚意でちょっとずつ関東でも活動を
でき始めているところです。

関東での知名度はまだまだ低く、つぼみ時代から見ている
自分も何とかライブを見てもらおうと応援しているところ。

一人で関西と関東を行き来して、ボイトレやダンスレッスンにも
一人で通ってホントにマジメに頑張ってる子です。
そんな頑張っている姿を見ているから、何とか支えになって
あげたいのです。


さて、お昼のりなんなんの出演時間に合わせて開場入り。
そしたらフィーマーさん(Feamのヲタさんねw)も
他の出演者見るためにちらほらと来てた。
てことで、自作りなんなんTシャツ装着。
当然フィーマーさんにも驚かれるよねww

お昼のりなんなんはバーサスキッズと時間が被って
しまったこともあり、しず風ヲタさんがそっちに流れてしまい
正直厳しい現場になりました。

加えてりなんなんはオリジナルソング以外に、カバー曲を何曲か
いつも用意してくるのですが、なかなかそれがいつも聴いた瞬間に
こちらも対応をしていかなければならないので、臨機応変な判断が
必要とされるのです(^_^;)
今回の1曲目にはちょっと対応しきれなかった_| ̄|○

そしたら見かねたのかフィーマーさんが一人加わってくれてね…
一緒に頑張ってくれた。
いやマジで感謝します(T_T)m(_ _)m
自分が不甲斐ないばかりに…。

でもちょっと今回思ったのは、夜もそうだったのですが
りなんなんの声の張りがいつもよりもなかったなと…。
のどの調子がおかしかったとか、体調が万全ではなかったとか
何かあったのかな…(´・ω・`)

りなんなんの声量はあんなもんではないのでね、
せっかくフィーマーさんの目に入るところでも歌えたのに
その本来の歌唱力を伝えきれなかったのはちょっと残念だった。


そしてライブ終わって物販の時間までしばらくの間待機。
物販の様子見で1階ををうろうろしてたらりなんなんに遭遇w

2回目の遭遇では自分は携帯いじっていて気付かなかったけれど、
りなんなんの方から「おつかれさまです~」って声かけてきて
通り過ぎていって…w
知った顔の前を黙って素通りできなかったのか律儀な子だ(笑)
でもなんか嬉しいよね、こういうの。




物販も今回はなかなか厳しい状態。
いつも一緒に見てくれている数名と、バーサスキッズの
物販が終わったしず風ヲタさんなどがちらほら…。
あとはつぼみ界隈の人も1人来てくれた。

あとasfiも物販が被っていたので、近くに来たヲタさんにも
果敢にチラシを配りに行くりなんなん

今回りなんなんがデザインしたTシャツと
携帯クリーナー?が新発売。
・・・ということで購入。
ちなみにDVD発売告知のチラシ。

snap1002.jpg

Tシャツはお洗濯中なので今は写真なしw

今回物販にチェキがなかったのが厳しかったかな…。
チェキカメラがないと撮ってはいけないとか
色々規制あるみたいで…。
りなんなんはチェキカメラ持ってないのでね。

チェキはうまくやりくりすれば一番収入につながる
所なんですけれどね…。
チェキだったら知らないヲタさんでもとりあえず記念に1枚
撮っておくかと入っていきやすいと思うし。

チェキカメラは高くて手が出ないと言っていたりなんなん
なので調べてみたけれど…。

http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/camera/cheki/index.jsp

いや…頑張れば買える価格(・_・;)
ちょっと無理しても、この価格なら物販でチェキ発売すれば
すぐに取り返せるでしょ。

なかなか厳しい物販だったけれど、
りなんなんも一生懸命売ろうと頑張ってた。

それでも物販終わりの時間には人も…ゼロ…。
自分がいなくなってしまったらね、本当にゼロになっちゃうので
いつも最後まで見届けているけれど…。
やっぱり一人グッズを片付けているりなんなんを見ると…
ちょっとさびしそう…。

「また夜のライブでね」と言っていったんりなんなんとはお別れ。


開場を一時離脱してカフェで一息ついてFeam出演時間まで待ち。
しかしだいぶ時間が押してました。

りなんなんがお世話になってるので、Feamの2つ前の
T!Pのライブにも注目。
あれ?この間見たのとメンバーが違う?(^_^;)
ピンクのさゆ似の子とかいなかったっけ?(笑)

とりあえずはゆうかりんの声がライブと物販で
トーンが違うことに…w
物販ではもっとサバサバしてた気がする(笑)


で、1時間押しくらいでFeamの出番。

もう少しだけあと少しだけ、、、
SWAN SONG
銀河のKISS☆☆☆
シアワセの連鎖反応


ちょい懐かしめの曲を中心のセットリスト。
何か抜けてたり順番違ってたらごめんなさい(笑)
「SWAN SONG」は久しぶりに聴きましたね。
Feamに行けてる回数は多くはないけれど、案外振りも忘れずに
覚えているもんです。

そして物販。

毎回のデジカメ撮影。
ツーショットチェキはチェキカメラじゃないとダメだけれど
こういう撮影はOKなこの違いって何なんだろうね?

そしてなんでりなぺはいつも血色悪く写ってしまうのか…orz

snap999.jpg

snap1000.jpg

snap1001.jpg

握手会では眠いを連発していたらしいリーダーさんw
確かに自分も「ライブ中に寝ちゃうかも」って言われたなw

チェキは次の物販もあるので1枚Yukiと。

snap997.jpg

敬礼が敬礼っぽいと言われたんだけどw
そういえば女の子って敬礼するとき親指が伸びる傾向があるw
自分は空手の癖で敬礼の手が手刀になってしまってる
だけなんですがねw
てゆーか村長って敬礼なのか?ww


1回目のライブ終わり、2回目もすぐ始まるという話だったけれど、
やっぱり時間押しててしばし待ち時間。
その間にしず風のバンドライブも少しだけ見れた。
やっぱり生バンドいいですよね。
ものすごいパワーを感じた。

で、途中だったけれどFeamが始まる予定の時間に階を移動。
しかし押しててまだ始まらない。
なのでそのまましばし待機して2回目開始。

君の未来を愛してる
Dear Children
未来の作り方
アキラメナイキモチ
The future world of Feam


2回目はフィーマーさんの身内いじりがすさまじかったなw
でもたくさんの人を巻き込んで盛り上げていくフィーマーさんの
パフォーマンスにはいつもながらすごいと思います。
ある意味あこがれますわ。
自分ももっとりなんなんのライブでうまくできたらなあ…。

そしてまだこれから朝まで頑張らねばならんというのに
ボロボロにさせてくれるキラーセットリストww
終わったときにはグッタリきてましたw

握手会でまいちーから聞いたけれどYukiリストだったらしい。
サドっ気あるリーダーだなあw
Feamで全て燃え尽きてしまいなさいということかw


2回目の物販では握手会でりなぺとYukiにりなんなんの宣伝w
あー、カミングアウトしちゃったww
きゅるりんアイドルと仲良くしてあげてねと伝えたけれど、
実際ライブの時間が離れすぎてたし、会える機会はなかったよね。

りなんなんにもFeamというユニットをよろしくと
伝えておいたんですけどね。

で、チェキは全員と。

snap998.jpg

なんか耳引っ張られましたがw
そしてTシャツ着替えてしまい、黒トレーナーだったので
絵が真っ黒になったw
チェキ渡してくれたのがまいちーというのもなんか新鮮だったな。


Feam終わったあと、いったんコンビニへ食料調達に行って
少しだけ空腹を満たして戻ると…。

セットの転換でりなんなんがゆるしてにゃん踊ってたww
しず風ヲタさんに囲まれてね、なんかすごく嬉しそうだった。

自分が求めてるのはこういう光景なんですよね。
りなんなんを温かく見守ってくれたり、好きになってくれたり
してくれる人が増えてくれることが嬉しいんです。
この瞬間は開場がすごく暖かい空気に包まれていました。


さて、そこからまたりなんなんの2回目のライブまで待機。
DJタイムでスッペシャルジェネレーション踊ったりw

りなんなんの出番のちょっと前に出てた桃杏めるという人。
この人についていたヲタもTシャツ着てた人1人。
なんか自分と同じ境遇を想像してしまってね、
頑張ってあげたくなっちゃいますよね。

でもりなんなんと決定的に違うのはやはり曲がバリバリの
アイドルのノリで説明なしで入っていきやすいこと。
こういうのは強いですよね。

りなんなんの曲も「りなんなんこんなんなん」とか
もう少しでノリが完成できそうな惜しいところまで
来てるんですけれどね。
まだまだ曲のこの部分ではこうしてねと説明が必要な
曲が多いですよね。

で、りなんなん2回目のライブ。
2回目はお昼よりもたくさんの人が見てくれたし、
一緒にきゅるりーんとやってくれたりして嬉しかった。

2回目のライブが終わったあとにね、「すげーな」っていう
声を聞いたんですね。
多分りなんなんワールドに唖然という感じだったのでしょうけれど
でもそういう何か心に感じてくれたものがあるなら嬉しいです。
何も感じるものがないことが一番悲しいですからね。


りなんなんの出演も全て終えて、最後締めのしず風のライブを
見るために朝まで頑張っていたのですが…ここに来て体力が限界に。
一度は心が折れて駅まで向かったのですが…
何か引っかかるものがありとりあえず朝飯食べて体力回復して
再び開場へ。

そうしたらちょうど残った出演者全員で最後のあいさつを
しているところでした。
りなんなんもステージに立ってた。

そして全員での集合写真。
岐阜に引き続き皆できゅるりんポーズ。
嬉しいです、ありがたいです。
本当にありがとうございます。

snap1003.jpg

写真はツイッターから拝借。
多分分からないと思ったけれど、念のため加工しておいたw


全て終わって出てきたりなんなんをお見送り。
ゴミ袋持って出てきたりなんなんw
自分のゴミはちゃんとお持ち帰り。
ホントマジメな子だよね。

交差点でモノレール方面へと歩いていったりなんなん。
自分はJR方面なので逆方向。
帰途に着き交差点で今一度歩いていくりなんなんの
後ろ姿を見守り…。

日傘を差しててくてくと歩いて行く姿がかわいらしく、
朝日の中に消えていく光景が何だか幻想的でした…。
その姿は天使のようでもあり、朝日の先にきゅるどーる村が
何となく見えた気がしました。

あの光景は忘れない…。


Feamとりなんなんが一緒に出演してくれた今回の現場。
楽しかったしすごくいい思い出になりました。

でも自分もまだまだと感じた現場でもありました。
今までどれだけしず風ヲタさんだったり、T!Pヲタさんだったり、
その他たくさんの人たちに助けてもらっていたかを思い知りました。

お昼のライブだってあそこでフィーマーさんが
入ってきてくれなかったらどうなっていたか分からない。

自分で言うのもおこがましいけれど、あの会場の中では
自分が一番りなんなんのことを分かっている存在だと思いたいし、
あのTシャツを一人着ている以上、周りからだってそういう目で
見られていると思っています。

そんな自分がライブ中に戸惑ってしまっては
周りを巻き込むことだってできないし、
りなんなんにだって申し訳ない。

戸惑うことと、りなんなんに振り回されることって
違うと思うんですよね。

昨日のライブで1つヒントになることがありましてね、
2回目のりなんなんライブでの「南海ダイブ」。

サビでいつものりなんなんのアドリブで「右へ」「左へ」と
ヲタを煽るりなんなんとそれに合わせて左右に移動するヲタ。
そしたら最後に「後ろへ!」って来たんですね。
「ええっ!?後ろ!?」ってなりますよね。
でもりなんなんは戸惑うことなくステージ奥へ走って行っちゃう。
で、ヲタもとりあえずステージと逆の後ろへ走る。

これって戸惑っているのではなく、りなんなんにうまい具合に
「振り回されている」んだと思うんですよね。
でも結果皆の頭に「?」が浮かびながらも不思議な
盛り上がりを見せる。

これってりなんなんのライブの盛り上がりのカラーの1つに
なるんじゃないかって思うんですね。

りなんなんのステージでのパフォーマンスって
あちこちにアドリブが混じっているから、
そのアドリブがはまった時には通常以上の盛り上がりを見せるし、
芸人風に言えば滑ってしまえばヲタが戸惑ってしまう。

でもそこを滑ったように見せずにフォローするのも
今の自分の役目なんじゃないかって思ってます。
とにかくりなんなんが発信するものをちゃんと受け止めて、
必要あればツッコミを入れてあげたりしていかなきゃ
ならないんだろうなって感じてます。

りなんなんもまだまだな自分を感じたと言っていたけれど、
それはこちらも同じ。
一緒に経験をつんでいって、りなんなんらしいライブを
作り上げて行きたいです。

そしてFeamはやはり純粋にライブを楽しめるのでね、
これからも思いっきり楽しんで、盛り上がりたいです。
そんな中でりなんなんライブでもこうしたほうがよいかもと
気付けることもあるかもしれないですしね。

りなんなんはまだ「次」の関東でのライブの確定情報はないけれど
またいつか会える日を楽しみにしてます。
そして今回も関東に来てくれてありがとう。

Feamも行けるときには行きたいですのでね。
これからもよろしく。


ああ、これでFeamさんたちにも自分がどういうヲタなのか
少し掘り下げて分かってしまったかな(笑)

Return

スポンサーサイト
* Category : ライブ・イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-04-27 (Sat)
snap996.jpg

…ということで、自分的明日のタイムテーブル。
とりあえずお昼のりなんなんから参戦予定。

りなんなんFeam以外の物販には行くか分からないけれど、
一応時間はメモっておく。
ライブはできる限り見たいけれどね。

りなんなん他色々」にしてる枠が気になる。
マル秘ライブ!?とかトークショー!?とかゲーム!?とか。
りなんなんとさっちゃんの名前が並んでるのもね。
まさかここで共演が…!?

なんにしてもヲタ歴で最も長い参戦時間になりそう。


ツイッターで見かけたけれど、明日はりなんなんを見に来てくれる
つぼみ界隈の人いるみたいね。
嬉しいです。

他にももし来るか迷っていたりする人がいたらぜひ来てほしいです。
こんなにもじっくりとりなんなんのライブを見れて、
物販でもゆっくりと話せるのは今しかないかもしれないんですよ。

今ならまだ、つぼみ時代に伝えきれなかったことや、
突然の卒業で伝えられなかった思いのたけを直接伝えることが
できるんです。

いつかりなんなんが有名になってしまったりすれば
そんな機会は少なくなってしまうだろうし、
もしもまた突然走るのをやめてしまえば二度と伝えられなく
なってしまうんですよ。

りなんなんも「つぼみ時代から見てるよ」って人が来てくれたら
きっと喜ぶと思います。


まあね、自分のほうは正直緊張してますよ。
りなんなんとFeamが同じ会場にいるんですからね。
今までだったら絶対に実現しないと思ってたこと。

はたしてどうなるのかな…。
* Category : ■現場活動
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-04-18 (Thu)
だいぶ遅くなりましたが感想などを。

「石の上にも3周年」、「つぼみ事変」、どちらも楽しめた
イベントでした。


「石の上にも3周年」はmore!の3周年記念イベントのようなもの。
笑える企画コーナーや懐かしい映像…と言っても
自分はまだ知らなかった時代のですが、
メンバーからメンバーへの手紙、歌…と笑えて感動も
できるイベントでした。

昔の映像から比べると、みんな垢抜けましたね。
そしてスッキリした(笑)
シュークリームとか特に(笑)

亜耶ちゃんの流した涙は印象的でした。
ここまでの3年間、色々な思いがあったんだろうなと思った。

ポンコツとか、サバサバしてるとか、男前とか、
今回のイベントでも同期と話すときは声が低音になるとか
言われているけれど…強い子のようだけれど結構泣くんですよね。

一番最初に亜耶ちゃんの涙を見たのは、つぼみを見始めてまもなく、
はるぴさんの卒業のときだったかな…。
その時からこの子は優しい子なんだなって思ってました。


企画内容とかまだまだ練れる部分はあると思うけど、
最後歌で締めるのはmore!らしい構成だったし、
何よりイベント中ほぼ休みなく全員がステージに
立っていてくれてたのが嬉しかったですね。

つぼみ全体でのイベントだとどうしてもメンバーが
出たり引っ込んだりで見たいメンバーを見続けることは
難しいですからね。
初めてじゃないかな、1時間半もの間ずっとステージに立ち続ける
亜耶ちゃんを見たのは。

メンバー同士で交換した手紙も普段は面と向かって
改めて言えないことも、手紙なら伝えられる内容だったり
こういう記念イベントにあんな手紙をもらったら泣きますよね。

more!の良さや魅力がたくさん詰め込まれていて
すごくよかったです。

そして「つぼみ事変」。
こちらは言ってみれば「先輩組」のイベント。

「石の上にも3周年」とはまた違い、笑い、そしてお客との
絡みに力を入れてきたイベントのように思いました。
こっちも楽しかったです。

とりあえずオープニングムービーでのボクシングの演出、
ちーちゃんの動きのおかしさには突っ込まざるを得ないwww
あとまーぼうだけ構えが空手になってたねw

内容も各出演者の持ちネタがあるわけではないのですが、
メンバーどうしで他のメンバーにやらせてみたいことの
リクエストをして挑戦したり、メンバーの新しい一面が見れました。

ちーちゃんの1週間で三味線をあれだけ身につけてきたのは
すごいなと思ったし、初めて見るまなてぃのピンネタもよかった。
北斗晶さんにしか見えなかった(笑)

ぐっさんのピアノ弾き語りもピアノも歌もめちゃうまい!
…のになぜか笑いがこみ上げてしまう見た目の面白さのギャップw

ちょいちょいウザさを感じさせる、映像での各メンバーの
CMのパロディw
お客とコミュニケーションをとりながらの企画コーナー。

なんか昔の開花宣言ではこういう色々なことを挑戦してたのに
しばらく見なくなってしまったと思えることが
今回再び再現されたように思いました。

最後のシークレットゲストの企画コーナーは必要だったか
微妙でしたが、まあ全部持ってかれるということもなく
セーフかなと(^_^;)

たみさんが卒業して笑いの要がいなくなり、どうなるのかなと
心配していましたが、普通に楽しめました。


どっちのイベントもよかったです。
両方で毛色が違うイベントでしたが、恐らくメンバーが
主導で作り上げたイベントだと思うし、変に構成などに
スタッフの手が入っていると思われる本体イベントよりも
良かったんじゃないかと思えるくらい。

メンバーはもっともっとイベントを自分たちで作り上げていって
いいと思うけどなぁと思えます。
だから本体イベントでもやってる持ち時間をもらうための
オーディションもいらないでしょ…本来なら。

やっぱりメンバーには自分たち主導でやりたいことや新しいことに
挑戦していってほしいし、イベントでも色々な新しい試みを
していってほしいです。

開花宣言Vol.1では感動でメンバー皆涙したという
あの時の初心を忘れずにこらからも楽しいイベントを
作り上げていってほしいです。

Return

* Category : つぼみ
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

今更ですがw * by アヤツル専用リック・ドム
こんつるぽん!星

確かによく泣きますね、あの娘はw

はるぴの時もソッコー泣いてましたね。
私も泣いてましたが←え

普段クールな人ほど涙もろいもんです。
情に熱いんですね。
目指す夢の歌詞もとてもストレートで熱いですね。
彼女らしさが出てますね。

確か開花宣言vol.5が、オリジナルソング初御披露目で、初アンコールでしたが、皆泣いてましたね。
もう、握手会までボロ泣きでしたよ(笑)
初めて聴いた時からCD出して欲しいと、ブログにコメントもしましたし、事あるごとに訴え続けてますが未だ実現には至ってません(>_<)

過去を思い返すと、今回の「石の上…」のイベントがまた新たな感動とともに蘇ります。
またZEHIやって欲しいですね。

さて、待ちに待ったあやつる単独ですが、まるぞーさんは初参戦ですね。
気合い入れていきましょー\(^O^)/

* by まるぞ〜@埼玉
>ドムさん
何気に一番泣いてるのを見てる子かもです。
でもどれもいい涙です。
単独の日はまた弾丸ツアーになりそうですw
やっすうの単独はとれなかったしw

個別記事の管理2013-04-08 (Mon)
なんかね、すっかり開花宣言Finalのレポを書くタイミングを
逃してしまった感じで。

多分もう詳細レポは書けない←

でも今更ですが軽く感想を言えば…。
自分的には懐かしさを感じたイベントでした。

チーム曲にMIXのダンス、コント、ネタ、企画コーナー。
自分がつぼみを見始めた頃の開花宣言ってこんなだったよなあって。

最近ではマンネリ脱却を目指してなんでしょうが、
他の芸人さんを呼んだり、そのお陰でコーナーの数が減ったり
つぼみメンバーを見れる時間が減ったりしてました。
まさに本末転倒というやつ。

新しいことを取り入れていくことは必要だと思うけれど、
変えてはいけない部分もあると思うので、これから始まる
新しいイベントはよい方向に展開していってほしいです。

たみさんの「慟哭」ではまさかの涙というね。
まーぼうのこのシナリオ演出が心憎すぎる。
普段ならおおいに笑うところのはずなのに、
涙でステージがにじんでた。

各メンバーのあいさつでも、多分今回の卒業が一番泣けたな…。
一番つぼみに感情移入もし、好きな時に来た卒業。
じぇじゅん♀こそこれからも見れる可能性はあるものの、
たみさんときーちゃんとは恐らく永遠のお別れ。

泣かずにいられますか。


今日、ニコランをタイムシフトで見て…やっぱり寂しいね。
いつもいてくれた人がいない。

きよった、たみ終電、BL…そんなコメントが流れないニコラン。
ゲストのゆりやんの存在感に救われた感じ。


この1週間はりなんなんのことでいっぱいいっぱいで、
つぼみからは少し心が離れてた。

5月には新メンバーが入ってくるけれどどうなるのかな…。
場合によってはつぼみ本体のイベント参戦を減らし、
亜耶ちゃんやりなんなんのイベントに行くことをメインに
考えるようになるかもしれない。

でも握手会でも14日のイベントも行くよと
メンバーに声をかけたらすごく喜んでくれて…。

イベントに来てくれることが何より嬉しいということは
自分もよく分かっているから、そういう反応を見ると辛い。

5月のイベントを見て、流れに身を任せての判断に
なるかと思いますけれどね。

ただ今回の卒業で「出会いを大切にしたい」って思ったのは確か。
やっぱりもっと亜耶ちゃんを見たいし、りなんなんも応援したい。
今回の卒業みたいに、突然もう見れなくなってしまうってことも
ないとは言えない。

そんな時に「もっと見ておけばよかった」って後悔はしたくない。
そんなことを考えてる日々です。

snap992.jpg




今日ちょっと改めて「推し」を考える機会があった。

亜耶ちゃん、りなんなん…自分にとってどういう存在に
なってるのかな…。

交フェスからのりなんなんへの必死な思いは正直自分でも驚いてる。
冷静に考えればアイドルとはあかの他人。
りなんなんとだって変な言い方だけれど家族でもなければ
友達でもない他人。

それなのになんでこんなに必死になれるのか。

よくアイドルを推すって擬似恋愛に例えられるけれど、
じゃあそういう感情があるのかというとそうでもない。
りなんなんは好きですよ。
でもそういう「好き」じゃない。

身内ではないんだけれど、身内を応援しているようなそんな感覚。
親心のような感じなんですかね…。
もしくはかわいい妹を応援するかのような…。
シスコンかwww
とにかく放っておけないんです。

擬似恋愛って話を出したけれど、亜耶ちゃんの方がそっちに近い。
まあここは深く追求するとドン引きしそうな話になりそうだから
割愛します。

はっきり言えば亜耶ちゃんは好きです。
そういう好きですww←

ひとくくりに「推し」って言っても色々な「好き」がある。
深いな…。

だからこそ、この2人に会える機会をもっと増やしたいって
思うんですよね…。

Return

* Category : ■現場活動
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-04-07 (Sun)
りなんなん初のソロでの東京対バンライブ。

この間の交フェスでT!Pと共演したこともあり、そのつながりで
東京でのライブが実現しました。

とはいえ、やっぱりお客がどれくらい集まってくれるかは
未知数だし、こちらも気にかけるところで。

でも決して数は多くないけれど見てくれる人は見てくれてた。
わけも分からず「きゅるりーん」ってやってくれてたかも
しれないけれど、今はまだとにかく一人でも多くの人に
りなんなんを見て、知ってもらいたいので、見てくれる人が
いるだけでも嬉しいです。

始めは「きゅるりーん」の印象が強いけれど、
りなんなんの歌のうまさにもこれから気づいていってもらえると
いいなって思います。


ホントにマジメにボイトレ重ねてここまで歌唱力つけてきたのでね。
「きゅるりんアイドル」っていう独特な世界観を持っているけれど、
特にバラードとか「聴かせる」歌を歌うとめちゃくちゃ
歌がうまい…このギャップがいいんです。

りなんなんを「カッコいい」って思う瞬間。

でも物販になって話をすると、おっとりと、ふわぁ~ってしてて
かわいいなって思えて…こういうりなんなんの1つ1つの魅力を
たくさんの人に知ってもらいたいです。

根はマジメだし、アイドル活動に対してまっすぐで一途だし
本当に一人で頑張ってる子なんです。


ライブ以上に心配だったのが物販にどれだけ人が
来てくれるかでしたが、お昼は交フェスでも来てくれた
ヲタさんも来てくれたり何人かの人が来てくれました。

交フェスではお安すぎる物販の値段だったけれど、
今回はT!Pの運営さんからアドバイスなどももらって
地下現場らしい物販のお値段にw

お財布には厳しくなりますが、交フェスのお値段では
りなんなん大赤字だろうと思ってたので
むしろちょっと安心したw

ということで生写真セットとツーショットチェキ購入。
T!Pと一緒に物販だったので運営さんがチェキ撮ってくれました。

snap988.jpg

さらにT!Pメンバーとりなんなんで3ショットチェキも
臨時発売されたのでwせっかくなのでw
ちなみにこの収入もりなんなん

T!Pメンバーのことはまだよく分からなかったので、
りなんなんに誰と撮りたいか選んでもらった結果、まいちいw

snap989.jpg

そして夜はT!Pの運営さんの協力もあり、T!Pのヲタの皆さんも
物販に来てくれた。
本当にありがとうございます。

夜もツーショットチェキ。

snap990.jpg

そして色々協力していただいたり、T!Pヲタの皆さんにも
物販に来ていただいたので、こちらもT!Pの物販へ。

握手で話して一番きゅるりーんを推してくれたゆうかりんと。
年齢的にも21歳でちょうどよかった(笑)

snap991.jpg

T!Pの運営さんにはこれからもりなんなんに協力したいと
言っていただいたり、月1くらいで東京に呼べるといいなとか
話していただきました。
ホントありがとうございます。

さっちゃんに会わせてみたいとも言ってたなあ。
りなんなんとさっちゃんで共演とかしたらとてもカオスなことに
なりそうな( ̄▽ ̄;)


こういう対バンライブって毎週どこかしらでやっているし、
Feamもたくさん出ているからあまり気にしたことがなかったけれど、
りなんなんに話を聞いたら、やっぱり簡単に出られるものでは
ないみたいです。

交フェスのときはしず風ヲタさんの推薦もあり、その運営さんが
動いてくれて出演が実現したし、今回はT!Pの運営さんの
協力あっての出演だった。

りなんなん自身、こういうつながりを大切にしていかなきゃですね。

だからこそ、りなんなんがライブに出てくれることが
貴重なことだと感じてほしいです。

本当はね…今回みたいなソロで東京初出演という重要なライブ、
1人でもつぼみ界隈の知った顔が来てくれればと思ってました。
でも誰もいなかったのがちょっと寂しかったです。

それだけに、今日りなんなんのライブを見てくれたり、
物販に来てくれた各界隈のヲタさんたちには温かさを感じたし、
本当に嬉しかったです。

「次」はまだ決まったわけではありませんが、あのTシャツ作って
りなんなんを背負って立った今、行ける所まで
自分も走り続けるしかないです。

今回もたくさんの皆様ありがとうございました。


りなんなんもありがとう。
つぼみを卒業したとき、もう会えなくなっちゃうのかなと
思っていたけれど、こうして今も歌を歌ってくれていることが
本当に嬉しいです。

また会える日を心待ちにしてます。

Return

* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-04-02 (Tue)
ソロでりなんなんが出演する対バンライヴは今回行くのが初めて。

今回行った交フェスは昼から始まり翌朝までの
超長時間耐久ライブ。

最初はまだ知名度もヲタ数もそんなに多くないから、
出演は早い時間かなと予想していたけれど、
まさかの夜と夜中の2回出演。

なので昼間は駅の近くで桜を見れたので写真撮ってました。
今年もゆっくり見れてよかったです。

snap982.jpg

snap983.jpg




で、りなんなんの出演時間に合わせて会場へ。
でもお約束通り結構押してる。

岐阜でライブハウスってことで、知らない土地だし
緊張したけれど、入ってしまえばいつもよく見る
ライブの光景で普通になじめた。


つぼみ界隈で知った顔がいればと淡い期待をしましたが、
だれもいず…(´・ω・`)
やっぱ自分一人で今日は頑張らなければならないのかと
この時は思ってました。

で、りなんなんの出演順2つ前くらいで
着替えましたよ、
自作りなんなんTシャツに。
これ着るってことはりなんなんを背負うことになりますのでね
さらに緊張ですよ。

そして1回目りなんなんの番。
…ら、しず風ヲタさんたちが前方に。
あれ?順番違う?と一瞬戸惑ったけれど、舞台袖では
りなんなんが待機。
なので自分も最前へ。

実はちょっと前にりなんなんのファンらしかった女の子の
ヲタさんが自分のツイッターフォローしてくれていたのですが、
その子がしず風界隈の子でもあったみたいで、
皆集まってくれたようでした。

一人じゃなかった。

りなんなんはオリジナルソング含め4曲か5曲歌ったかな。
確か。

歌はうまいです、やっぱり。
他のアイドルさんたちにも決して負けてない。
バラードとかかなりいいですよ。
でもやっぱりどこか動きにコミカルなところがあって、
それがかわいいなって思うんですよね。

盛り上げ方はまだ迷うところもあるけれど、周りはノリのいい
人たちばかりだったから、ワイワイできて楽しかったです。

そしてステージからりなんなんTシャツにも触れてくれた!
…ので振り返ってTシャツ披露したら皆さんから拍手された!(笑)

ごめんなさい、こんなときどんな顔をしたらいいか分からないの←

今までこんな感じで注目されるヲタさんを見てきましたが
まさか自分がそっちの立場になる日が来るとは(^_^;)


ステージ終わって物販。

妹のりほんほんがサポートに来るのかなとか思ってたけど
物販でもりなんなん一人。
何より物販ブースにりなんなんがいるということ自体が
レアな光景でした。

まずはりなんなん用のTシャツをプレゼント。
そしたらここでもまた拍手(笑)
売ってたのは生写真のみなので、それ購入してサインと名前も。
りなんなん、やっぱり自分がまるぞ~だって薄々気づいてた。

そしたらマジック乾かないうちに袋入れたらインクで
汚れるという罠w

snap986.jpg

でもね、一人で全て切り盛りしてるのに、これに対して
何も言えませんよ。
むしろいつかりなんなんが有名になったら、こんな時代も
あったというレアな思い出になりますね。

りなんなんも途中から気付いたのか、買ってくれた人に
すぐに袋に入れないように言ってました。
ちゃんとするところはしてるからいいんですよね、りなんなんって。

計算がすぐにできなくってあたふたしちゃったりもして、
そういう姿も見てると、ホント初めてのおつかいに出す
子供を見守っているかのようなそんな気分にもなります。
でもそれがかわいいなって思うし「が、がんばれっ(^o^;)」って
応援したい気分になっちゃうんですよね。

物販列も途切れずに結構並んでくれてよかったです。

そして、いったん列が途切れたところで、こちら側から
写真OKか聞いたらOKということで、初のツーショット。
デジカメでw
しかも無料w

snap984.jpg

写真も落ち着いたところで、1回目の物販終了。
再入場可だったので、自分もいったん離脱して食料補給へ。

で、食べてる時気付いたのがしず風の出番がもう少しだったこと。
しず風ヲタさんたちはりなんなんを一緒に見てくれたり、
物販にも来てくれたので見ておくべきだったとちょっと後悔。
…が、もしかしたらと思って食べ終わって戻ると、
時間が押してたおかげでまだしず風やってた!
しかも生バンド!

ちゃんと見るのは初めてでしたが、とりあえず人の輪の中に
近づいて行ったら…「皆で肩を組んでー!」とステージから声w
訳わからずに隣にいたCandyヲタの人に促されるまま肩を組み
ヘドバン始まるww

さらにしず風ヲタさんに後方とはいえ、真ん中まで連れてかれて
再びヘドバン、そしてハイタッチww
それ2回か3回くらいw
\( ̄▽ ̄;)/ワーイ?←多分自分こんなだったと思うw

そしてリンダリンダで跳んで盛り上がって終了w
なんかすごい時間を過ごした気がしたw

でもね、楽しかったです。
今度関東とかでもFeamとも共演することがあったら
ちゃんと見たいですね、しず風&絆。


そこから、またりなんなんの出番まで色々見てましたが、
日付も変わりさすがに眠気にも襲われてきてたw
MCで座って待機からの立ち上がりでは立ちくらみもしたりw

そしてちょっと順番の入れ替えもあり、りなんなんの出番。
なんかもうポ?っとしてて順番よくわからなくなってて
しず風ヲタさんに促されて最前へw

そしてまたりなんなん登場!
しかもプレゼントしたTシャツ着用!
また一緒に見てくれてたヲタさんたちに拍手される!(笑)

ごめんなさい、こんなときどんな顔をしたらいいか分からないの←

2回目でも5曲くらい歌ったかな。
オリジナルソングでもステージ立ち回りを変えたりして
…というか、やっぱりというか全部アドリブでやってる
みたいですが(笑)、楽しかったし見てくれている皆も優しくて
温かいステージでした。


2回目の物販。
今回からはツーショットは有料ということで(笑)
りなんなんがオーナーですからね、自由に決めていいんです(笑)
しかし1回200円って安っ!(笑)
Feamでまともに撮ろうとしたら3000円するのに(笑)
りなんなん、もう少し儲けることを考えよう(笑)
ここは言わせてw

とはいえ、消費者的にはありがたいお値段なので当然撮るよねw
Tシャツも着てくれてるしね。
今回はデジカメじゃなかったけど(笑)

snap985.jpg

あ、きゅるりーんの自分の親指が…w


一番嬉しかったのは「Tシャツ大切にしますね」って
言ってくれたこと。
喜んでくれて、作ってよかったです。

やばいね、こんな風に言われたら好きになっちゃうじゃん。
いや、好きだけど(笑)

物販では他のヲタさんから自分にもりなんなんのことを
色々聞かれたので、一人で頑張ってることとか、
心斎橋で月一くらいで歌ってることとか説明したり。

Tシャツはいつ物販で売られるんですか?とか言っていただいたり
マネージャーになっちゃいましょうよとか茶化してもらったり、
ありがたかったし嬉しかったです。

ライブ終わった後も「想像してたより楽しかった」と
話していたヲタさんの声を聞いたり、一人で頑張ってることに
「応援したくなっちゃった」と言っていただいたり、
嬉しいことがたくさんでした。

2回目の物販も終わり、りなんなんをお見送りして、
自分は睡眠とるためにタクシーで宿へ。
時間は3時近く。
長い戦いでした。


いつもは関東でFeam一辺倒で見ていた自分だけれど、
一緒にライブを見てくれること、物販にも来てくれることが、
アイドルはもちろん、ヲタ側にとってもこんなにも嬉しいこと
なんだということを今回は身を持って感じました。

一緒にライブを見てくれたり物販にも来てくれた
しず風ヲタの皆さん、何人かでもりなんなんのことを
気にしてくれた他のヲタの皆さん、本当にありがとうございました。


そしてりなんなんも楽しいライブをありがとう。
りなんなんが頑張っている限り、できるかぎりのヲタとしての
サポートはしていきたいです。

りなんなんが目指す夢の先を自分も一緒に見てみたい。

Return

* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。