04≪ 2014/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-05-29 (Thu)


今回も平日ライブで、仕事あがりで行ってきました。

Feamのお膝元の高円寺HIGH。
何度もFeamを見に来たライブハウスだけど、まさかりなんなんを
見るために行く日が来るとは。

開場10分前くらいに到着した時には、人の気配はなく…。
待っていても誰も来ない。
出演者も3組だし、平日でしかも月曜だし、まさかまた一人…

…なんていう不安も。

しかし開場と同時に一人お客が来てとりあえず安心。
Tシャツに着替えてフロアに行くともう一人増えてました。
その人に声をかけられて、少し話したり。

それからもう2人くらい来て…そして女性のお客も一人。
ヲタという雰囲気でなく、普通の女の子という感じで、
始めは誰を見に来たのかな…?と思っていたけれど…。
 
 

 
りなんなんの出番はトップバッターで、持ち時間も30分とたっぷり。

ホントの自分
Don't say "lazy"
かぼ かぼ かぼちゃん
南海ダイブ
you
微笑みの街
ノンノン!りなんなん


しっかり7曲。

前回のプロレスイベントのライブからスケッチブックを試験的に導入し、
いわば今回が通常ライブでのスケッチブックデビュー。

1曲目「ホントの自分」でのBメロ。
スケッチブックを掲げてきゅるりんコールを促すと…

おおお、みんなコールしてくれた!!

音頭を取ってる自分が一番驚いた。
そして嬉しかった。

今までは自分一人でコールしてることなんて珍しくなかったから。
きゅるりんコールというのも珍しいから、
周りもなんてコールしてるのか分からなかったというのもあるだろうし、
やっぱり自分もちゃんと周りを巻き込めていなかったのも
あったと思う。

スケッチブックでやってほしいことを明確化したことで、
周りもこれだけついていきやすくなるんだなあ…。

2曲目の「Don't say "lazy"」は前回出遅れてしまったリベンジ。
いつ来てもいいようにしっかりイメージトレーニングしておいたから、
今回はしっかり周りを引っ張っていく方になれた。

ところで最近はMIXの掛け声って「よっしゃ行くぞー!」じゃないよね?
なんて言ってるんだろう?( ̄▽ ̄;)

南海ダイブのケチャの時に、ずっと真ん中の集団だけで
盛り上がっていた感があったので、ちょっと隅で見ていた
新規っぽい女の子にも前へどうぞと促してみる。
そしたら嬉しそうに前に来てケチャしてた。
あれ?りなんなんを見に来てくれた?

「ノンノン!りなんなん」でもサビの振りと掛け声の所で
スケッチブック導入したけれど、振り付きになると
やっぱりまだ初見では声まで頭が回らず難易度高いみたい(^_^;)


ライブに来たお客の数は決して多くはなかったです。
でも、みんなしっかりりなんなんを見てくれて、
一緒に盛り上がってくれた。

こんな風に初見で皆がきゅるりんコールしてくれたのって
初めてなんじゃないかな…。

すごく雰囲気がいい中でライブを見れたと思ってます。
お客はもちろん多い方がいいけれど、多くても周りがついて来れず
盛り上がりに欠けることも多かったこれまでよりも、
たとえ人数は少なくても、その場の人たちが皆一体になれた
今回のライブの方が自分は楽しく応援できた。

りなんなんのライブでやってる応援って、決して難しいことは
やっていないんですよね。
オリジナル曲がいわゆる王道のアイドルソングのノリとは
ちょっと違うので、初めてだと戸惑う人も多いのですが。

やっていることはきゅるりんコールと、「かぼ かぼ かぼちゃん」でのジャンプ、
南海ダイブでの右へ左への移動、「ノンノン!りなんなん」での
コールと振り。

特別なのはそれくらいで、あとはケチャとか、皆やり慣れていること。

スケッチブックで分かりやすくなったと思うので、
もっともっと周りを巻き込んでいけるようになりたいです。


りなんなんのライブを終えて、次はfineというユニット。
声をかけてくれたヲタさんはこれを見に来たらしい。

調べてみましたけれど、ダンスユニットみたいで、
キレのあるダンスを披露してくれました。
ヲタさんたちの引っ張りも分かりやすくて、一緒に盛り上がれました。


そして最後はサブガール。
赤羽のアイドルさんからの派生ユニット?…ですかね?
何か色々訳ありな感じだったみたいですが( ̄▽ ̄;)

この人たちを見に来ていたヲタさんは一番多かったみたいです。
と言っても4、5人ですが…。
サブガールが出てきたところでなんか人が増えた。

……けれど…平日だし、もちろん個人個人の予定などもあると思うけれど…
たった3組の出演者、できれば最初から見てほしかったな…。

ヲタさんたちを見ていても、なんとなく「慣れていない」感じが…。
多分始めから見て、ライブの雰囲気に溶け込めていたら
もっと盛り上げることができたんじゃないかと感じました。

多分fineまで終わった時点で、その時に会場にいたお客の中では
一体感が出来上がっていたと思うから…。
サブガールのヲタさんたちも、そこに入っていられたら…。

ヲタが作る応援の雰囲気も、アイドルの印象を左右する
重要な要素だと改めて感じた瞬間でした。

アイドルさんたちはね、歌もうまかったと思うし、もったいなかったな。


ライブ終わって物販の時間。

あの女の子、やっぱりりなんなんを見に来てくれてた。
りなんなんとたくさんお話してくれて、写真も買ってくれた。

これからも来てくれると嬉しいです。

りなんなんとお話できている時間は嬉しい。
途中、fineのヲタさんも呼び込んで、色々話せました。
珍しく今回はりなんなんが一番最後まで物販をやっていたというパターン。

fineのヲタさんと途中まで一緒で帰りました。

ここでちょっと、りなんなんの物販システムを簡単に整理。

*********************************
L版写真2枚 500円
なんなん?りなんなんDVD 2000円(品切れ中)
12星座とラブるDVD 6800円
お話会(5分程度) 1000円


※チェキは特別な時のみです。
※写真、DVDが初回購入の場合はサインの特典があります。
※初めて物販に来ていただいた際には、お話会の代金はサービスになり
いただきません。
※初めて物販に来ていただいた際には、握手の特典がある…
…かもしれませんw
※お話会の時間5分は目安で、りなんなんのさじ加減次第です。

**********************************

こんな感じかな。
また新しいシステムも考えているみたいだし、
色々試してみて「これだ!」というのを見つけていってほしいかな。

自分はりなんなんが考えたシステムの実験台に、
いくらでもなりますので(笑)

物を売るのに大切なのは、お客さんに「買いたい」と思わせること、
そして一度来てくれたお客さんに「また来たい」と
思わせることですよね。

頑張ってね(^_^)


ここ何回かはライブで色々な体験をさせてもらってるなと感じてます。

ここに来て、ようやく自分の中で変に入りすぎていた力が抜けてきて、
リラックスして応援できているように感じます。

りなんなんの事は真剣には考えるけれど、深刻にはならない。
そんな風に思うようになった。
あまり深刻になりすぎると、自分自身の心も重くなり、
本来楽しむべきはずの現場活動も楽しめなくなってしまう。

もっとリラックスして、今ある状況を楽しみたいなと考えたら、
何だか気持ちが楽になった。

TOなんていうレベルに自分が達しているかなんて分からないけれど、
周りからはやっぱりそういう目線で見られているし、
それならやれるだけのことはやろうじゃない。
自分にできる盛り上げ方でライブを盛り上げようじゃない。

りなんなんが届けてくれる歌を全身で受け止めたい。

りなんなんが考えてくれた物販システムを自分なりに解釈して楽しみたい。

でもなんか変!って感じたら、さらっとさり気なく
ブログに書いておく(笑)


色々そんな風に考えるようになったら、なんか楽しくなってきた。
今までのりなんなんに会える嬉しさとはまた違った楽しさ。

これからライブが、りなんなんがどんな風になっていくのかな、
自分自身もきゅる愛好者としてどこまでレベルアップしていけるのかな、
そんなことを考えたりしてるとワクワクしてくる。

りなんなんもレベルアップしていこう(^o^)
僕もレベルアップして、最強のきゅる愛好者になるよ(^^)/

頑張ろうね\(^o^)/

Return

スポンサーサイト
* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-05-26 (Mon)
今回は東京女子プロレスでのライブパートに出演のりなんなん

いやあ、色々なイベントに出てくれて、自分のヲタスキルも
どんどんと上がっていく気がしますね(笑)

この東京女子プロレスさん、多分Feamとの絡みもあるのかな?
いつかりなんなんとFeamが一緒に出演してくれたら
嬉しいなあ~なんて思ったり。


会場はライブハウス…という感じではなかったけれど、
都内の地下にあるイベント会場という点では、
いつもライブに行っているのと同じ感覚。

でもやはりお客さんはプロレスファンでいっぱい。
しかもTシャツも着たりしてて、結構ガチっぽい!
なので今回は入場前からヲタオーラだけでなく、なんとなく空手の気力の方も
高めてしまっていた気がする(´▽`;)
勝手に気後れしちゃいけないと思い込んだりして(^^;)

しかしやはりあの「アイドルライブにヲタ一人」の経験は伊達ではなかった!
たくさんのプロレスファンの中、一人りなんなんTシャツに着替えて待機。
あの経験なかったら、今回は普段着のまま応援しようかな…とか思ってたかも。
ハート強くなったなあ~…(´▽`;)

そして自分は立ち見だったけれど、各座席にはりなんなんのチラシ。
やるな…!

snap1168.jpg



今回のイベント内容。

えーりん VS 中島翔子(10分1本勝負)

純情トロピカル丸ライブ

ケンドー・リリコ 坂崎ユカ VS 山下実優 KANNA(15分1本勝負)

りなんなんライブ

木場千景 VS のの子(15分1本勝負)



開始前に坂崎ユカ選手と中島翔子選手による前説あり。
え~と…お笑いライブか何かですか?(笑)
やっぱりプロレスラーというのはキャラクターが濃いですね(笑)
笑いも取りつつ、イベントの説明などをしてくれました。


■第1試合 えーりん VS 中島翔子

えーりん選手はアイドルがそのままプロレスラーになったような選手。
ちょっとポワ~ンとふわぁ~っとしてて、この子が本当に戦うのかといった印象。
対する中島翔子選手はキャラクターが芸人みたいでおもしろい(笑)
それぞれのプロフィールを見てみると…

えーりん選手
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/1083.html

中島翔子選手
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/153.html

アイドルタレント出身に吉本出身…。
そのまんまだったのね( ̄▽ ̄;)

しかし試合になればどっちも戦闘モード。
小柄な中島選手に、細身のえーりん選手。
技の重さとか、まだこれからというような部分はありましたが、
積極的に攻めていた中島選手が3カウント奪って勝利。


■純情トロピカル丸ライブ

ヲタさん来てないのかなあ~と思ってましたが、2、3人くらいいました。
Tシャツ着ていなかったみたいで分からなかった(^^;)
メンバーもっとたくさんいるのかと思ってましたが、4人なんですね。

ライブを見たのは初めてだったかなあ。
まだ絶賛成長中という感じがしましたかね。

最後ヲタさんに手をつないでバンザイを促されましたので
「「\( ̄▽ ̄)/\( ̄▽ ̄)ノ」で終了。


■第2試合 ケンドー・リリコ 坂崎ユカ VS 山下実優 KANNA

第2試合はタッグマッチ。

ケンドー・リリコ選手は入場の際に新体操のリボンのパフォーマンスをしたり
なんとなく何かどこかで見たことあるようなデジャブを感じた選手。
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/986.html

アニメ声の坂崎ユカ選手も芸人出身。
ゲーマーならその名前に「ん?」と思うわけで、プロフィール見ると、
出身地がサウスタウン。
あ~…( ̄▽ ̄;)
勝つと「よゆうっチ!」って言ってくれるんですかね?w
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/544.html

山下実優選手は入場曲にBerry'z工房の「ジンギスカン」を使用し、
振りもしっかり披露、衣装もピンクでアイドルチックと、
一見するとこの人もアイドル系レスラーなのかなと思います。
…が、中身は「漢」です!
そんな山下選手は極真空手出身。
なるほど納得!
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/81.html

KANNA選手は正統派の女子プロレスラーという感じ。
中量級の女子プロレスラーって自分の中ではこんなイメージです。
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/145.html

試合は奇妙な技を連発するケンドー・リリコ、坂崎ユカ組と
正統派真っ向勝負の山下実優、KANNA組というような図式。

途中コントみたいなやりとりもあったりw

そして山下実優選手が見せた強烈な下段回し蹴り!
見た瞬間にこの人の打撃は違うと思った!
空手出身で漢気あふれる人、でもアイドル好きというギャップ。
うわこれ思いっきり自分のツボじゃん!
自分が空手出身だからこういう打撃に長けた選手って応援したくなってしまうのです。

攻め込まれてやっとタッチ交代し、大ダメージ中のケンドー・リリコ選手に、
直後に協力技を促すマイペースな坂崎ユカ選手w
そんな微妙にコンビの息が合っていない感じが祟ってか、
最後は坂崎ユカ選手、KANNA選手の逆エビ固めであえなくギブアップ。
山下実優、KANNA組の勝利。


りなんなんライブ

やっぱすきやねんのアカペラで登場し、リングイン。
リングの上にきゅるりんアイドル。
これほどミスマッチな光景があるだろうか(笑)

セットリストは

かぼ かぼ かぼちゃん
微笑みの街
ノンノン!りなんなん


今回から自分の方は見てくれている人がコールしやすいように
スケッチブックのカンペを導入。
いつものライブ会場と違うので、そんなにすぐに周りがのってきてくれるとは
期待はしていませんでしたが、スケッチブックを使った立ち回りを確認するためにも
全力でやりきるw
アイドルライブにヲタ一人を経験したおかげで(ry

りなんなんは珍しく「かぼ かぼ かぼちゃん」の時に歌詞を飛ばしちゃってたけれど
恥ずかしそうにはにかんでたのがメチャかわいい(*´ω`*)

そして「微笑みの街」で聴いているお客さんの表情が一気に変わったのが印象的だった。
りなんなんの歌声が受け入れられた瞬間。
嬉しいですね。

りなんなんはポヨンポヨンとよく弾むリングのマットが気に入ったみたいでした(笑)


■第3試合 木場千景 VS のの子

木場千景選手はちょっとミステリアスな感じ。
今回の試合ではまだ全貌が見えなかった感じですかね~。
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/88.html

そしてのの子選手は、今回りなんなんを呼んでくれたきっかけの人。
ホントありがとうございます。
そして重量級の女子プロレスラーといえば…というまさにそんなイメージ。

「お胸」に掛けた様々な技を繰り出しますw
変な名前の技が多いのですが、格闘技をやる者としては、
その体格は強力な武器。
どの技も重くて強力そう…。
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/542.html

試合は終始その強力な技に翻弄され続ける木場千景選手。
一方的にやられてしまうのではないかという展開。
しかし終盤、一瞬の隙を突いて技を掛けた木場選手が
そのままフォールしてなんと3カウント!
大逆転の勝利。
2.8か2.9カウントだったと猛抗議したのの子選手ですが受け入れられず。


そんな抗議からリング上では他の選手も上がってきて言い合いが始まり、
団体の偉い人が仲裁に入り、トーナメント戦で決着を付けることを告知。
いかにもプロレスらしい展開w


最後は選手、アイドル含め全員がリングに登場。

snap1169.jpg

りなんなんもきゅるトルネードスプラッシュを披露し、みんなで吹っ飛ぶw

物販の時間もありましたが、今の女子プロレスってチェキとかもやったり、
まるでアイドルライブの物販のよう。
すごいね。


今までは空手、キック、テコンドー、修斗など、いわゆる相手の戦闘能力を
奪うことを目的とした格闘技を観戦したり、経験したりしてきましたが、
プロレスをテレビ以外で見たのは初めてでした。

相手を倒すだけでなく、「魅せる」ことも重要なプロレス。
東京女子プロレスさんは色々なバックボーンを持つ選手が集まっているので、
真剣さも、笑いも試合の中に取り入れられていて、見ていて楽しかったです。

いやホント、またりなんなんを呼んでもらいたいなあ。
できればFeamと一緒に…(笑)
またプロレスも見てみたいです。
山下実優選手とお話してみたい←


そしてりなんなん…
今回ちょうど立ち見で見てる自分の左向かいくらいで、試合を観戦していたけれど…
コントみたいなやり取りのところでは面白そうに笑っていて(*´▽`)、
強力な技が入ったときには(((( ;゚Д゚)))ヒィィィ!みたいな顔になっていて、
ホント分かりやすくて、かわいくて大好き(笑)

Return

* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-05-23 (Fri)
この日は開場開演が仕事の定時前で、りなんなんの出演時間によっては
ライブを見れない可能性がありました。

そして当日、りなんなんはトップバッターとの告知。
完全に間に合わないパターン。
もう自分にはツイッターでつぶやいて、誰かがライブを見てくれるのを
お願いするしかなかった。

それでもウタ娘のバトルの投票はできるし、
前回お世話になったCREAも出演するので、入場はするつもりだった。

ライブは間に合わない、物販もりなんなんは、もしお客が少なかったら
早めに切り上げてしまうので、間に合うかどうかは賭けだった。

入場して、今一度りなんなんのライブと物販の時間を確認。
物販は…時間的にはギリギリまだやっている時間…。

いるかいないか…物販スペースに行くと…

バーカウンターの死角になっている場所…
壁の向こうからテーブルが徐々に見え…
そこにいたツインテールの天使…!

りなんなんだ…
いてくれた…!

いつも会っているのに、この日ほど会えたのが嬉しかったことはなかった。

壁の向こうにりなんなんを見つけるまで…
まるでドラマのスローモーションのように時間が流れた気がした…。

りなんなんとは少しだけお話して、自分を見つけて
物販に来てくれたCREAのヲタさんともあいさつして…。

聞くところによると、りなんなんのライブでは
CREAのヲタさんが見てくれたと…

本当にありがとうございます(涙)
りなんなんはトップバッター、CREAは21時くらいからの出演だったのに
こうして見ていただけるなんて…感謝しかありません…。

物販の終了時間が近かったので、りなんなんとはたくさんは
話せなかったけれど、姿を見れただけでも嬉しくて仕事の疲れが
吹っ飛びました。
 
 

 
物販終わってからは、CREAを見るつもりでいたので、
それまで他のアイドルさんなども見ながら待機。

せっかく入場したので見ないともったいないですしね。
前日のヲタ一人を経験したので、なんか何も怖くなかったw
スーツのまま知らないアイドルさんの応援に混じったりw

渋谷P.Rがまた出ていたので、ちゃんと見てみた。
涼子さんってマリドの時あんなキャラだったっけかなあ…?(^_^;)


CREAは先物販だったので、時間が来たらなんとなく外で待機w
そういえばこの二人、自分の中ではまだ年齢不詳w

りなんなんTシャツ着てないし、スーツだったから
覚えててくれてるか心配だったけれど、ちゃんと覚えててくれた。

3チェキ撮りました。

snap1167.jpg


物販終わってまた少しライブ見て、CREAの出番。
やはり楽曲がすんなり入っていける感じでいい。
歌声も自分好み。

途中からCREAのヲタさんに最前に導かれましたw
ヲタさんたちのCREA愛もすごく伝わってくる。
楽しかったです。


CREAのライブが終わったところで、バスの時間もあるし、
自分はそのまま帰途へ。
最後ヲタさんたちと握手を交わして。

また会いたいですね。
りなんなんとライブがまた一緒になってくれることを…!


繋がりの大切さ…今回は本当にそれを感じました。
もし前回CREAのヲタさんに声をかけられていなかったら…

せっかく何かの縁で出会った繋がりは大切にしていきたいです。

りなんなんと一緒になってもらいたいアイドルさん、
一緒に応援したいヲタさんたち、会いたい人がたくさんいるよ。


たまたま出会ったそれきりにはしたくないですね。

Return

* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-05-21 (Wed)
平日の仕事後に現場に初参戦。
今回もりなんなんがバトルに参加するウタ娘。

しかし今回の出演者は…

【バトル出演者】
りなんなん
Cue☆Twinkle

【ゲスト出演者】
江織杏
小谷唯奈(Cue☆Twinkle)


「他」とは書いてあるものの、一向に発表されず…。
結局一部Cue☆Twinkleからのソロライブ出演ということを考えると、
出演者は3組で打ち止め。

これ平日だしお客入るのかなあ…と心配でした。



入場すると後からお客っぽい人がもう一人。
とりあえず一人じゃなくてよかったと思い、スーツからりなんなんTシャツに変身。

それ以降、お客は全然来場せず。
途中りなんなんがフロアの様子を見に来たり。
こちらに気付いて、きゅるステッキでバイバイしてくれたりして、かわいい(*^_^*)

結局お客はもう来ないまま、ライブ開始。

一番手はCue☆Twinkleから、今回ソロで歌うことになった小谷唯奈さん。
フロアにあまりにお客いないので、Cue☆Twinkleのスタッフさんや、
残りのメンバーもフロアでライブ見てた。
こんな状況じゃ自分も前に行くしかなく。

小谷唯奈さんだいぶ緊張していた模様。
でも最後のほうは少し緊張はほぐれた感じだったかな。


2番目にりなんなん
スタッフさんとCue☆Twinkleのメンバーさん戻りそうだったから、
すかさず「りなんなんのライブも見ませんか!?」と声かけて引き止めるw
見ていただきありがとうございます。

今回のりなんなんはオリジナル曲に加え、倖田来未さんの「you」。
もうね…「さすが…」としか言葉が出ない。
聴けてよかった。

そしてなんと…今回も必殺技のきゅるトルネードスプラッシュ!
あの、ズボンスーツなんですけど(^^;)
すいません、さすがに吹っ飛んでも床には倒れられなかった(^^;)

そしてりなんなんはそのまま並行物販。
え…終演後じゃなく…?( ̄▽ ̄;)
あの…フロアにお客が…(^^;)

でも仕方がないので物販へ。
新しい写真が出ていたので購入。

snap1164.jpg

それから今回もお話タイム。
何だろう、とりあえずしばらく突っ込みはなしでお話してみるのがいい気がして、
ホント普通に話した。
そしてそこでりなんなんから衝撃の発表…

「今日まるぞ~さん一人だけなんです」

「え…?(^o^;)」

「いやでももう一人お客さんいるよね?」

「あの人もスタッフさんです」

「え…?(^o^;)」

10年以上ヲタやってるけれど、こんな体験は当然のごとく初めて。
てかじゃあ今、ライブのフロアにはお客いないじゃん!!(^^;;;)

お客なしで歌っている3番手の江織杏さんに申し訳ないと思いつつ会話続行。
なんかね、ホント久しぶりに他愛のないことなど色々話せた。

自分はこんな感じでいいんだよね。
わざわざ深刻な話とかすることもない。
なんでもない話や、おバカなやりとりで、りなんなんが笑顔で話をしてくれれば
自分はそれでいいんです。

そしてりなんなんとバイバイしてすぐにまたライブフロアへ。
りなんなんも「最後までライブ見ていってくださいね」って。
優しいな(*^_^*)
こうやってあったかい気持ちになってバイバイできると嬉しい。


江織杏さんのライブは途中からになってしまったけれど、
時間を30分取っていたので、最後の1曲は聴けた。
りなんなんの物販のときにも外で曲が聴けていたけれど、
この子できる子かも…。
機会あればちゃんとライブを見てみたいです。


最後はCue☆Twinkleがトリ。
スタッフさんも江織杏さんもフロアで応援w
ケチャするところで何の気なしに前へどうぞと促してみたけれど、
なんかね、お客が自分しかいない状況でアイドルがはにかんで
応じてくれたりするとドキッとするよね。


ライブは終わり、終演後物販。
まあこの状況で物販行かずにサヨナラなんてできないよねww

とりあえず先に始まった江織杏さんの物販へ。
物販へ行くというか、もう近寄れば話しかけられますよねww
お話は色々して、無銭がっつきじゃ申し訳ないからチェキ。

snap1165.jpg

話しやすいし推せる子だった←


そしてCue☆Twinkle物販。
人見知りに人見知りで来られたら何話していいか分からなくなるww

とりあえず物販のシステム聞いて、メンバーとチェキもあるけれど、
誰か一人選ぶとか苦手なので、おみくじチェキ的なものを。
当たればメンバーとの全員ショット撮れるらしい。
でもま、いつも引きか弱いまるぞ~さん、当たらないよねw

スタッフさんに「引きなおしますか」と言われ、なかったことにして
引きなおすも、やっぱり当たらないよねwww
引きの弱さは自分の中では有名ですからw

てことで引いたはずれチェキにコメント…というかツイッターのアカウントw

snap1166.jpg


そんなわけで、まさかのライブにヲタ一人という激レア体験。
なんかこれ体験すると怖いものなんてなくなる気がしますね(^^;)

しかし貴重な体験はしましたが、まじめな話アイドルさんたちには
全然喜ばしいことではないわけで。
自分も1回経験すれば十分です。

やっぱりライブはたくさんの人に見てもらえないとね。
今日出演したアイドルさんたちは、売れて周りを見返せるような存在に
なってほしいです。


日付変わって今日は、りなんなんのウタ娘バトル最終日。
りなんなんの出演時間によってはライブを見れるか分からないけれど、
最後まで応援がんばります。


『ウタ娘 定期イベント & バトルライブ』     
【日程】5月21日(水)
【場所】赤坂GENKI劇場
【時間】開場17:00/開演17:15
【料金】前売/当日:¥2,500(+1D) /¥3,000(+1D) ※女性・学生¥500割引

【バトル出演者】
&CRAZY
キャンディzoo
Cue☆Twinkle
サミツミサ
秋葉原マーベルエール隊
Bottoms Up!
RynRyn☆ミどろっぷ
いちごちょこぱふぇ
Sweet☆Honey
CREA
渋谷P.R
魔法少女☆りりぽむ
おとぎラビット研修中!
りなんなん
COCORO❤ODORU
亜利美里

【ゲスト出演者】
星乃ちろる
八鍬宏美

Return

* Category : ■りなんなん
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by かずき
おれも長年ヲタやってますが、
始めっから終わりまで自分1人って現場は
経験ないし、したくもないですw

つか、そのきゅー何とかってユニット、
ヲタが付いてないのか?
しかし、チェキのコメントがtwitterIDてwwwww

ま、これで本人精一杯やってるつもり
なのか知りませんが、
はっきり言って、こういう意識のタレントも
運営も消えてほしいです。

本当に悩んで考えて実行して頑張ってる人たちや、
それわかった上で最大限応援してる客たちに対して、
失礼な存在に感じます。

* by まるぞ〜@埼玉
>かずきさん
まずあの状況で開催決行するウタ娘クオリティが凄いですw
諸事情のため中止ってなっても全然おかしくないのにw

ヲタがついてないかどうかは分かりません。
平日でたまたまだったかもしれませんし。
確かに未熟という意味での「若さ」は感じましたね。

チェキコメは僕も詳しいシステムはよく分からなかったのですが、
おみくじ以外のチェキではコメありとコメなしで料金違ってたので
書いてくれたことが特別だったのかもしれません。
…と、思っておきます。

* by かずき
いや、物販のシステム以前に、このツラのチェキを有料で売っていいかどうか、本人や運営がどう思っているのかという問題。せめて、コメントに心がこもっていて、何か伝わるとかならわかるけど、これ、俺だったらその場でキレるやつですよw

* by まるぞ〜@埼玉
>かずきさん
まあ公の場ですのでこのくらいにしときましょう(^_^;)
またお会いした時に色々話しましょうね!

個別記事の管理2014-05-19 (Mon)
ウタ娘のバトルイベントに初めてエントリーしたりなんなん
今回はその初ライブでした。

ウタ娘バトルイベントのルールを説明すると…

バトルにエントリーしたアイドルたちが、7月開催予定のスタジオコーストでの
メインステージ出演をかけてバトル
をする…というもの。
ライブを見に来たお客の評価でポイントを獲得していきます。
5月開催の1stステージを勝ち抜けば、6月の2ndステージに進むことができます。

投票をできる権利を持つお客は、バトルに出演するアイドルで
チケットを購入した人。

要は入場する時に聞かれるお目当てのアイドルが、
バトル出演のアイドルであること、です。
ゲストのアイドルでは投票権をもらえない。

お客は手持ちで10ptのポイントを持っていて、最低3組のアイドル
ポイントを入れなければなりません。
そして1組につき入れられる最大のポイントは5ptまで。
自分の推しだけに10ptを丸々注ぎ込むことはできないわけです。

↓詳しくはこちら↓
http://ameblo.jp/utamusumebattle/entry-11841614262.html

つまりはこのルール、ライブを見てもらうことはもちろん、
いかに「自分目当て」で入場してもらうお客を増やすかも、
高ポイントを獲得するために重要になってくるわけです。



さて、そんなバトルの日ですが、今回は自分の古くからのヲ友達が
りなんなんのライブを見てくれました。
ハロヲタ時代からの長い付き合いで(思い返せばもう10年以上!)
そんな人に見てもらえたのは嬉しかったです。

りなんなんがバトルにエントリーしている一部でのセットリストは、

かぼ かぼ かぼちゃん
そよ風の魔法
ノンノン!りなんなん


コールとか声出せる曲と、じっくり聞かせる曲とで、バトルの印象としても
結構いいバランスのセットリストだったかと思います。

でもやっぱりヲ友達もそうだったけれど、最初はきゅるりんコールとか
何て言ってるのか分からなかったみたいだから、
今後はスケッチブックでカンペ作ることも考えていった方がいいのかな~
とも思ってます。

そしてこのライブで久しぶりにやった必殺技のきゅるトルネードスプラッシュ。
みんなで吹っ飛ぶのがお約束ですが…

ヲ友達「足りない!」

まさかの突っ込みにりなんなん焦るw
異例の必殺技2発目w
一撃で倒せない強敵でしたww

あ、そうそう、今回のりなんなん、今後のライブ予定を紙にまとめて書いて
舞台で告知してました。
あれすごくよかったです。
やっぱりライブに来てもらうためには、地道にこうしてやっていかないとね。

そんなライブが終わった後、声をかけてくれたのがCREAというアイドルのヲタさん。
同じくバトルにエントリーしていて、頑張りましょうということで。

ヲ友達の一番のお目当てのラブアンドロイドが、りなんなんの次に
ライブだったので見ておきたかったのですが、りなんなんの物販が
始まってしまったので自分はそちらへ。


さて、物販も今回ちゃんと紙に商品とお値段を書いて持ってきたりなんなん。
これも分かりやすくってよかった(^_^)
その中に今までにない新発売のものが…。

お会話(5分程度) \1000
(おしゃべりだったかな?(^^;)) 

いつも自分が、物販で買い尽くしてしまって買うものがない、
何も買わずに話すのも申し訳ない…と言っていたからかどうか分かりませんが、
とにかく新しいシステムをりなんなんなりに考えてくれたのは嬉しい。

まあパッと見突っ込みどころは満載なのはすぐ気付くシステムですが、
せっかく考えてくれたわけだし、おかしな所はこれから良くしていけばいいわけだし、
物は試しで購入第一号に。

しかしあらためて5分となると、何話そうかとなる(^^;)
するとりなんなんが…

「りなんなんはアドベンチャーゲームの主人公になる感じなんです」

「お、おう…(^o^;)」

アドベンチャーゲームの主人公みたいな…?(^^;)
ときメモみたいな感じか…?(^^;)
あれはシミュレーションか(^^;)

長くりなんなんを見ているけれど、やっぱりりなんなんワールドを
全て拾いきれない自分…( ̄▽ ̄;)

で、りなんなんの衣装のこととか、髪飾りのこととか、吉本辞めて2年、
色々あったね~…とか、まあ普通に話しまして、さっきのCREAのヲタさんを
見かけたので、りなんなんが呼び込んで、なんとな~く会話のお時間終了。

まあこうなるよね(笑)

自分の中ではこの会話システムに対して、すでに色々とアイデアは
浮かんでいるのですが、まあそれはまたお会話の時間にりなんなんに伝えようか。


さて、それからしばらくラブアンドロイドのライブが終わるまで待って、
ヲ友達が来たので、りなんなんの物販へ呼び込みw

今まではつぼみ関係のヲタさんや、ライブでも通りすがりのヲタさんと
話している場面しか見たことがなかったから、ハロヲタ時代からの付き合いで、
つぼみとも関連のないヲ友達と、りなんなんが話をしているという事実に
なんだかめちゃくちゃ感動しました。

りなんなんは自分とは正反対のヲ友達のO型的な性格に
ビックリしてたみたいだけれどw
確かにつぼみのヲタさんたちは、多くの人が温厚で優しいというイメージを
つぼみメンバーたちは持っているでしょうからね。
ヲ友達みたいな感じのファンと接する機会は少なかったんじゃないかとw

そしていつもCD買ってもらったりしてお世話になってるヲ友達に、
りなんなんの手持ち最後のDVDを買ってあげる優しいまるぞ~さんw

りなんなんの隣りでラブアンドロイドが物販をやっていたこともあってか、
結構たくさんの人がりなんなんの物販にも流れてきてくれました。

ここでヲ友達からは、DVDのお返しにラブアンドロイドのチェキ券をもらったので…

snap1160.jpg

持ちつ持たれつというやつ。
まだメンバーの名前とか知らなかったけれど( ̄▽ ̄;)

久しぶりに時間をいっぱい使って物販をやったりなんなん。
お客もたくさん来てくれて嬉しそうでした(*^_^*)


物販後、CREAのヲタさんにライブに誘われていたので見てみました。
りなんなんのライブも見てくれましたしね。

肩書きはダンスボーカルユニットということで、
Feam行ってる(最近行ってないからそう言うのも申し訳ない…(^^;))自分には
割とすんなり入っていける楽曲でした。
ヲタさんたちの盛り上げも上手で楽しめました。

しかしメンバーの2人ですが…(両脇の子・真ん中の子はメンバーではないです)

snap1161.jpg


つぼみのこの2人に見えてしょうがなかったですw

snap1162.jpg

物販にもお誘いを受けたので行ってきました。
持ちつ持たれつ…。

snap1163.jpg

ヲタはアイドルの営業員だとはよく言ったものだ…。
自分もりなんなんのライブや物販に少しでも来てもらえるように
頑張らなくちゃだな…。


それから初見の渋谷P.Rが、元マリドの子のユニットとヲ友達から聞いて
ビックリしたり、Feam現場で一言だけ絡んだことはあったけれど、
まあ自分の事は覚えてないよね。
りなんなんTシャツ着て再会するとは思わなかった。
あと元スタポの子もいませんでした?(^^;)

最後は愛知のロコドルを、誰も遠征してきてるヲタさんいなかったみたいで
自分も、ヲ友達も、ラブアンドロイドのヲタさんも、CREAのヲタさんも、
残ってるヲタ皆で盛り上げてライブ終了しました。

各界隈のヲタ同士、直接の接点があるわけではなくても、
ヲタがいないアイドルのライブをこうして一丸となって盛り上げられる。
こういうのっていいなって思いますね。

久しぶりになんかいい現場だったなって思いました。


りなんなんのウタ娘バトル参加はまだ続きます。
ぜひともライブに来てもらいたいです!


『ウタ娘 定期イベント & バトルライブ』
【日程】5月20日(火)  
【場所】赤坂GENKI劇場
【時間】開場18:15/開演18:30※予定時間
【料金】前売/当日:¥2,500(+1D) /¥3,000(+1D) ※女性・学生¥500割引

【バトル出演者】
りなんなん
Cue☆Twinkle

【ゲスト出演者】
江織杏
小谷唯奈(Cue☆Twinkle)



『ウタ娘 定期イベント & バトルライブ』     
【日程】5月21日(水)
【場所】赤坂GENKI劇場
【時間】開場17:30/開演17:45 ※予定時間
【料金】前売/当日:¥2,500(+1D) /¥3,000(+1D) ※女性・学生¥500割引

【バトル出演者】
&CRAZY
キャンディzoo
Cue☆Twinkle
サミツミサ
秋葉原マーベルエール隊
Bottoms Up!
RynRyn☆ミどろっぷ
いちごちょこぱふぇ
Sweet☆Honey
CREA
渋谷P.R
魔法少女☆りりぽむ
おとぎラビット研修中!
りなんなん
COCORO❤ODORU
亜利美里

【ゲスト出演者】
星乃ちろる
八鍬宏美

Return

* Category : ■りなんなん
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かずき
どうもヲ友だちです。
てか、おいおい、それじゃあ
おれが優しくないみたいじゃないかっ!w
魔法1発で倒れないのも愛情表現なんですw
しかし、まるぞ~さんの性格をよく知ってる
りなんなんが、「え、10年以上って、
本当にこの人と話しが合うんですか?」
と素で驚いていたのが17日のハイライトw

* by まるぞ〜@埼玉
>かずきさん
そうですねえ〜、お互い干渉しすぎずやってるから、
10年以上やってられるんですかねえw
いやでも、りなんなんワールドを全て拾うのは僕も大変なんです(^_^;)
会話うまい人にコツを教えてもらいたい(笑)

個別記事の管理2014-05-13 (Tue)


土日休みが定期でなくなる前の最後のライブ。
ウタ娘定期ライブ。

4月、5月とりなんなんはウタ娘によく出演するようになっている。
このイベントに何かを見出そうとしているのかな?

確かにここからのし上がっていくことができれば、
テレ玉というローカルではあるけれど、りなんなんが望む
テレビ出演なども叶えることができる。

一つのイベントに的をしぼって出続けるのも、覚えてもらうためには
良いことだと思います。

それはそうと、定期ライブのお客の入りの面で見ると、
このイベント採算とれてるのかなあと心配になるような
毎度のお客の少なさなんですが(^_^;)
 
 

 
さて、りなんなんですが、そんなお客が少ないイベントの中でも、
お昼夜ともに、ライブを見てくれた人数は決して少なくはなかったと
自分は思ってます。

まだあまり知られていないりなんなんにとって、
ライブにどれくらい人が集まってくれるかは
まだバクチ的なところがあると感じてます。

りなんなんの次に登場するアイドルさんが、ヲタが多めについてる
アイドルさんだったら、後ろで待機してるそのヲタさんも
りなんなんのライブを見てくれる。

並行物販してるアイドルさんに、まだヲタがたくさんついていなければ、
ライブが始まった時にフロアに残っているヲタも多くなる。

そういう色々な要素が、今回はいい方に向いてくれて、
それなりの数の人がライブを見てくれたように思います。

ウタ娘はホント知らないアイドルさんがいっぱい出てくるので、
りなんなんの出番までの待ち時間が長い長い(^_^;)

少し前まではヲタが少ないアイドルさんにはなるべく後方支援を
しようとしていたけれど、ウタ娘の定期ライブは限度を超えて
出演者がマイナーな人が多くて、ちょっと近寄り難く…。

それよりも、りなんなんのライブをどれくらいの人が見てくれるか、
盛り上げるためにどうしようか…そんなことばかり考えてしまってます。
そして緊張ばかりしてしょうがなくなってる(^_^;)


一部
ホントの自分
アクアマリーナ
ノンノン!りなんなん


12星座の時にもカヴァーしたBuono!の「ホントの自分」。
本家がライブやってる動画を見てみましたが、ヲタの声も結構出てて
もっと盛り上げてもいい曲なんですね。
これからもよく歌う可能性があるようでしたら、こちらも動画見て
しっかり予習してのぞみたいてすね。
きゅるりんコール入れたい。

「ノンノン!りなんなん」も、まだ振りのタイミングを完璧には
覚えてないので、これも動画見てしっかり覚えよう。
りなんなんが振りやる所で「せーの」って言ってくれてたから
助かった(^_^;)
自分もちゃんと覚えて、りなんなんと一緒に「せーの」って
言えるようになりたいな。


ライブ後に一人だったけれど物販をやってくれた。
しかし並行物販ってホント厳しいなあ…。
終演後物販と違って、まだライブをやってますからね…。
ライブを見るのを中断してでも物販に行きたいと、
来てるお客に思わせなければならない。

ホント厳しい…。


一部終わって、お昼を食べた後、また知らないアイドルさんを
ずっと見続けるのも苦痛だったので、りなんなんに二部の
出演時間を確認。

時間があったので新宿へ移動しブラブラ…。

そうしたら、ふと見かけた花園神社ののぼり。
あっ…と思い、気が付いたら神社に向かってた。

神様がいるならば、願いを叶えてほしい。
ワラにもすがる思いだった。



そうしたら、見た事のある名前発見w
せっかくなので隣にかけてきました。



それが2日後にはまたなんか1つ増えたようで、
ここはつぼみOG神社かww




りなんなんの出演時間に間に合うように赤坂に戻り入場。

二部
Don't say "lazy"
南海ダイブ
そよ風の魔法


「Don't say "lazy"」は二部のライブで歌われるのは
実はりなんなんで2回目だった。
まあ曲が被ってしまったというやつ。

「同じ曲なんですけれど…」と歌う前に言ってたりなんなん。
真面目でいかにもりなんなんらしい。

そしてこの曲、地下のライブでは割と多くのアイドルさんが
カヴァーする事が多く、自分も何度か聴いたことある。
でも元が誰の曲なのかは知らなかった。
調べてみたら、けいおん!の曲だったのね。

曲はヲイヲイ言って、MIX入れまくって、おーいんぐしまくって
盛り上がれる曲。
しかし、自分もまだ曲がうろ覚えだったので、
最初MIX入れるタイミング逃してしまった。

そしたら途中から後ろで見ていた人たちがMIXやおーいんぐを
やり始めてくれた。
ホント嬉しかったし助かりました。
もちろん自分もそれにのっかった。

りなんなんのライブで初めて本気でMIX入れた。
おーいんぐも途中きゅるりんコールにしようかと思ったけれど、
せっかく見てくれてる人全員が知ってるノリで盛り上がれているから、
ここはまずはスタンダードな地下のノリで続けていこうと思った。

その後、オリジナル2曲も、隣りで一緒に盛り上げてくれた人もいて
嬉しかったです。


夜は物販はなかったので、りなんなんを見たら自分はそのまま帰途へ。

ライブのりなんなんはいつも安定している。
歌やダンスには、もはや心配するような所はどこにもないから
安心して見ていられる。
MCはグダグダになっちゃうこともあるけれど、
それも含めて「りなんなん」だと思ってる。

あとは本当にりなんなんの歌を聴きたい、ライブを見たいと
思ってくれる人がもっともっと増えていってくれれば…。

反面、物販のりなんなんは正直見ているのが辛い…。
お客さんが来てくれた時にはにこやかに対応しているし、
そんなりなんなんを見ていると「かわいいなあ…」って思える。

でも自分はウタ娘というイベントでは、りなんなんとの物販の相性が
合わないのではないかと感じ始めている。
あまりにも壊滅的すぎて…。
一人寂しそうに、悲しそうにしているりなんなんを見るのは辛い…。

そもそものイベントに来るお客が少ないから、
物販に行きたいと思うお客も少なくなってしまうんだよね…。

本当に物販は鬼門です…。

自分はせっかく仲が良くなったコニーちゃんやでか美さんにも
物販のコツとかもアドバイスしてもらったりして、
やっていってほしいなって思ってます。

やっぱり全てを一人で抱えるのは限界があるよ…。
「物を売る」ということは、アイドルとしての自分を
プロデュースするのとはまた違った知識が必要だから…。
普通にお店屋さんを経営する人たちのような知識がね…。

本当ならこういう部分こそ、物が売れるように
マネージャーさんやその他りなんなんに協力してくれている
スタッフさんたちの力を大きく貸してほしい部分なんです。


たまに自分はどうしてヲタとしてりなんなんに
出会ってしまったんだろうと思うことがある。

自分にだってこれまで10年間、「人を楽しませる仕事」を
やってきたという自負がある。
「ユーザー目線に立って考える」ということは
りなんなんよりも長い年月、仕事としてやってきた。
だから、りなんなんには色々と自分なりの意見を
我慢できずに言ってしまっていた。
それが負担になっていたとは思うけれど…。

スタッフとして出会えていたら自分なら……

そんな風に思うこともある。

でもヲタとして出会ってしまった以上は自分にできることは、
ただ見守り、ライブでは盛り上げ役を買って出ることだけだ…。

ただほぼ独学であれだけの歌唱力を持っている子を、
歌にもまだ伸びしろがあると思える子を、
このまま埋もれさせてしまうのは本当にもったいない。

本当に…。

Return

* Category : ■りなんなん
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かずき
5/10赤坂いたんだ?上のラボにいましたよ、
夜にちょっとだけだけど。
地下は、どうしても推しのこの出演時間に入る
って形になっちゃうよね。

* by まるぞ〜@埼玉
>かずきさん
それでいてウタ娘定期ライブは出演者もマイナーで、
ついてるヲタが少ないアイドルばかりだから、
(ヲタゼロなんてこともざらにある)余計に人少ないって
思っちゃうんですよね。
まあ比べてる対象のライブがFeamですから…。

個別記事の管理2014-05-08 (Thu)
4月から続いてきた12星座のツアーもファイナル。
ということで行ってきました。

KIMG0370.jpg

大阪以外は全て参戦と、もしかして自分一番出席率高かった?( ̄▽ ̄;)

今回はライブ前にドラマ出演者によるトークショーがありました。
なんだろうな、結局心に残ったのはBIGBANGはカッコいい…という( ̄▽ ̄;)



さてさて、今回は涙~NAMIDA~出演ということで、その界隈のヲタさんが
たくさん来ておりました(当然w)

でもこのヲタさんたちノリがよくて(たまに悪ノリ?wもちろんいい意味でw)
お客が少ないアイドルさんのライブを盛り上げるのにも一役買っていました。


夏川愛
トップバッターで出てきたのはガンプラアイドル。
初めて見るとツインテールにガンプラの百式がぶら下がっている風貌に
「うおっ!」っと思うのは間違いなしww
ホント色々なジャンルのアイドルが今はいるのね…( ̄▽ ̄;)
きゅるりんアイドルにも負けないインパクトだよ( ̄▽ ̄;)

歌ったのは全てガンダムの曲。
最初2曲は聴いたことある気がしたけれど、思い出せず。
平成ガンダムか、映画関係か、OVAか…かな…?

しかし、3曲目になんと0083の「MEN OF DESTINY」!
かつてのゲーム開発でガンダムに関わって以来、ガンヲタとは言わないまでも
それなりに知識蓄えた自分には、これは熱い展開!
しかもよくよく聴くと結構いい歌声してる。

決してまがい物でなく、ガンダム愛はしっかりと伝わってきた。
正直物販でガンダムトークしてみたかった…!
…けど、安定の人見知り発揮ですよ(^^;)
結局行かず…。
いつかまた見れる時があったら、自分の一番好きな曲の
「サイレントヴォイス」とか歌ってもらいたい。

とりあえず今回、これだけ長く書くくらい気になった子でした(^^;)


涼城えみ
声優もやっている歌手さん。
歌めっちゃうまい。
この人のヲタさんがライブ中に色々と後ろで見ている人たちを
引っ張っていってくれたので、こちらものっていきやすかった。

そしてこのヲタさんがやっていることを見たことで、
自分もりなんなんの時にあんな風にすることができたのです。
それについてはまた後述。


t-ear
ニコ生の主さん。
洋楽を中心にカヴァーしてました。
そのきれいな英語の発音と、近からず遠からずの風貌に
元つぼみの踊るバイリンガルなあの子を連想してしまった…( ̄▽ ̄;)


銚子元気娘。
千葉県銚子市のご当地アイドル。
聞く話によると、1年間だけの活動のユニットらしい。
今年の9月には見れなくなっちゃう子たちなんだね。
そういうユニットを応援するヲタの気持ちってどんな感じなんだろう…。


仲村コニー
なんかもう自分の中ですっかりおなじみになったコニーちゃん。
今回は3曲中2曲をカヴァー。
大塚愛さんの「CHU-LIP」懐かしかった。
サビ聴くまでどんな歌だったか思い出せなかったのですが(^^;)

でも物販でも誰か言っていたみたいだったけれど、
確かにオリジナル曲が一番良かったですね。
新曲のやつです(←いい曲ならいい加減タイトル覚えろww)


りなんなん
さて今回のりなんなんは…

なんと私服(多分)で登場!

そしてそれがめちゃくちゃかわいい!!

ライブ続きだったから衣装がクリーニング中だったのか、
それとも単なる気まぐれなのか。

とにかくビックリするくらいかわいかった。
ほれなおしたよ←

こんなにかわいいのに、ルックスに自信がないなんて…
もっと自信もっていいのになあ、もったいない…。

そんなりなんなん、今回のセットリストは、
うああ、1曲目なんだっけ…?( ̄▽ ̄;)
カヴァー曲だったのは確か。

2曲目からは…
アクアマリーナ
ノンノン!りなんなん


しばらく歌い続けていた「微笑みの街」は今回はおあずけ。
久しぶりに「ノンノン!りなんなん」。

この曲も「ヘイヘイ!ノンノン!りなんなん!」を
みんなでコールして盛り上がれる可能性を持った曲なんですよね。
でももったいないのが、そのコールと振りに入るタイミングが
分かりづらいこと。
初めて聴くと「え?今!?」って思ってしまうことが多い。

だから今回とっさに思いついたのが、コールと振りに入るタイミングで
後ろ向いて「せーの!」と掛け声入れてみること。
涼城えみさんのヲタさんがコールするところやケチャするところで
音頭をとっていたので、自分もとっさに思いつけたのです。

自分も久しぶりだったから、何回かタイミングを間違えてしまったけれど、
少しでも後ろで見ていてくれた人がタイミング分かってくれていたら
嬉しいです。

見た感じだと結構みんなやっていてくれたのかな…。


フルスロットル
今回、ライブを盛り上げるヲタの存在の大切さを身にしみて感じた時。
この子たちも12星座のツアー全て出演したわけですが、
正直これまでのライブは、なかなか盛り上がったとは言えなかったと思います。
だから当人たちもどうやって盛り上げようかと相当悩んでいたよう。

でも今回、涙~NAMIDA~のヲタさんたちがめちゃくちゃ頑張って
盛り上げたんですね。
周りを巻き込んで、正直すごかった。
これが今まで見てきたフルスロットルのライブかと思えるくらい。

やっぱりアイドルのパフォーマンスとヲタの応援が一体になって、
ライブって作られるんだなあと、心底感じられたステージでした。

フルスロットルの2人も、今までにない盛り上がりにめちゃくちゃ喜んでた。
そしてどんなアイドルにもライブを盛り上げるために手を抜かない
涙~NAMIDA~のヲタさんの熱さに心揺さぶられました。
自分もこうありたい。


涙~NAMIDA~
調べてみれば、まだ結成から1年たっていないグループなんですね。
でも何でしょうね、あの堂々としたステージパフォーマンスと存在感。
とてもパワフルなステージでした。
こういうステージができるから、熱いヲタさんたちが付いてくるんでしょうね。
すごかったです。


ここまででアイドルの出演は終了。
転換時間を使って何人かのアイドルさんは物販。

りなんなんのあのツイート以来、自分は初めての物販…。
今回りなんなんは一人だったけれど、特別にかな…
この転換の時間だけ物販をやりました。

でもやっぱり自分にはあのツイートが引っかかっていて…
特に新しく発売してる写真などもなかったし、
りなんなんとちゃんと話せる勇気が出なかった…。
最後にちょっとだけ言葉を交わしたくらい…。


その後、アーティストさんやバンドさんのステージを見て、
最後にまた物販の時間。
分かっていたけれど、りなんなんはやっぱりいない…。

物販をやらない理由が理由だけに、こちらから無理を言うことはできない。
それを分かっていても、やっぱり現実を目の当たりにすると
相当辛いものがある…。

本来ならば物販はアイドルさんたちの一番の収入の根源になるもの。
一人でアイカツするりなんなんにとって、そんな物販を縮小することは
大きなダメージにもなる。

それをさせた原因が自分たちヲタにあることが本当に申し訳ないことだし、
辛いことだと感じている。


この数日、本当に悩んだ。
一時はライブに行ってりなんなんに会うことさえ怖くなった。
このままライブに行き続けていいのかとも思った。

でも…自分はりなんなんをこれからも応援していきたいんです…。

応援ってなんだろうって考えた。

これまで自分は、一人で活動するりなんなんの事を心配するあまり
色々なことに口を出してきてしまった気がする…。
それがりなんなんのためになるなら…って思ってやってきた。

でも世に言うTO…トップヲタって言われている人たちって、
もっとどっしりと構えている。
物販でもツイッターでも、アイドルに対して必要以上の干渉はしていない。
その代わりライブの時は率先して中心になって盛り上げている。

自分は自分の事をTOなんてまだまだ思えない。
そんなすごい存在じゃない。

でも…そういう人たちの心意気は見習いたい。


何でもかんでも口を出すだけが応援じゃない。
静かに温かく見守る事だって応援だ。

少し物販でのりなんなんへの接し方を考え直したいと思った。
何かを買ったときには、りなんなんとお互いが笑顔になれるような
話をしたいな…。
他愛のない話でもいい。

何も買える物がなかったときには、一歩下がって
物販を頑張るりなんなんを温かく見守りたい…。
最初と最後だけ一言あいさつできればいい…。

でももしりなんなんが何か悩んでいたり、困っていたりして、
それを自分に話したりしてくれた時には、自分なりの精一杯の
アドバイスをしてあげたい。

去年の4月、交フェスを終えた朝に見た、天使のようなりなんなん。
今だって自分の中でのりなんなんは天使だ。
純粋でピュアな心を持った子。

そんな子の心をこれ以上傷つけたくない。

去年名古屋に行ったときに「優しい」と言ってくれた事。
そんなイメージを壊したくない。
もしかしたらもう壊れてしまい、色々口を出すめんどくさい人に
なってしまっているかもしれないけれど…

自分にとってのりなんなんは、いつだって大好きな1推しの子だ。
好きだから、これ以上傷つけたくないから、静かに見守る。
男の人にこれ以上怖いイメージを持ってほしくないから紳士になる。


多分これまでと同じようにライブに行けるのは
次の5/10ウタ娘が最後になる…。

仕事の関係で、土日祝日が必ずしも休みではなくなるから…。
ここから先、どれくらいライブに行けるかは、自分の仕事の調整次第。

ライブに穴を開けてしまうこともたくさん出てくるかもしれない。
でも…ライブに行けた時には…

「今日はまるぞ~さんがライブ来て盛り上げてくれるから安心する」

そんな風にりなんなんに思ってもらえるようなヲタに…
いや、きゅる愛好者になりたいな…。

Return

* Category : ■りなんなん
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by どこかで出会ったワンワン
どうも!今朝もチケットよしもとに┐(´д`)┌ヤレヤレだったワンワンです。

必ず土日祝日に休みに転職する!という手もありますよ~('-^*)/

>「今日はまるぞ~さんがライブ来て盛り上げてくれるから安心する」

そうではなく
「今日はまるぞ~がライブ来て盛り上げてくれるから安心だ!」と呼び捨てでしょう♪(*⌒∇⌒*)

* by まるぞ~@埼玉
>ワンワンさん
ここだけの話…といってもこんなところで書いたら全然秘密になりませんが…
転職をした結果がそういう仕事になりました。
正直少なくとも日曜祝日が休める職に就ける可能性もありました。

しかし両親が仕事内容的にもシフト制になる職の方を気に入ってしまい、
家族を捨ててもライブを取るかと迫られました。
そうなれば自分には選択の余地はありません。

でも確かに仕事は多分これまでの社会人十何年間の経験を活かせる仕事です。
ただ自分もシフト制って初めてなので、この先どれくらいライブに行けるかは不安です。

>呼び捨てでしょう♪(*⌒∇⌒*)
それくらいりなんなんに信用してもらえるようになれると嬉しいですね。
でも今は自分にできることをやるだけです。

個別記事の管理2014-05-05 (Mon)
りなんなんが出演ということで行ってきた
ぱいぱいでか美さんのお誕生会イベント。
相変わらずすごい名前…(笑)

もちろんりなんなんが一番のお目当てだったわけですが、
前回2月にりなんなんと一緒だったでか美さんのライブを見て、
この子はすごいと思えたので、お誕生会という割とコアな
イベントでありながら行こうと思えたわけです。

イベントは午前0時から朝までのオールナイト。

snap1158.jpg

ライブハウス入り口には立て看板。
この看板の前で開場まで待つのはわりと恥ずかしかった…(笑)
深夜とはいえ、帰宅中のサラリーマンや、金曜の夜の宴会を終えた
人たちが立ち止まって看板を見ていく…w



開場して入場すると流れていたのはBerry'z攻工房の曲。
さすがベリヲタの主催者でか美さん。

いつものりなんなんTシャツに着替えたけれど、考えてみれば聖誕祭。
多分いつも来ている仲間同士が多い中、でか美さんを見るのは
今回2回目の自分。
この格好は結構なアウェー丸出しになる(^^;)

しかしきゅる愛好者たるもの、しっかりとりなんなんを背負って
応援していかなければならないので、はいもちろん着ます(笑)


オープニングでまずいきなりでか美さん登場。
2月の時にも聴いたブラジャーMIX入れる歌とか3曲ほど。
やっぱり歌声もしっかりしてるし、MCもおもしろいし、すごいなと思う。


2番目にりなんなん登場だけれど、次の出演者の登場の間には
毎度DJケソさんのDJタイムが入ります。

ハロヲタのでか美さん主催のため、選曲もハロプロの曲多め。
その中でもBerry'z工房が多め。
自分は娘。にばかり行っていたので、Berry'z工房は曲は分かっても
振りとかはあまり覚えてないですが、でも懐かしかったです。

時々ごっちんやなっちの曲も入っていたところもよかった。
そしてやっぱり娘。の「SEXY BOY」はしっかり振り覚えてたw


そういったDJを各所にはさみつつ、2番目のりなんなん登場。

今回も名古屋に続き1曲目は曲をカヴァーしてマクロスFの「ライオン」。
これYoutubeの動画でしか聴いたことなかったから、
今回初めて聴けてよかったです。
タイトルが分からなかったから、りなんなんがYoutubeにアップしていた
動画を久しぶりに検索して見てみたけれど、やっぱり歌声が当時よりも
格段に進歩してるね。

そして「アクアマリーナ」、「南海ダイブ」、「微笑みの街」と続き
最後に「かぼ・かぼ・かぼちゃん」。

これまで「微笑みの街」で締めることが多かったけれど、
今回盛り上がれる「かぼ・かぼ・かぼちゃん」で終わったのは
多分初めてのパターン。

曲の前に「みんなでジャンプしましょう」って言ってくれたのが嬉しかった。
自分も最初は「この曲、ジャンプしてみたらどうかな…?」と思いついて
やり始めてみたけれど、それをりなんなんが受け入れてくれて、
こうやって言葉にしてくれることはすごく嬉しい。

なかなか最初はジャンプのタイミングが難しいかもしれないけれど、
曲の中のコールも含めてやってることはとても単純。

「イェイ!」でジャンプするパターンが前半の2回ジャンプの時と、
後半の連続ジャンプになる時、それからきゅるりんコールを
8回1セットで入れるところが3ヶ所くらいある。

特別なのはそれだけ。

あとは基本は手拍子だし、ケチャするところは、まあアイドルヲタさんなら
すぐに分かるでしょうし…(笑)
あんまり複雑にしても自分も分からなくなっちゃうので(笑)

これが浸透していってくれると嬉しいです。

りなんなんライブ終えたあとに、緊張でのどが渇いて
ドリンク行くことはよくあったけれど、盛り上がって汗かいて終わって
ドリンクに行ったのは初めてかも…(笑)


ドリンクを飲みながらロビーのほうに行ったら、
りなんなんも飲み物飲んで休憩中。
ちょっとレアな光景(笑)

汗もかいていたのが、りなんなんもライブ楽しめたんだなあって
思えて嬉しかったです。
ちょうどよかったので、この時に名古屋のおみやげを渡しました。


そこからDJやライブも続き…

・MCビル風さん
ヒップホップな人。
りなんなんのことを褒めてくれたりして嬉しかった。

・姫乃たまさん
曲中にやたらと胸のボタンが外れた人(笑)
脱力した感じのダンスのステップが独特ですw
でか美さんのお誕生会ということで、MIXをでか美さんのブラジャーMIXに
差し替えてきましたが、個人的には普通のMIXの方が慣れていて
やりやすかったり…(笑)
この辺まで来ると感覚がマヒしてためらうことなく
「ブラジャー!」って言えましたww

・pirukuruさん
バンドさん。
最近よくバンドさんのライブを見る機会が多いです。
生バンドはやっぱり迫力あっていい。

・トークショー(でか美さん・りなんなん・姫乃たまさん)
女子3人によるガールズトーク。
姫乃たまさんに何度かいじられたけれど、ヲタ心を的確に突いたいじりに…
ああなんかもう負けた…(笑)
りなんなんの前であんな風にいじられるとめっちゃ恥ずかしい(笑)

しかし途中、かなり深夜な大人な会話も出ましたが、
りなんなんはちゃんと意味分かっていたのだろうか…?(^^;)

・抽選会
ドリンクやフードを追加注文すると抽選券がもらえて、抽選に当たると
でか美さんの色々な私物が当たる抽選会。
これはさすがにでか美さんのファンの人にちゃんと当たってもらいたいし、
自分は完全アウェーですので、後ろから静観。
当たった皆様、おめでとうございます(笑)


最後はでか美さんの生バンドライブ。
「ここにいるぜぇ!」の生バンド高まった。
ジャンプジャンプで跳んでたのって自分だけ…?(^^;)


すべて終わって物販の時間では新しく出てたりなんなんの写真購入。

snap1159.jpg

まだ在庫1枚のみで、本当は交フェスから写真とか増えるみたいだったけれど、
自分がいつもグッズを買い尽くしちゃってどうしようかと言っていたからかな…
りなんなんから写真ありますよって言ってくれた。

気をつかわせてしまったみたいでごめんね。
でもそういう気づかいをしてくれるりなんなんの優しさが好きです。

それから主役のでか美さんの物販にも。
…何か買ったわけではないですが…(^^;)
2月の時には遠くで見てるだけだったので、今回初めてのごあいさつ。

姫乃たまさんも隣りで物販をやっていたけれど、最後まで悩んで
結局人見知り発揮して行かず(^^;)


さて、お誕生会ということでしたが、でか美さんもりなんなんと同じく
フリーでやっていて、それでも自分で企画して今回のように
これだけの人を集めて…正直すごいなと思いました。
りなんなんを呼んでくれたことも嬉しかったです。

そしてでか美さんがハロヲタだから、元ハロヲタの自分には
懐かしさを色々と感じられるイベント構成でした。


あとは…これは個人的に感じたことですが、
来ていたお客さんのりなんなんへの接し方…。

なんだろうな…自分はアイドルには…いえ、むしろ女の子には
必要以上にボディータッチしたり、顔を近づけて話したりは
したくない人なので…。
初対面だったりすればなおさら。

失礼だったりもするし、嫌がる子だって当然いるでしょうから。

アイドルにも相手から握手しましょうと求めてくればするけれど、
自分からは求めません。

りなんなんもそういうのに敏感な子だと思っていたから気をつけていました。
正直1月の単独イベントで握手したのを最後に、りなんなんには
「触って」いません(笑)

その辺の「ノリ」がいつも行ってる対バンライブとは違っていて
特殊なのかな…?とも感じました。
イベントごとの空気があると思うから、なかなか難しいことですけれどね。

でも男子が女子に対してのちょっとした気遣いを持って紳士になれれば
大丈夫なはずだと思うんです。

そんなことも感じました。

Return

* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。