FC2ブログ
04≪ 2015/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-05-12 (Tue)
2週間おきの恒例のげつとくしょーブログ。
優秀な出席率ですw

今回は夏を先取りで怖い話ということだったのですが…

はっきり言いましょうw
ディレクターの徳元さんが考えたと思われる怖い話は
全然怖くなかったww

怖い話が大嫌いという りなんなんも全然怖くないと
言うくらいだから本当w

でも、ももしゅが怖い話とか苦手なのは意外でした。
気が強そうだし全然平気だと思ってた。

紗々さんが後ろのモニターを指差したとき、何かいるかと勘違いして
めっちゃ怖がったり、モニターの映像(iPad連動)をスタッフさんが
タッチパネルで動かしてるのを、何か動いたと勘違いしたりw
ちょっとかわいかったぞw

怖い話ということでは、ゲストの放送作家の澤井直人さんの
お話の方が怖面白かったです。
霊的な話ではないのですが、実体験でしたからね。

やっぱり完全作り話になってしまうと、よほどのうまい
聴かせ方ができないと怖くなくなってしまう。

実体験というリアルな話になると、怖さが増しますね。

 

 
放送後のライブ。
いつものお写真公開の時間でーす。


この日の りなんなんはリアルペコちゃん。



アメちゃん型の新アイテム、ポシェット?がポイント(*^_^*)





この日歌ったのは「恋のツインテール」。




この日のもう一人のゲスト、CANDY GO! GO!の円田はるかさん。

CANDYさんはFeamと一緒になる事も多いので、
ライブは何度か見た事はありました。
グループとして見ていたので、ソロで歌うのを見たのは
新鮮でしたね。

CANDYさんのライブのクオリティの高さは見ていて感じていたけれど、
ソロで歌った円田はるかさんも高い歌唱力。
こういう人たちが集まっているから、ユニット全体のレベルも
きっと高くなっているんですね。

しかし今回、CANDYさんのメンバーがゲストと聞いて、
やっぱり感じる りなんなんとFeamの近くて遠い関係w

大阪でも1回、交フェスや去年のキネマ倶楽部でも
Feamと りなんなんがライブで一緒になってるけれど、
接点ができそうでできないw

東京女子プロレスのリングでも、りなんなんもFeamも
歌ったのにね(笑)

Feamと接点が多いCANDYさんのメンバーがゲストで出た事で
今回もそれを強く感じましたw

一部のフィーマーさんにも、自分が りなんなんの事ばっかり
つぶやいているから、りなんなんの事は知られているんだよね。

でもFeamがげつとくしょーのゲストに出て…という絵面も
あんまり想像できないなあ…(笑)
自分たちの番組も持ってるし、こういう動画配信のゲストに
出る事ってめったにないですからね。

ちなみにブログ書いてる今日、CANDYさんはFeamの
動画配信番組にゲストで出るらしい。

あー、近くて遠い(笑)




スリーショット(^_^)




けいちゃんと紗々さん。




ゲストのルフィ…ではなく澤井直人さん。




りなんなんのこのきれいな純粋な瞳が好き(*^_^*)




この日も炸裂、きゅるトルネードスプラッシュ!
後ろでウケる円田はるかさんが印象的w
すごいよりなんなん!
CANDYさんのメンバーがウケてるよ!(笑)


物販の時間。



この日の りなんなんはチェキがあったので。
片足上げてポーズしてふらつく りなんなんw
なんかよく分からない構図になった(笑)
どうせならこっちにふらついてくれれば、
ちゃんと抱きかかえて受け止めたのに(笑)


POP'N KISSからは前回のチェキ受け取り。



今回もまたチェキ撮って、受け取りはまた次回。

それと里帰りしてたけいちゃんから広島のお土産をもらった(*´ω`*)




そして、ようやく行けた紗々さんの物販。



ベルバラ時代から、初めて行った時からずっと会っていたのに、
ずっと行けなかったから。
写真は1推し以外の写真は買わない自分ルールを作っているし、
チケット販売も りなんなんのイベントスケジュール次第で
必ず行けるという約束ができなかったから。

でも今回、CDをリリースして売ってくれていたので、これならと思い。
CDはチェキと並んで買いやすいグッズなのです。

そしてCDを買うと、手持ちの携帯でツーショットを撮れるので…



アイドルと腕組みツーショットなんて、相当な信頼関係作らないと
できないけれど、最初のツーショットでいきなり…(;´∀`)
さすが大人の女性は違うなあ。

絶対ないと思うけれど、りなんなんにこれやられたら
固まってしまいますわきっと(笑)

紗々さんなら安心して身を委ねられる←


それから円田はるかさんとも少しお話しできました。
FeamとCANDYさんは仲がいいから気になってはいたのだけれど、
人見知りで今まで物販行くまではできなかった。

今回は無銭になってしまったけれど、今度CANDYさんの
ライブを見た時には物販に行ってみようかな…。


そんなわけで、今回は怖くない怖い話でしたが、徳元さんのお話を
怖くなかったとただ言うだけでは申し訳ないので、
自分もちょっと書いてみようかなw

ゲームシナリオも書いた経験のあるまるぞ~さんの
超絶怖いかもしれないお話を(←勝手にハードル上げ)

もし、りなんなんがブログを見ていたら、お部屋に一人で
いられなくなっちゃうかもしれないから、この先読むかはお任せします(笑)

子供の頃の話なんですが、1つだけいまだに記憶に残ってる
気になる事があるんですよね。

子供の頃、うちは家族が2階で川の字になって寝ていました。
まあ子供なので両親よりも先に床に就くのは普通で。
でも子供の頃ってまだ寝たくないっていう気持ちもあるから、
よく弟と寝ずに遊んでる事もありました。

そんな状況だから、母親もちゃんと寝ているかたまに見回りに
来るんですよね。
気配を感じたら寝たふりをする(笑)
そんな子供時代でしたが、今でも記憶に残ってる体験があるのです。

その日は母親の見回りが来る前に、弟は寝てしまっていました。
自分も寝ようとは思っていたのですが、なかなか寝付けず。
布団の中で何度も寝返りをうったりしていました。

そうしたら部屋のドアが開いたような気配を感じたんです。
その時はまた母親の見回りがきたと思い寝たふりしました。
その気配は部屋の中を歩き、布団の上を歩いたような感触があり、
自分の枕元に立ってしばらく見つめられているような感覚がありました。

そしてまたドアまで戻り出て行ったように思えた。

その時はそれで終わったのですが、大人になった今も
その日の記憶だけは残っているんですよね。
母親が見回りに来た事なんて何度もあって、そのほとんどの状況は
忘れているのにそこだけ限定的に覚えてる。

それに時間が経つごとに考えれば大人が子供の寝る布団の上を
歩いたりするわけがない。
第一歩かれたら重いし痛いし。
見回りに来るだけなら部屋の中をうろうろする必要もない。

入る時、出る時もドアが開いた「ような気がする」だけで、
明らかに「開いた」という確信は持てない。

色々考えると、あの時本当は部屋の中を見回りに来たのは
いったい だったんでしょうね。

Return

スポンサーサイト



* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-05-12 (Tue)


久しぶりに見てきました。
吉本時代の りなんなんの同期であり姉貴分。
吉本のマジシャンあやつるぽん。
二人がユニットのつぼみにいた頃、一番好きだった人。

去年からりなんなんが一人で東京に拠点を移し、
りなんなん1推しになる宣言をし、大阪へ会いに行ける機会は
ほとんどなくなってしまっていた。
言わば自分は裏切り者。

でも、嫌いになって会いに行かなくなったわけじゃないから、
機会があるならやっぱり会いたかった。

だから今回はMCだったけれど、東京でイベントに出演してくれたので
会いに行きたかったのです。

久しぶりに あやつるTシャツ(非公式)も着用。



東京という今までとは違う環境で、顔を忘れられてるか怖かったから。

 

 
イベントはスタンディングのステージでした。
ライブもあるけれど、ファッションショーの
色の方が濃い感じ。

1部はキッズの出演がメインで、お客もその親子さんや
知り合い家族などがほとんどのようだったかな。
キャパ400の箱に100くらいが集まった感じだったでしょうか。

亜耶ちゃん出てきて間もなく見つけてくれたみたい。
自己紹介のぽん返しの時も、こっちも含め
ファンがいる場所をチラチラ見つつ、ぽん返しの説明して
「お願いします!」って。
何度も目が合った。

ちなみにぽん返しとは亜耶ちゃんのマジックの呪文。
亜耶ちゃんの「あやつる~?」の掛け声の後に、
お客が人差し指を立てて「ぽん!」と返すお決まりのやり取り。

りなんなんの「きゅるりん」みたいな位置付け。

久しぶりのぽん返し。
全力でやったよ。

大阪でも同じイベントでMCしてて、大阪で見た人も
結構今みたいで、予想よりたくさんのぽん返しが聞こえました。

1部では最後に天ぷらキッズというのがライブやりましたが、
全然聞いたことないなあ~と思ってたら、
きゃりーぱみゅぱみゅのバッグダンサーの子供たちなのね。
そりゃー知る機会はないわ。

なんかゲームのアングリーバードとコラボしてるらしくて、
衣装にメイク…メンバー全部おんなじ顔に見えたよ(;´Д`)


さすがにスタンディングでほとんど動かずに
3部まで全て見るのはキツイので、2部の間に腹ごなしも兼ねて休憩。
3部からまた見ました。

3部では人気モデル?や8.6秒バズーカも出ることで
ものすごい人の数。
多分座席でキャパ400の会場に、スタンディングで
1000は入っていたんじゃないかと思う。

なので、いっその事もうすみっこで見てました。
変に人の中に埋もれて見るよりは、壁に寄りかかって見れて
快適に見れました。

3部も自己紹介の時にぽん返し。

3部では「私が大阪で活動しているのを見た事あって、
知っている人だけ『ぽん!』で返して下さい」って
かなり限定的な指定w

もうお前ら分かってるなちゃんとやれよというレベルw

全力でやった結果、会場に一番響いた自分の声w

いつもライブでヲイヲイ言ってるし、きゅるりんコールしてるし、
ヲタの声量甘く見るなよということでw

そして「おじさんの声しか聞こえなかったですけど」って
これも亜耶ちゃんのおなじみの返しw

懐かしかったな。
大阪ではあやつられ隊のぽん返しばかりが大きく響いて、
こんなやり取りが事がよくあった。

3部は芸人さんも何組か出て、ユニット名忘れたけれど、
ハゲた人たちが面白かった(←適当)

86はまるぞ~さんにはハイレベルすぎて
よく分からなかったとです(;´Д`)
でも会場見ていて思ったけれど、人気はあるのだけれど、
あの場に起きているのは「笑い」ではないですよね。

なんか違った。

女性のお客がほとんどだから、キャーキャー言う黄色い歓声。
うん、「笑い」ではなかったと思う。


亜耶ちゃんもMCとしてしっかりと役割を果たしてました。
マジックではなかったけれど、やっぱり見れたのは嬉しい。
今度はマジックで、東京に来てくれたら嬉しいな。


イベントが終わった後、どうかなとは思ったけれど
少し待ってみた。
亜耶ちゃんを見に来ていた何人かもなんとなく待っていたので。

そして…



会えました。

原宿の街の中で撮った亜耶ちゃん。
あまり時間をとらせてしまうわけにはいかなかったから
明るさとか調整する間もなく撮った感じ。

やっぱりちょっと暗かったなあ。
あとピントも微妙にずれてた。

でも少しだけれど話せて、覚えていてくれて嬉しかったです。
ファンへの対応を見ても、やっぱり優しさにあふれているんだよね。

また会える日が来ることを願ってます。
亜耶ちゃん、ありがとう。



その後、渋谷へ移動してFeamのライブ。
原宿と渋谷、近いからね。

チェキでこんなにくっつかれたり、笑顔が足りないと
ほっぺた引っ張られたり…



こっちがホントの浮気か←

詳細は後日アメブロにて(;´∀`)

Return

* Category : ■よしもと
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |