FC2ブログ
03≪ 2020/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2008-06-16 (Mon)
20080615215126.jpg
今日は外には出ずに1日自宅で過ごしていました。
旅行で溜まった洗濯もあるし、旅行中によく歩いて足に豆ができて
しまったので^^;
プリンターの設定とかもしました。
ためし刷りを見て劇的に良くなった印刷品質に驚いたり(笑)

という訳で今年行ってきた旅行先は・・・。
以下画像いっぱいです。


出発当日の画像を見てするどい方は気づいていたかもしれませんが、
今年は台湾に行ってきました。

早朝に自宅を出発して、昼くらいに台湾入り。
初日は社員全員で台北観光でした。
台湾は曇りと聞いていましたが、日も出ていて暑かったです。

snap432.jpg
町並みや風景はあんまり日本と変わらず、遠くまで来たな~という感覚は
あまりなかったです。

snap433.jpg
龍山時。
街のど真ん中にあります。

snap434.jpg
台湾民主記念館。

2日目はオプショナルツアーを申し込んでいて、九份観光と
小龍包ディナーに夜市散策へ。

snap435.jpg
九份は「千と千尋の神隠し」の冒頭シーンの参考にもなった街です。

snap436.jpg
お土産家で発見。
なぜか釣られているのは・・・。

snap437.jpg
ノノ*^ー^)<かめ!

夕飯の小龍包では・・・
snap438.jpg
と、やろうと思ったけど、意外とスープは熱くなく一口でパクリといっても
ヤケドはせずに食べられました。

snap439.jpg
夜市。

snap440.jpg
夜の街並み。

snap441.jpg
夜市には射的などのゲームコーナーもありました。

3日目は1日フリー。
家族と自分たちで行き先を決めて行動しました。

snap442.jpg
まず行ったのは故宮博物館。
好きな人は1日かけても見きらない広い博物館です。

snap443.jpg
昼ごはんは圓山大飯店で飲茶を。
圓山大飯店は観光スポットにもなっているホテルです。

snap444.jpg
ホテル内はコテコテの中華な雰囲気です。

snap445.jpg
こういう中華な雰囲気は好きです。

昼食後には個人的に最大目的と言っても過言ではなかった場所へ。

snap446.jpg
地下鉄を終点まで乗り・・・。

snap447.jpg
到着したのは台北の外れの一昔前の雰囲気が残る街。
土砂降りの雨の中タクシーに乗り換え行き先を告げ・・・。

snap448.jpg
到着したのは台北南港展覧館。
去る5月24日に娘。が台湾公演をやった場所ですね。
今年の社員旅行が台湾に決まり、その後娘。が台湾公演をやると聴いた時には
絶対にここを訪れると決めました。
この日は特に催しなどはなく静まり返った会場。
大雨の中、催しもやってないのにここに行きたいと聞いたタクシーの運ちゃんは
変な観光客だと思っただろうなあ・・・^^;

snap449.jpg
何か告知ポスターとか名残が残ってないかなと探しましたが、
さすがに3週間も経ってしまっていると何も残っていませんでした。

snap450.jpg
会場にあるコンビニ。
当日はヲタが水買ったり栄養補給の食糧買ったりしてたんだろうな。

snap452.jpg
入場ゲート。
開場時間にはきっとヲタでいっぱいに。
中では次の催し?の準備が。

snap453.jpg
最大の目的を果たした後には東洋一高いビル、台北101へ。

snap454.jpg
夜にはライトアップされます。

snap455.jpg
89階展望台からの眺め。
天候がよければ外にも出られたらしいのですが、この日は雨が降っていて
外には出られず。

snap456.jpg
暗くなってきて・・・。

snap457.jpg
夜景。

こうして3日目は終わり4日目は帰りの日。
社員全員で昼食をとり、午後の便で日本へ戻ってまいりました。

今回は久しぶりの家族との旅行にもなり楽しめましたね。
団塊世代の親には自分たちがやってきた仕事の常識が通用しない
ゲーム会社はどんな雰囲気のところなのか全然分からなかったことも
あったので、実際に社員と触れ合うことで今回分かったかな~とも
思います。

日本語も大体通じ、街並みも日本ライクな感じだったので
過ごしやすかったですね。
ただそれだけに目から入る情報には少し物足りなさは感じましたかね。
香港に行ったことのある自分には、香港のような派手な看板やネオンと
比べてしまい、ちょっと地味に感じたかも。

個人的には南港展覧館のあった昆陽という街が、まだ日本の文化にも
染まりきっていない感じで古いビルや看板も残り一番好きな
雰囲気でしたかね。

うちの親は既に来年も行く気満々になっていますが、
果たして来年はどこになるのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト



* Category : 旅行
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する