FC2ブログ
07≪ 2019/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2008-10-25 (Sat)
さて、今回の娘。秋ツアーのレポ。
群馬をベースに久しぶりに昔ならではの形式でいきましょう。

今回はまさかの親子参戦となりました。
母親用のファミリー席確保に紆余曲折ありましたが、唯一出た1枚の
ファミリー席を落札して何とか席を用意してあげることができました。

ちなみに単独では初の車参戦でもありました。
行きの途中、群馬のおばあちゃんの家に寄り一緒に昼食。
おばあちゃんと別れて会場へ。
会場には遅めの14時半くらいに着きました。
とりあえず会場限定の写真の残数だけが気になったので速攻で
着替えて車の駐車は母親に任せて会場へ。

いつもの癖か、長い=グッズ列という認識があったので、最初は
入場列に並んでしまったとか^^;
グッズ列は時間と地方の関係か?空いていました。
とりあえずえりの会場限定写真は確保。
ちなみに母親に記念に会場限定写真でも?と勧めたら、愛ちゃんがいいと
乗ってくれたのでそれも確保。
恒例の運だめしは小春とリンリン。

時間も時間なので、あとは個別で入場して行動することに。
昼は31列の通路席。
夜は16列の通路席でした。
母親は昼のみ参戦でファミリー席最前。

では続きからは曲目に沿った感想を。



01.その場面でビビっちゃいけないじゃん!
02.みかん


「その場でビビっちゃ~」は「リゾナントブルー」のC/Wです。
春ツアーでは披露されなかったので、秋にはくるかなと思っていました。

MC

オープニングムービーの前に自己紹介という珍しいスタイル。
駆け足でやっていくので、自分の推しのタイミングを逃さないように^^;

03.ペッパー警部

オリジナルの振りは覚えやすいですね。
反面今時の振りは覚えられない^^;
「二人を引き裂く声がしたのよ」のハモる部分が、着実に娘。の
歌唱力が上がってきていることを感じられて好きです。
昔っぽく感じすぎずも、オリジナルの感じもちゃんと残っているのも
すごいなと思います。

OPムービー

04.TOP
05.YAH!愛したい


06年辺りのツアーを思い出す選曲。
「TOP」ではえりのソロダンスが炸裂!
普段はふにゃふにゃしてかわいいえりが、こういうカッコいい姿を
見せてくれるから、もっと好きになっちゃうんですよね。

MC

メンバー全員がいる状態で、誰か1人が最近ヤバかったことを話します。
昼はガキさんがリンリンからのメールの件名が
「大好きな新垣へ」だったこと、夜は小春が昼公演の「みかん」を
歌っているときにれいなの足を踏んでしまったことを激白!?
してくれました(笑)

06.インスピレーション!
07.Ambitious!野心的でいいじゃん
08.パープルウインド
 / 高橋・新垣・久住・光井・ジュンジュン・リンリン
09.レモン色とミルクティ / 亀井・道重・田中


「インスピレーション!」は初聴きで、座間で見たときには
これがツアー用の未発表曲かと思ってしまいました^^;
「レモン色とミルクティ」では1番を歌うメンバーが毎公演変わります。
えりが歌うのは未だに聴けず…。
次の東京公演では聴くぞ~っ。
80年代チックな衣装がかわいい(*^o^*)

MC 亀井・道重・田中

公演を行っている場所にまつわるクイズをれいなが出題して
えりとさゆが答える感じ。
昼は恋の病以外なら何でも治すといわれている群馬県の温泉は?
ノノ*^ー^)<草津温泉

夜は群馬県のキャッチフレーズの一部を当てるもの。
長かったので全部は覚えてませんが、答えは「ほのぼの」。
れいなはヒントを出すときに、えりの雰囲気を例に挙げて
从 ´ ヮ`)<こんな感じ
ノノ*^ー^)<?

そうか~。
えりはほのぼのか~。
てかヒントの意味がが分かってない、えりのポカーンな感じが
メチャクチャかわいい\(;´Д`)ノ

10.タンタンターン / 久住
11.私の魅力に気づかぬ鈍感な人 / 光井
12.グルグルJUMP / 久住・ジュンジュン・リンリン


7、8期のコーナーw
「タンタンターン」は曲名とは反対に意外と落ち着いた印象を受ける曲。
でも子供向けであることは変わらず。
スクリーンではPVが流れるので、映像のみで残りの2人は登場。
千秋楽とかでサプライズで登場したりして(笑)

「私の魅力に…」はこのツアー用の新曲。
新曲群の中では一昔前を感じさせるアイドルソングという感じ?
曲、結構好きです。
座間では初日でしたし、みっつぃもかなり緊張していたように
思いましたが、今回はだいぶ慣れてきたのかなと感じました。

「グルグルJUNP」も新曲。
これはもうタイトル通りのコミカルなノリの曲。
小春とリンリンには似合ってる振りに思えるけれど、なんか
ジュンジュンがこれをやるとイメージが…^^;

13.INDIGO BLUE LOVE / 新垣(昼)
  無色透明なままで / 高橋(夜)
14.Take off is now / 高橋・新垣・田中


ガキさんと愛ちゃんのソロは選曲も含め言うことなし。
じっくりと聞き入るのが心地よいです。

「Take off is now」は新曲。
クールでダンサブルなカッコいい曲。
会場の右寄りに席がくれば愛ちゃんから投げキッスがもらえます(笑)
夜公演ではしっかりと誤爆をいただきました(;´Д`)


MC 久住・光井・ジュンジュン・リンリン

ジュンジュンと小春がケンカをするコーナー(笑)
進行役はみっつぃ。
リンリンは傍観者(笑)
まあ何とも好き勝手にやって毎回収集がつかなくなってる感じです(笑)
でも若手はこれくらいの勢いの方がいいかも(笑)

15.どうにもとまらない
16.恋のダイヤル6700


メンバーの衣装も70年代チックになって、「COVER YOU」からの
昔懐かしい曲。
「恋のダイヤル6700」の歌いだしは歌詞に掛けてリンリンがセンターw
でも印象に残ってるのは随所に入るさゆの从*・ 。.・)<ハロー。
さゆにこういうのやらせたらピカイチですね。

MC 高橋・新垣

2人が毎回メンバーを1人テーマに挙げて「まじめな」裏話を
してくれます。
群馬では夜のMCに尽きますね。
裏ではみっつぃのことを話そうと打ち合わせていたみたいですが、
本番では誕生日が近いということでガキさんのことを話し出すという
愛ちゃんのプチサプライズ。
そのときのガキさんの驚きようといったら…^^
しっかり者のガキさんのイメージのガキさんが、終始照れくさそうに
「うん、うん」って相づちを打って、話し終わった後も照れを隠すように
愛ちゃんにじゃれたりして…。
普段があまりにもしっかりしているから、愛ちゃんとも同い年みたいな
錯覚を受けてしまいますが、やっぱり年下なんだなと感じました。
そんなガキさんをかわいいなと思った瞬間です。

17.そうだ!We're ALIVE
18.女に 幸あれ
19.浪漫~MY DEAR BOY~
20.ここにいるぜぇ!


MC

21.リゾナント ブルー


もうこの辺はおなじみ。
最高のテンションで盛り上がるのみ。
最後はツアータイトルどおりリゾナントブルーです。

アンコール

昼夜共に緑サイで彩られてガキさんコール。
生誕情報を仕入れてなかったので、昼公演では自分にもサプライズに^^;
始めあやうく「アンコール」って言ってしまいそうだった^^;
会場の雰囲気が少し妙だったので、1テンポ待ってよかった^^;

EN1.雨の降らない星では愛せないだろう

今年のハローの曲の自分的ベスト。
歌詞もメロディも胸を打たれます。
こういう曲を作れるつんく♂はやっぱりすごいなと感じます。
ジュンジュンとリンリンの中国語パートを聴いても、2人とも
歌の基本スペックは決して低くはないんですよね。
やっぱりあとは日本語の発音だけが壁なんだろうなあと感じます。

MC

今までなら台本通りだったけれど、
川*’ー’)<暖かいガキさんコールありがとうございます!
と、言ってくれる愛ちゃんの機転。
嬉しいじゃないですか。

会場でハッピーバースデーを歌ったときには、スクリーンに
「誕生日おめでとう」のテロップ。
あー、スタッフもちゃっかり用意してたんだなと思いました(笑)

一人一人のあいさつの時にもとても嬉しそうなガキさん。
なんかみんな話し始める前に「ガキさん誕生日おめでとうございます」と
付けるのがお約束になってましたがw

EN2.青空がいつまでも続くような未来であれ!

最後の選曲としてはもう文句なし。
欲を言えばトレイン復活希望(笑)


春のツアーを、そしてコレまでのツアーを見てきて、秋はどうなるのかなと
思っていましたが、やっぱり娘。のライブは楽しい。

母親も昼公演が終わって会うなり開口一番に「すごく楽しかった」と
言ってくれました。
本当に楽しんでもらえたようで嬉しいです。
娘。たちに伝えてあげたいですよ。
衣装の作り方にまで目を向けるところとか、さすが主婦(笑)
帰りがけのガストでは、ヲタグループの気を感じ取れるくらいの
成長ぶり(笑)
今後は群馬公演があるときにはFC枠でファミリー席を申し込んでほしいと。

これからは群馬は毎回親子参戦か。
あはは…( ̄▽ ̄;)
関連記事
スポンサーサイト
* Category : レポート
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する