09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-03-01 (Thu)
ここしばらくは再びゲームも視野に入れて応募している。
自分がやってきたことは良くも悪くもゲームを作ることのみ。

今のソーシャルゲームを受け入れることができず、
ゲーム業界を離れるつもりでいたけれど、ゲームを作ること自体が
嫌いになったわけではない。

それに気になることもある。
もし…前社とは違う職場環境でソーシャルゲーム開発に携わったら
ゲームに対して感じるものも違うのだろうか…?

今まで書いてこなかったけれど、前社での人間関係は
自分はずっと信頼をしていた。
でも、ある時を境に上司と部下との間に溝が生じていったと思う。

信頼をしていた職場に溝が広がるというのは辛いものだった。
今まで聞く事がなかった上司への不満もよく聞くようになった。

それを上に指摘したことはあった。
しかし状況は変わらなかった。
上の人たちは微妙に流れる部署の異様な空気には
気付いていなかったのだろうか…?

もしもっと前向きに働くことができる職場で再びゲーム開発に
挑戦をしたら…。

今、自主的に研究のためにソーシャルゲームをプレイし始めている。
強制的にやらされていた感があった時よりも、
無心で触れることができて、今まで感じられなかったことを
感じられるようになったりしている気がする。

そんな中で、自分ならこうしたいという考えも芽生え始めている。
自分がゲームを作るときの信念としているのは、
遊んでもらうプレイヤーに楽しんでもらうこと。

ソーシャルゲームで課金をしてもらうのならば、
それに見合ったおもしろいゲームにしたい。

心理的な弱みに付け込んで課金をさせるのではなく、
課金をすることでより楽しいエンターテイメントを手に入れる
ことができる、そんなゲームにしたい。

今はまだ理想論かもしれないけれど、どうせやるなら
それを実現させることを目指していきたい。
関連記事
スポンサーサイト
* Category : ■ゲーム
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。