FC2ブログ
03≪ 2020/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-04-08 (Mon)
なんかね、すっかり開花宣言Finalのレポを書くタイミングを
逃してしまった感じで。

多分もう詳細レポは書けない←

でも今更ですが軽く感想を言えば…。
自分的には懐かしさを感じたイベントでした。

チーム曲にMIXのダンス、コント、ネタ、企画コーナー。
自分がつぼみを見始めた頃の開花宣言ってこんなだったよなあって。

最近ではマンネリ脱却を目指してなんでしょうが、
他の芸人さんを呼んだり、そのお陰でコーナーの数が減ったり
つぼみメンバーを見れる時間が減ったりしてました。
まさに本末転倒というやつ。

新しいことを取り入れていくことは必要だと思うけれど、
変えてはいけない部分もあると思うので、これから始まる
新しいイベントはよい方向に展開していってほしいです。

たみさんの「慟哭」ではまさかの涙というね。
まーぼうのこのシナリオ演出が心憎すぎる。
普段ならおおいに笑うところのはずなのに、
涙でステージがにじんでた。

各メンバーのあいさつでも、多分今回の卒業が一番泣けたな…。
一番つぼみに感情移入もし、好きな時に来た卒業。
じぇじゅん♀こそこれからも見れる可能性はあるものの、
たみさんときーちゃんとは恐らく永遠のお別れ。

泣かずにいられますか。


今日、ニコランをタイムシフトで見て…やっぱり寂しいね。
いつもいてくれた人がいない。

きよった、たみ終電、BL…そんなコメントが流れないニコラン。
ゲストのゆりやんの存在感に救われた感じ。


この1週間はりなんなんのことでいっぱいいっぱいで、
つぼみからは少し心が離れてた。

5月には新メンバーが入ってくるけれどどうなるのかな…。
場合によってはつぼみ本体のイベント参戦を減らし、
亜耶ちゃんやりなんなんのイベントに行くことをメインに
考えるようになるかもしれない。

でも握手会でも14日のイベントも行くよと
メンバーに声をかけたらすごく喜んでくれて…。

イベントに来てくれることが何より嬉しいということは
自分もよく分かっているから、そういう反応を見ると辛い。

5月のイベントを見て、流れに身を任せての判断に
なるかと思いますけれどね。

ただ今回の卒業で「出会いを大切にしたい」って思ったのは確か。
やっぱりもっと亜耶ちゃんを見たいし、りなんなんも応援したい。
今回の卒業みたいに、突然もう見れなくなってしまうってことも
ないとは言えない。

そんな時に「もっと見ておけばよかった」って後悔はしたくない。
そんなことを考えてる日々です。

snap992.jpg





今日ちょっと改めて「推し」を考える機会があった。

亜耶ちゃん、りなんなん…自分にとってどういう存在に
なってるのかな…。

交フェスからのりなんなんへの必死な思いは正直自分でも驚いてる。
冷静に考えればアイドルとはあかの他人。
りなんなんとだって変な言い方だけれど家族でもなければ
友達でもない他人。

それなのになんでこんなに必死になれるのか。

よくアイドルを推すって擬似恋愛に例えられるけれど、
じゃあそういう感情があるのかというとそうでもない。
りなんなんは好きですよ。
でもそういう「好き」じゃない。

身内ではないんだけれど、身内を応援しているようなそんな感覚。
親心のような感じなんですかね…。
もしくはかわいい妹を応援するかのような…。
シスコンかwww
とにかく放っておけないんです。

擬似恋愛って話を出したけれど、亜耶ちゃんの方がそっちに近い。
まあここは深く追求するとドン引きしそうな話になりそうだから
割愛します。

はっきり言えば亜耶ちゃんは好きです。
そういう好きですww←

ひとくくりに「推し」って言っても色々な「好き」がある。
深いな…。

だからこそ、この2人に会える機会をもっと増やしたいって
思うんですよね…。
関連記事
スポンサーサイト



* Category : ■現場活動
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する