07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-04-29 (Mon)
岐阜に続いての参戦。

今回もりなんなんを呼んでもらえたこと、
そしてFeamも出演するということで、西と東の両方の
推しが同じ会場に集まるという自分にとっては特別な公演に
なりました。

アメブロにも初登場させているので、りなんなんの説明をしますと、
りなんなんは元々吉本興業のガールズユニット「つぼみ」に
所属していて、去年卒業し吉本も辞めてフリーのアイドルに
なりました。

関東ではあらびき団などにも出演していました。

きゅるりんアイドルという世界観を持っていて、
ちょっと不思議な子ですが、今は一人でマネージャーもなく
大阪を中心に活動しています。

しず風ヲタさんのはからいで岐阜の交フェスに出演させて
もらったことをきっかけに、T!Pさんとも仲良くなり、
そこの社長さんのご厚意でちょっとずつ関東でも活動を
でき始めているところです。

関東での知名度はまだまだ低く、つぼみ時代から見ている
自分も何とかライブを見てもらおうと応援しているところ。

一人で関西と関東を行き来して、ボイトレやダンスレッスンにも
一人で通ってホントにマジメに頑張ってる子です。
そんな頑張っている姿を見ているから、何とか支えになって
あげたいのです。


さて、お昼のりなんなんの出演時間に合わせて開場入り。
そしたらフィーマーさん(Feamのヲタさんねw)も
他の出演者見るためにちらほらと来てた。
てことで、自作りなんなんTシャツ装着。
当然フィーマーさんにも驚かれるよねww

お昼のりなんなんはバーサスキッズと時間が被って
しまったこともあり、しず風ヲタさんがそっちに流れてしまい
正直厳しい現場になりました。

加えてりなんなんはオリジナルソング以外に、カバー曲を何曲か
いつも用意してくるのですが、なかなかそれがいつも聴いた瞬間に
こちらも対応をしていかなければならないので、臨機応変な判断が
必要とされるのです(^_^;)
今回の1曲目にはちょっと対応しきれなかった_| ̄|○

そしたら見かねたのかフィーマーさんが一人加わってくれてね…
一緒に頑張ってくれた。
いやマジで感謝します(T_T)m(_ _)m
自分が不甲斐ないばかりに…。

でもちょっと今回思ったのは、夜もそうだったのですが
りなんなんの声の張りがいつもよりもなかったなと…。
のどの調子がおかしかったとか、体調が万全ではなかったとか
何かあったのかな…(´・ω・`)

りなんなんの声量はあんなもんではないのでね、
せっかくフィーマーさんの目に入るところでも歌えたのに
その本来の歌唱力を伝えきれなかったのはちょっと残念だった。


そしてライブ終わって物販の時間までしばらくの間待機。
物販の様子見で1階ををうろうろしてたらりなんなんに遭遇w

2回目の遭遇では自分は携帯いじっていて気付かなかったけれど、
りなんなんの方から「おつかれさまです~」って声かけてきて
通り過ぎていって…w
知った顔の前を黙って素通りできなかったのか律儀な子だ(笑)
でもなんか嬉しいよね、こういうの。





物販も今回はなかなか厳しい状態。
いつも一緒に見てくれている数名と、バーサスキッズの
物販が終わったしず風ヲタさんなどがちらほら…。
あとはつぼみ界隈の人も1人来てくれた。

あとasfiも物販が被っていたので、近くに来たヲタさんにも
果敢にチラシを配りに行くりなんなん

今回りなんなんがデザインしたTシャツと
携帯クリーナー?が新発売。
・・・ということで購入。
ちなみにDVD発売告知のチラシ。

snap1002.jpg

Tシャツはお洗濯中なので今は写真なしw

今回物販にチェキがなかったのが厳しかったかな…。
チェキカメラがないと撮ってはいけないとか
色々規制あるみたいで…。
りなんなんはチェキカメラ持ってないのでね。

チェキはうまくやりくりすれば一番収入につながる
所なんですけれどね…。
チェキだったら知らないヲタさんでもとりあえず記念に1枚
撮っておくかと入っていきやすいと思うし。

チェキカメラは高くて手が出ないと言っていたりなんなん
なので調べてみたけれど…。

http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/camera/cheki/index.jsp

いや…頑張れば買える価格(・_・;)
ちょっと無理しても、この価格なら物販でチェキ発売すれば
すぐに取り返せるでしょ。

なかなか厳しい物販だったけれど、
りなんなんも一生懸命売ろうと頑張ってた。

それでも物販終わりの時間には人も…ゼロ…。
自分がいなくなってしまったらね、本当にゼロになっちゃうので
いつも最後まで見届けているけれど…。
やっぱり一人グッズを片付けているりなんなんを見ると…
ちょっとさびしそう…。

「また夜のライブでね」と言っていったんりなんなんとはお別れ。


開場を一時離脱してカフェで一息ついてFeam出演時間まで待ち。
しかしだいぶ時間が押してました。

りなんなんがお世話になってるので、Feamの2つ前の
T!Pのライブにも注目。
あれ?この間見たのとメンバーが違う?(^_^;)
ピンクのさゆ似の子とかいなかったっけ?(笑)

とりあえずはゆうかりんの声がライブと物販で
トーンが違うことに…w
物販ではもっとサバサバしてた気がする(笑)


で、1時間押しくらいでFeamの出番。

もう少しだけあと少しだけ、、、
SWAN SONG
銀河のKISS☆☆☆
シアワセの連鎖反応


ちょい懐かしめの曲を中心のセットリスト。
何か抜けてたり順番違ってたらごめんなさい(笑)
「SWAN SONG」は久しぶりに聴きましたね。
Feamに行けてる回数は多くはないけれど、案外振りも忘れずに
覚えているもんです。

そして物販。

毎回のデジカメ撮影。
ツーショットチェキはチェキカメラじゃないとダメだけれど
こういう撮影はOKなこの違いって何なんだろうね?

そしてなんでりなぺはいつも血色悪く写ってしまうのか…orz

snap999.jpg

snap1000.jpg

snap1001.jpg

握手会では眠いを連発していたらしいリーダーさんw
確かに自分も「ライブ中に寝ちゃうかも」って言われたなw

チェキは次の物販もあるので1枚Yukiと。

snap997.jpg

敬礼が敬礼っぽいと言われたんだけどw
そういえば女の子って敬礼するとき親指が伸びる傾向があるw
自分は空手の癖で敬礼の手が手刀になってしまってる
だけなんですがねw
てゆーか村長って敬礼なのか?ww


1回目のライブ終わり、2回目もすぐ始まるという話だったけれど、
やっぱり時間押しててしばし待ち時間。
その間にしず風のバンドライブも少しだけ見れた。
やっぱり生バンドいいですよね。
ものすごいパワーを感じた。

で、途中だったけれどFeamが始まる予定の時間に階を移動。
しかし押しててまだ始まらない。
なのでそのまましばし待機して2回目開始。

君の未来を愛してる
Dear Children
未来の作り方
アキラメナイキモチ
The future world of Feam


2回目はフィーマーさんの身内いじりがすさまじかったなw
でもたくさんの人を巻き込んで盛り上げていくフィーマーさんの
パフォーマンスにはいつもながらすごいと思います。
ある意味あこがれますわ。
自分ももっとりなんなんのライブでうまくできたらなあ…。

そしてまだこれから朝まで頑張らねばならんというのに
ボロボロにさせてくれるキラーセットリストww
終わったときにはグッタリきてましたw

握手会でまいちーから聞いたけれどYukiリストだったらしい。
サドっ気あるリーダーだなあw
Feamで全て燃え尽きてしまいなさいということかw


2回目の物販では握手会でりなぺとYukiにりなんなんの宣伝w
あー、カミングアウトしちゃったww
きゅるりんアイドルと仲良くしてあげてねと伝えたけれど、
実際ライブの時間が離れすぎてたし、会える機会はなかったよね。

りなんなんにもFeamというユニットをよろしくと
伝えておいたんですけどね。

で、チェキは全員と。

snap998.jpg

なんか耳引っ張られましたがw
そしてTシャツ着替えてしまい、黒トレーナーだったので
絵が真っ黒になったw
チェキ渡してくれたのがまいちーというのもなんか新鮮だったな。


Feam終わったあと、いったんコンビニへ食料調達に行って
少しだけ空腹を満たして戻ると…。

セットの転換でりなんなんがゆるしてにゃん踊ってたww
しず風ヲタさんに囲まれてね、なんかすごく嬉しそうだった。

自分が求めてるのはこういう光景なんですよね。
りなんなんを温かく見守ってくれたり、好きになってくれたり
してくれる人が増えてくれることが嬉しいんです。
この瞬間は開場がすごく暖かい空気に包まれていました。


さて、そこからまたりなんなんの2回目のライブまで待機。
DJタイムでスッペシャルジェネレーション踊ったりw

りなんなんの出番のちょっと前に出てた桃杏めるという人。
この人についていたヲタもTシャツ着てた人1人。
なんか自分と同じ境遇を想像してしまってね、
頑張ってあげたくなっちゃいますよね。

でもりなんなんと決定的に違うのはやはり曲がバリバリの
アイドルのノリで説明なしで入っていきやすいこと。
こういうのは強いですよね。

りなんなんの曲も「りなんなんこんなんなん」とか
もう少しでノリが完成できそうな惜しいところまで
来てるんですけれどね。
まだまだ曲のこの部分ではこうしてねと説明が必要な
曲が多いですよね。

で、りなんなん2回目のライブ。
2回目はお昼よりもたくさんの人が見てくれたし、
一緒にきゅるりーんとやってくれたりして嬉しかった。

2回目のライブが終わったあとにね、「すげーな」っていう
声を聞いたんですね。
多分りなんなんワールドに唖然という感じだったのでしょうけれど
でもそういう何か心に感じてくれたものがあるなら嬉しいです。
何も感じるものがないことが一番悲しいですからね。


りなんなんの出演も全て終えて、最後締めのしず風のライブを
見るために朝まで頑張っていたのですが…ここに来て体力が限界に。
一度は心が折れて駅まで向かったのですが…
何か引っかかるものがありとりあえず朝飯食べて体力回復して
再び開場へ。

そうしたらちょうど残った出演者全員で最後のあいさつを
しているところでした。
りなんなんもステージに立ってた。

そして全員での集合写真。
岐阜に引き続き皆できゅるりんポーズ。
嬉しいです、ありがたいです。
本当にありがとうございます。

snap1003.jpg

写真はツイッターから拝借。
多分分からないと思ったけれど、念のため加工しておいたw


全て終わって出てきたりなんなんをお見送り。
ゴミ袋持って出てきたりなんなんw
自分のゴミはちゃんとお持ち帰り。
ホントマジメな子だよね。

交差点でモノレール方面へと歩いていったりなんなん。
自分はJR方面なので逆方向。
帰途に着き交差点で今一度歩いていくりなんなんの
後ろ姿を見守り…。

日傘を差しててくてくと歩いて行く姿がかわいらしく、
朝日の中に消えていく光景が何だか幻想的でした…。
その姿は天使のようでもあり、朝日の先にきゅるどーる村が
何となく見えた気がしました。

あの光景は忘れない…。


Feamとりなんなんが一緒に出演してくれた今回の現場。
楽しかったしすごくいい思い出になりました。

でも自分もまだまだと感じた現場でもありました。
今までどれだけしず風ヲタさんだったり、T!Pヲタさんだったり、
その他たくさんの人たちに助けてもらっていたかを思い知りました。

お昼のライブだってあそこでフィーマーさんが
入ってきてくれなかったらどうなっていたか分からない。

自分で言うのもおこがましいけれど、あの会場の中では
自分が一番りなんなんのことを分かっている存在だと思いたいし、
あのTシャツを一人着ている以上、周りからだってそういう目で
見られていると思っています。

そんな自分がライブ中に戸惑ってしまっては
周りを巻き込むことだってできないし、
りなんなんにだって申し訳ない。

戸惑うことと、りなんなんに振り回されることって
違うと思うんですよね。

昨日のライブで1つヒントになることがありましてね、
2回目のりなんなんライブでの「南海ダイブ」。

サビでいつものりなんなんのアドリブで「右へ」「左へ」と
ヲタを煽るりなんなんとそれに合わせて左右に移動するヲタ。
そしたら最後に「後ろへ!」って来たんですね。
「ええっ!?後ろ!?」ってなりますよね。
でもりなんなんは戸惑うことなくステージ奥へ走って行っちゃう。
で、ヲタもとりあえずステージと逆の後ろへ走る。

これって戸惑っているのではなく、りなんなんにうまい具合に
「振り回されている」んだと思うんですよね。
でも結果皆の頭に「?」が浮かびながらも不思議な
盛り上がりを見せる。

これってりなんなんのライブの盛り上がりのカラーの1つに
なるんじゃないかって思うんですね。

りなんなんのステージでのパフォーマンスって
あちこちにアドリブが混じっているから、
そのアドリブがはまった時には通常以上の盛り上がりを見せるし、
芸人風に言えば滑ってしまえばヲタが戸惑ってしまう。

でもそこを滑ったように見せずにフォローするのも
今の自分の役目なんじゃないかって思ってます。
とにかくりなんなんが発信するものをちゃんと受け止めて、
必要あればツッコミを入れてあげたりしていかなきゃ
ならないんだろうなって感じてます。

りなんなんもまだまだな自分を感じたと言っていたけれど、
それはこちらも同じ。
一緒に経験をつんでいって、りなんなんらしいライブを
作り上げて行きたいです。

そしてFeamはやはり純粋にライブを楽しめるのでね、
これからも思いっきり楽しんで、盛り上がりたいです。
そんな中でりなんなんライブでもこうしたほうがよいかもと
気付けることもあるかもしれないですしね。

りなんなんはまだ「次」の関東でのライブの確定情報はないけれど
またいつか会える日を楽しみにしてます。
そして今回も関東に来てくれてありがとう。

Feamも行けるときには行きたいですのでね。
これからもよろしく。


ああ、これでFeamさんたちにも自分がどういうヲタなのか
少し掘り下げて分かってしまったかな(笑)
関連記事
スポンサーサイト
* Category : ライブ・イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する