09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-09-15 (Sun)
さて、だいぶ時間が経ってしまいましたが、
この間の関西遠征について書きとめていきます。

まずはりなんなん関係のイベントから。

7日は京都でのライブ。

snap1051.jpg

ローカルアイドルの出演が多かったのかなあ。
アイドル自体についているヲタの数もそんなに多くなく、
(平均5人くらい、多くて10人行くかどうか)
ライブ全体でも昼夜ともにあんまり人がいなかったですね。

トップバッターでは誰かの代わり?で急遽出演で、
その日1日限定でのアイドルという子が登場。
1日限定だし、当然ヲタなんて着いてない…。
お昼は結構歌詞や振りも間違えてしまったようで、
歌い終わったあと逃げるようにはけて行ったのが
いたたまれなかった( ;´Д`)

なんで出演する経緯になったのかは分かりませんが、
そういう子に優しいヲタもいるわけで、夜のライブでは
結構前方にヲタが集まって見てた。
気がついたら自分も最前に置かれてましたが(^_^;)

でもま、1日限定アイドルでもライブステージに立ったこと、
そして1日限定でもヲタがライブステージを見てくれて
盛り上げてくれたことが、その子のいい思い出になって
くれればと思います。

自分もそれを願いながらステージを見てました。





それから松竹芸能からの2発目のアイドルという
ユニットも出てました。
まだ持ち歌が少ないのか、娘。の曲を多数カバーしてた。
昼夜で歌った曲は、「気まぐれプリンセス」「ペッパー警部」
「みかん」「なんちゃって恋愛」。
世間ではプラチナ期と言われてる時期の曲がずらり。

こちらもヲタは皆無だったのですが、やっぱり娘。の曲というのが
強いところで、夜には10人くらいヲタが集まって
盛り上がりましたかね。
自分も久しぶりで娘。の曲を楽しみました。
案外振りや掛け声を覚えているもんですw

しかし惜しいのは物販がなかったことで。
売るものがまだないからなのか、事務所の方針なのか。
駆け出しだからこそ物販をやって、早くたくさんの人に
覚えてもらうことが必要じゃないかと思うんですよね。


あとはTAKE OFFというアイドルさんのライブで
一緒に盛り上がらせてもらったり。
なんか成り行きでそういう流れになりました(笑)


さて、りなんなんですが、お昼と夜で持ち歌を全て披露。
りなんなんを初めて見るという人はそんなにいなかったらしく、
7~8人くらいは集まって見てくれたのかな…。

1人すごく頑張ってくれたヲタさんがいて、心強かった。
りなんなんもライブではしっかり歌い、ダンスもこなして
アドリブの動きを入れたりもしてる。

でもやっぱり最近気になるのはMCでの後ろ向きな発言。
ふとしたときにポロッと出てしまうそんな所に、
不安や悩みを抱えていることが感じられます。

頑張ってくれてたヲタさんにも「ありがとう」ではなく
「すいません」と言ってしまったのも、
裏を返せば「こんな私のためにごめんなさい…」みたいな思いが
言わせてしまったのかなと思ったり…。


物販はなんだろう、どこのアイドルさんのところも
ずいぶんまったりしてた感じだったかなあ。
ヲタがあんまりあっちこっちの物販へ行く感じではなく、
大体自分の本推しアイドルさんのところで留まってる感じ。

りなんなんも…正直今回は厳しかった。
昼夜通して、物販に来てくれたのは自分と、
つぼみ関係のヲタさんが1人ずつ、それから1人りなんなん
初めて見てくれた人なのかな…?来てくれました。

物販のりなんなんは…かなり疲れきった様子だった…。
不安と悩みしかないんじゃないかと思えるくらい。
りなんなん、終始目に涙を浮かべてたと思う。
それは嬉し涙ではなく、きっと悔し涙…そして不安から来る涙…。

幸か不幸か、お客が少なかったことが、逆にりなんなんとたくさん
話をすることができたけれど…、自分は特にお昼の物販の時は
りなんなんにたくさんの想いを伝えたつもり。

何よりりなんなんの歌声をもっとたくさんの人に
分かってもらいたいと。
自分自身でもちょっと熱くなって泣きそうになってたかも。

物販終わりに「明日(難波)はもう少し元気に
なってると思います」と言ってくれたのは救いだったけれど…
娘。でメンバーの卒業発表か何かでも聞いたときのような、
複雑な気持ちで京都でのライブを終えました。



明けて翌日、京都から京阪線で大阪へ。
帰りの新幹線の切符購入とか所用を済ませてタワレコ難波店へ。

DVDの売り場に行ったらりなんなんがチラシを配ってる!
いきなりでビックリしたし、でもイベント前にこうして
りなんなんに会えたことはすごく嬉しかった。

普段は写真を撮ったりはないのですが、
この日は特別に撮らせてくれた。

snap1053.jpg

イベントに集まってくれたのは、つぼみ界隈の方々がたくさん。
久しぶりの集客に嬉しすぎた。
りなんなんの公式Tシャツを着てた人もいたから、
ライブでりなんなんを見て、イベントに来てくれたんじゃないかな。

イベントのりなんなんは終始嬉しそうだった。

懐かしいつぼみ時代のファンの顔ぶれ。
たくさん集まってくれた人たち。
温かく見守ってくれる人たち。

MCでもお客さんをいじったり、りなぐるみちゃん登場したり、
大切なりなぐるみちゃんをポイ捨てしたり(笑)
久しぶりのりなんなんワールド。

自分もたくさん笑ったし、楽しんだ。

イベントの終わりには、参加者との集合写真。
一応お顔は自主規制w

snap1055.jpg

そして今回のDVD購入特典のツーショットチェキ。

snap1050.jpg

チェキって自分にとっては思い出作りなんですよね。
ただ単にアイドルと同じフレームに収まりたいのではなく、
その子と間違いなく同じ時間を同じ場所で共有したんだという証が
形として残るもの。

だから大切にしたいんです。



笑顔のりなんなんが見れることが嬉しい。
大阪ではこうした懐かしい面々が見に来てくれる。
名古屋でもりなんなんを見てくれる人は結構いると思う。

ライブ単体で見ても交フェスなどでは、
りなんなんを見てくれる人はたくさんいると思う。

でもそれらを離れると必ずしもまだ盛況とは言い切れないライブ。
りなんなんも決して順調な道のりを歩いている訳ではないんです。

だからりなんなんを知っている人にはできるだけ
ライブに来てほしいといつも思ってる。

ライブでの出演時間は30分にも満たない。
他のアイドルも知っているアイドルはいないかもしれない。
そんな状態で4000円前後のチケット代を払って
見に行くと言うのもかなりハードルは高いと思う。

それでもできるだけたくさんの人に見に来てほしいと思ってます。
多分今、ライブではりなんなんも悩みや不安がピークに
来てると思う。

いつもきゅるりーんって言って、何事にも動じないような子が、
自分たちの目の前では笑顔を見せてくれてるりなんなんが、
一番好きなはずのライブの時にうっすらと目に涙を
浮かべているんです…。


何度だって言いたい。

自分はりなんなんがどれだけ一人で頑張って、ボイトレもして
歌唱力もつけて、ライブ会場にも一人で通って…その努力が、
歌唱力が、頑張っている姿のかわいらしさや健気さが、
もっとたくさんの人に伝わってほしいです。

最初の見た目はなんだかおもしろかわいい感じなのに、
歌を歌うとすごくうまい。
そしてその裏には歌に対する真剣な思いや、
納得行く歌を聴かせるための努力がある。

見た目だけでなく、その先にあるものをもっとたくさん
感じてもらいたいです。


りなんなんの辛そうな顔を見るのは自分も辛い。
りなんなんにはいつも笑顔でいてほしい。

りなんなんの周りには、自分なんかよりもりなんなんの事を
理解してくれる人がたくさんいると思う。
でも自分はしょせんは一人のヲタでしかないけれど、
ヲタの中ではりなんなんの事を一番に理解してあげられる
存在でいたい。

だってこんなにもりなんなんは頑張っているんだもの…。


でも、不安や悩みがある時には一人で抱え込まないでほしいです。
周りの話せる人にちゃんと相談をしてほしい。
無理だけはしないでほしい。

またつぼみの時のようになってしまったら…どれだけ悲しいか。


笑っているりなんなんは、りなんなんが思う以上に素敵な笑顔です。
これまで見せてくれたりなんなんの笑顔には、
自分も本当に癒されたし、かわいくていいなって思いました。

この間は病気のためにイベントをお休みしてしまい療養中だけれど
また元気な姿をライブで、イベントで見れる日を待ってます。


僕はしっかりとりなんなんの事を見ているし、
これからもついていくから!
関連記事
スポンサーサイト
* Category : レポート
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。