FC2ブログ
09≪ 2019/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-02-02 (Sun)
早くても2月になると思っていた上京後初ライブ。
意外にも1月のうちに実現!

しかしその数日前に微熱を出していた自分。
行けるかどうかの瀬戸際でしたが、何とか回復して無事参戦。

始めはりなんなんに優しいしず風&絆ヲタの皆さんもいるし、
万が一体調が回復しなかったら…と思ったりもしましたが、
行って…よかった…という安堵が正直な気持ち。



前日、りなんなんの出演時間を聴くと、昼夜ともトップバッター。
これはかなりなプレッシャーになりました。
ああいう対バンライブでの開幕直後の人の少なさは
よく分かっているから…。

案の定、昼夜ともに集まったのは10人程度…。
前まで来て見てくれたのはホントに数人…。
お昼は自分以外でりなんなんを知ってくれていた人はゼロ。

それでも夜はりなんなんを見るために来てくれた人が
もう一人いてくれたのは嬉しかった。


・昼の部セットリスト
りなんなん こんなんなん
南海ダイブ
ノンノン りなんなん

・夜の部セットリスト
アクアマリーナ
そよ風の魔法
かぼかぼかぼちゃん


昼の部はりなんなんワールド全開のセットリスト。
夜の部は一転して聴かせる曲を2曲。

昼にりなんなんがどんな子かを分からせて、
夜にギャップを持ってくる。
昼夜両方見るとそんな風なセットリストにも見えてくる。

やっぱり夜のライブをもっとたくさんの人たちに
見て欲しかった。
りなんなんの歌唱力を一番伝えられるセットリストだったから。

東京での知名度…というか、あらびき団にも出ていたし、
決して知名度は低くないとは思う。
多分今知られていないのはりなんなん自体の知名度というより、
あらびき団以降もこうしてアイドル活動をしていることが
まだ知られていないというのが現状なのかなと。

トップバッターということで、人が集まりにくいのは
ある程度は覚悟はしていたけれど、実際目の当たりにすると
結構堪えるものがあります…。

そんな中で、この間の単独で初披露した新曲の
「かぼかぼかぼちゃん」。
聴いたのは2回目ですが、アップテンポの楽しい曲だし、
応援する側もライブで色々とできそうな可能性を感じました。
これYoutubeで動画アップとかしてほしいなあ…。

今はまだCDがないから、Youtubeとかでしっかり聴きこんで
ライブにも臨みたい感じです。


物販もなかなか人が集まらず苦戦でしたが、
それでも気になった人はちょっと覗いてくれたり、
ライブを見た人が「カボチャの人だ」って覚えてくれたり、
嬉しかったこともありました。

単独のときに買ってなかった2L版の写真を購入。

snap1127.jpg


上京初ライブ、なかなか厳しいスタートだったというのが
正直な気持ちです。

東京で「一人で」ライブをしたのもまだ数回程度。
その上今回のようにトップバッターともなれば、
人が集まる条件的にもかなり厳しい。

でもまだ始まったばかりだし、まだまだこれからだと思うし、
たくさんの人にりなんなんのライブを見てもらえるように
なっていってほしいです。

人を集められるライブってやっぱりアイドルだけの魅力じゃ
ないんですよね…。
そのアイドルを応援しているヲタの存在も重要。
ライブを見ている人たちはアイドルだけでなく、
ヲタのこともしっかり見ているんですよね。

応援するヲタが楽しそうに盛り上がっていると、
自分もあの中に混じりたいと思って、自然と人が増えていく。
自分にはまだそこまで人を引き寄せられるスキルはないようです…。

でもヲタとして頑張れることは頑張ってやっていきたい。
ライブでは盛り上げられるような努力はしたいし、
物販でもヲタ目線、ファン目線からの、りなんなんにアドバイスが
できるようなことがあればしていきたいです。

この間もりなんなんにヲタとファンは違う…
という話をしたけれど…。
多分りなんなんはまだ違いが分かってなかったのかな。

説明するのはなかなか難しいけれど、
明らかに違うと思うんですよね。

感覚的な話になってしまうけれど、
多分ヲタってファンよりも応援してる子の力になりたいって
思う傾向が強いんじゃないかと。

例えばファンはCDを自分が聴くために買うけれど、
ヲタはそれだけでなく、自分が買うことで応援してる子の
CDランキングが上がったり、収入が増えるから
頑張ってたくさん買う…とか。

ライブでもファンはアイドルが発信する歌やダンスを
受け止めるのみだけれど、ヲタはそのライブを自分が盛り上げる
力になるという使命感みたいなものを持つ傾向があるとか。

ライブに行く行動だって、ファンは多分自分の生活圏内で
行ける機会があればライブに行くけれど、
ヲタは大阪だろうが北海道だろうが九州だろうが、
行く気になればどこにだって行く。

究極を言えば、自分のためにお金を使う感覚なのがファン。
アイドルのためにお金を使う感覚なのがヲタ。

やっぱりヲタとファンって決定的な境界線があると思う。

そして多分アイドルにとって増えていくのが
ヲタだけでもファンだけでも充実した活動はできなくて、
ヲタとファンがバランスよく増えてくれると活動も充実して
いくんじゃないかと思うのです。

自分はりなんなんはファンは絶対にたくさんいると思うんですよね。
あらびき団で好きになった人も多いと思うし、
見た目が小さくてかわいいから(りなんなんいわくマスコット的)、
女の人のファンも獲得しやすいと思う。

ただやっぱりりなんなんには今は「ヲタ」が少ない。
なんとかもっとりなんなんの力になりたいって思ってくれる
ヲタがもっと増えてほしい…。

そういう状況、りなんなんの周りで分かりやすいのは、
まさにつぼみと早希ちゃんなんじゃないかな…。

つぼみを応援してる大部分は「ヲタ」で、もっとライトなファンを
増やせなかったから、今お客が増えず結構苦戦している。

逆に早希ちゃんは無名時代はヲタしか
ついていなかったかもしれないけれど、ロケみつで知名度が上がり
ファンをたくさん獲得して、ヲタとファンのバランスが
ちょうどよくなりあれだけブレイクできた。

そしてファンを増やすのってアイドルの努力だけでも
できるかもしれないけれど、ヲタを増やすのって
アイドルの努力だけでなく、ヲタ同士のつながりとか、
ヲタ自身も布教活動をやっていかないとなかなか増えないのかな…
とも思ったり。

だから物販の最後でりなんなんに「僕も頑張る」って言ったのは
そういう意味も含めてなんですよね。
ヲタが頑張らないと人を増やせない面もあると思うから。

やっぱり…まずはライブで一緒に盛り上げてくれる人が
一人欲しいな…。
2人になれば応援スタイルにも幅ができると思うし。


りなんなんからは今後も全然予定が未定なんてことはなく、
告知などもできるタイミングを待っている状態で、
スケジュール自体は入っているようなので、
それは嬉しい限りです。

やっぱり次はまだ未定ですって言われるよりも、
次の告知待っててくださいねって言われるほうが
当然嬉しいですもんね。

東京でも徐々に徐々に、りなんなんに協力してくれる
スタッフ同士のつながり、りなんなんを好きになってくれる
ヲタ同士のつながりが広がっていってくれることを願いたいです。
関連記事
スポンサーサイト



* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する