09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-04-30 (Wed)
snap1157.jpg

行けないかなと思っていたけれど、事がうまく回って名古屋遠征。
3日前の決定だったけれど、無事にぷらっとこだまも宿も確保できました。

名古屋には一緒にライブを見てくれる人たちがいますからね、
やっぱりそういうライブには行きたい。

名古屋には少し早めについたので、先に宿のチェックインして
会場の大須RADへ。

そしたら会場ではまだ前のイベントの物販が終わってなく、
しばらく外で待機。

そしたらちょうどりなんなんとコニーちゃんが。
コンビニ行くとこだったらしいけれど、二人とも衣装のまま、
(りなんなんは変身したままw)外に行くの?(笑)
 

 
 
さて、前の物販終わるのまだかな~なんて待ってても一向に終わらず。
もう開演時間になるじゃんと思いつつ、会場の奥を確認すると…

ライブスペース隣りじゃん…orz
もう普通に開場してるし…orz
ライブスペースと物販スペースで部屋が違って離れてるとか
初見さんには分かりません(T_T)

とりあえずまあ無事に入場して、名古屋のきゅる愛好者さんに挨拶。
…というか会釈ww

久しぶりだったので、安定の人見知り発揮←

りなんなんは前物販だったので、ライブ始まって間もなく物販へ。
まだ買ってない素朴なお顔のアップ写真を購入(*´ω`*)



りなんなんは名古屋のきゅる愛好者さん(♀)が来てくれた事が
本当に嬉しかったようで終始笑顔。

りなんなんのこんな笑顔、楽しそうに話すりなんなんを
久しぶりに見れて自分もホッとしました。

しかし、話の流れの中でりなんなんから
「(きゅる愛好者さん(♀)が)かわいいですよね」と
振られたけれど、いきなり言われても対処に困る(笑)

アイドルには面と向かってかわいいって言えるけど、
普通の女の子に本人いる前でかわいいとか恥ずかしくて言えません(笑)

まあそれは置いておいて←

途中、ライブ会場の方が気になったので、
ちょっと見に行きましょうかということになり、
りなんなんときゅる愛好者さんと自分と3人でウロウロ…

そしたらライブ会場にきゅる愛好者さんのヲ友達(♂)がいたので
物販再開しましょうということになり、今度は4人でウロウロ…

何このアイドルと一緒に会場内ウロウロしてる状況ww
友達か!www
なんか幸せだった(*´ω`*)

こういうりなんなんのフワフワした感じがたまらなく好きなんです。

ライブの出番がすぐだったので、物販の時間は短めだったけれど、
すごく楽しい時間を過ごせました。


そしてその後はライブ。
まずはりなんなんの1つ前に仲村コニーちゃん登場。

新曲のストロベリー…なんだっけ?(^_^;)
これがいい曲で気になってたら、パトレイバーでまのえりさんに
曲作った人に曲を提供してもらったらしい。

でもダンスのステップがなんか曲のテンポとズレてるのは
やっぱり気になっちゃう(^_^;)


そして続いてりなんなん。

自分ときゅる愛好者さん前へ。
やっぱり隣にりなんなんTシャツがもう一人いてくれるのは安心する。

前奏に合わせてりなんなん登場!
…って、あれなんかいつもと違う!?
まさかのスマイレージ!

封印したのかと思うくらいずっとハローの曲を歌わなかったから、
これには正直驚いた。

でも自分はハロヲタだったけれど、ほぼ娘。一筋だったので
いきなりのスマイレージにはほとんど対応できず(^_^;)

たぶん隣のきゅる愛好者さんと後ろのギャラリーの皆さんの方が
対応できてた(笑)

でもこれがある意味いい選択にもなったのかな?
やっぱりハローの曲って安心感あるから、
見てくれる人を集められるんですよね。

後ろで見ていた人も聴いたことのある曲に「あっ!」って思って
前に来てくれることもある。

最初のつかみとしては成功だったかもしれません。

そして2曲目「かぼかぼかぼちゃん」。
今回はきゅるりんコールもジャンプも、自分がやってみたかったこと
全部入れ込むことができました。

後ろからもきゅるりんコールに反応してくれて嬉しかった。
終わってみたら軽く息切れ状態。
やっとりなんなんの曲で息切れできる応援スタイルが
確立されました←

でも「かぼかぼかぼちゃん」はホントみんなで楽しく盛り上がれる
曲だと思うので、これからも盛り上がってくれると嬉しいです。

最後は「微笑みの街」。
見てくれていた人たちが皆りなんなんの歌声に
耳を傾けていてくれた。

ライブハウスは必ずしも盛り上がるだけの所じゃない。
じっくり聴かせる曲にはみんな静かに聴き入る。
ライブハウスにまで来てライブを見る人たちって
ヲタであってもそうでなくても、根本は「音楽が好きな人」だと
自分は思ってる。

だから盛り上がるのとはまた別の、「聴く」という一体感がでるのも
またいいなって思うんです。


ライブが終って振り返ると、想像してた以上の人が見てくれていた。
いつもよりも大きな拍手だったように思えた。
だから自分もいつもよりも一段階声を大きくして
「ありがとうございます!」と見てくれた人にお礼を言った。


りなんなんのライブが終わった後、コニーちゃんの物販にも軽く顔出し。
特に何か買うでもなく無銭がっつきになりすいません(^_^;)

りなんなんは帰り支度すませて、なんか会場行ったり来たりしてたので、
バイバイ言ってお別れ。

ライブは最後まで見て帰りました。


ライブ全体の感想では、名古屋は東京と比べて
アーティストの出演が1組で少なかったので、
もうちょっと増やして欲しかったかなと思いました。

出演者のバランスは東京の方がよかったかもです。

でもりなんなんは、ライブも物販も名古屋の方がキラキラしてた。
こういうりなんなんを見るのは本当に久しぶりです。

やっぱりりなんなんの笑顔を見れると安心するんです。


そして今回ハローの歌を歌ったこと。
自分は作戦としてはそれもありだと思ってます。

ただのカラオケになってしまうなら歌わない方がいいけれど、
りなんなんは他の人の曲をカヴァーしても、ちゃんと自分なりの表現で
歌うことができる子だと思っているから。
大好きなハロプロの曲ならばなおさら。

ハローの曲って人を呼び込む力があるから、例えば人が集まるか
不安なライブだったりで1曲目に歌えば効果的だと思うんです。

りなんなんはオリジナル曲をそれなりの数持っているし、
最終的にはもちろんオリジナルで勝負してもらいたいけれど、
作戦としてハローの曲を持ってくるのは自分はありだと思う。

あくまで一つの「作戦」ですね。
人が集まるか本当に不安な時…そんな時の最後の切り札の作戦。
つかみがOkになった所で、オリジナル曲でりなんなんの真の魅力を
見せられれば…。

そんなやり方もありなのかな…と思いました。

もちろん自分個人の思ったことなので、りなんなんはりなんなんの思う道を
突き進んでくれればよいです。


でも今回みたいに、みんなが笑顔になれるライブがもっともっと
増えていってくれると嬉しいです。

お会いしたきゅる愛好者さん、一緒に盛り上げてくれた他界隈の皆様、
ありがとうございました。

りなんなんもありがとう(*^_^*)
名古屋まで遠征してよかったよ。
また近々、東京で会おうね!(笑)


2日目にフラッと行った水族館w
おわり(笑)
snap1156.jpg
関連記事
スポンサーサイト
* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。