07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-26 (Mon)
今回は東京女子プロレスでのライブパートに出演のりなんなん

いやあ、色々なイベントに出てくれて、自分のヲタスキルも
どんどんと上がっていく気がしますね(笑)

この東京女子プロレスさん、多分Feamとの絡みもあるのかな?
いつかりなんなんとFeamが一緒に出演してくれたら
嬉しいなあ~なんて思ったり。


会場はライブハウス…という感じではなかったけれど、
都内の地下にあるイベント会場という点では、
いつもライブに行っているのと同じ感覚。

でもやはりお客さんはプロレスファンでいっぱい。
しかもTシャツも着たりしてて、結構ガチっぽい!
なので今回は入場前からヲタオーラだけでなく、なんとなく空手の気力の方も
高めてしまっていた気がする(´▽`;)
勝手に気後れしちゃいけないと思い込んだりして(^^;)

しかしやはりあの「アイドルライブにヲタ一人」の経験は伊達ではなかった!
たくさんのプロレスファンの中、一人りなんなんTシャツに着替えて待機。
あの経験なかったら、今回は普段着のまま応援しようかな…とか思ってたかも。
ハート強くなったなあ~…(´▽`;)

そして自分は立ち見だったけれど、各座席にはりなんなんのチラシ。
やるな…!

snap1168.jpg




今回のイベント内容。

えーりん VS 中島翔子(10分1本勝負)

純情トロピカル丸ライブ

ケンドー・リリコ 坂崎ユカ VS 山下実優 KANNA(15分1本勝負)

りなんなんライブ

木場千景 VS のの子(15分1本勝負)



開始前に坂崎ユカ選手と中島翔子選手による前説あり。
え~と…お笑いライブか何かですか?(笑)
やっぱりプロレスラーというのはキャラクターが濃いですね(笑)
笑いも取りつつ、イベントの説明などをしてくれました。


■第1試合 えーりん VS 中島翔子

えーりん選手はアイドルがそのままプロレスラーになったような選手。
ちょっとポワ~ンとふわぁ~っとしてて、この子が本当に戦うのかといった印象。
対する中島翔子選手はキャラクターが芸人みたいでおもしろい(笑)
それぞれのプロフィールを見てみると…

えーりん選手
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/1083.html

中島翔子選手
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/153.html

アイドルタレント出身に吉本出身…。
そのまんまだったのね( ̄▽ ̄;)

しかし試合になればどっちも戦闘モード。
小柄な中島選手に、細身のえーりん選手。
技の重さとか、まだこれからというような部分はありましたが、
積極的に攻めていた中島選手が3カウント奪って勝利。


■純情トロピカル丸ライブ

ヲタさん来てないのかなあ~と思ってましたが、2、3人くらいいました。
Tシャツ着ていなかったみたいで分からなかった(^^;)
メンバーもっとたくさんいるのかと思ってましたが、4人なんですね。

ライブを見たのは初めてだったかなあ。
まだ絶賛成長中という感じがしましたかね。

最後ヲタさんに手をつないでバンザイを促されましたので
「「\( ̄▽ ̄)/\( ̄▽ ̄)ノ」で終了。


■第2試合 ケンドー・リリコ 坂崎ユカ VS 山下実優 KANNA

第2試合はタッグマッチ。

ケンドー・リリコ選手は入場の際に新体操のリボンのパフォーマンスをしたり
なんとなく何かどこかで見たことあるようなデジャブを感じた選手。
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/986.html

アニメ声の坂崎ユカ選手も芸人出身。
ゲーマーならその名前に「ん?」と思うわけで、プロフィール見ると、
出身地がサウスタウン。
あ~…( ̄▽ ̄;)
勝つと「よゆうっチ!」って言ってくれるんですかね?w
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/544.html

山下実優選手は入場曲にBerry'z工房の「ジンギスカン」を使用し、
振りもしっかり披露、衣装もピンクでアイドルチックと、
一見するとこの人もアイドル系レスラーなのかなと思います。
…が、中身は「漢」です!
そんな山下選手は極真空手出身。
なるほど納得!
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/81.html

KANNA選手は正統派の女子プロレスラーという感じ。
中量級の女子プロレスラーって自分の中ではこんなイメージです。
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/145.html

試合は奇妙な技を連発するケンドー・リリコ、坂崎ユカ組と
正統派真っ向勝負の山下実優、KANNA組というような図式。

途中コントみたいなやりとりもあったりw

そして山下実優選手が見せた強烈な下段回し蹴り!
見た瞬間にこの人の打撃は違うと思った!
空手出身で漢気あふれる人、でもアイドル好きというギャップ。
うわこれ思いっきり自分のツボじゃん!
自分が空手出身だからこういう打撃に長けた選手って応援したくなってしまうのです。

攻め込まれてやっとタッチ交代し、大ダメージ中のケンドー・リリコ選手に、
直後に協力技を促すマイペースな坂崎ユカ選手w
そんな微妙にコンビの息が合っていない感じが祟ってか、
最後は坂崎ユカ選手、KANNA選手の逆エビ固めであえなくギブアップ。
山下実優、KANNA組の勝利。


りなんなんライブ

やっぱすきやねんのアカペラで登場し、リングイン。
リングの上にきゅるりんアイドル。
これほどミスマッチな光景があるだろうか(笑)

セットリストは

かぼ かぼ かぼちゃん
微笑みの街
ノンノン!りなんなん


今回から自分の方は見てくれている人がコールしやすいように
スケッチブックのカンペを導入。
いつものライブ会場と違うので、そんなにすぐに周りがのってきてくれるとは
期待はしていませんでしたが、スケッチブックを使った立ち回りを確認するためにも
全力でやりきるw
アイドルライブにヲタ一人を経験したおかげで(ry

りなんなんは珍しく「かぼ かぼ かぼちゃん」の時に歌詞を飛ばしちゃってたけれど
恥ずかしそうにはにかんでたのがメチャかわいい(*´ω`*)

そして「微笑みの街」で聴いているお客さんの表情が一気に変わったのが印象的だった。
りなんなんの歌声が受け入れられた瞬間。
嬉しいですね。

りなんなんはポヨンポヨンとよく弾むリングのマットが気に入ったみたいでした(笑)


■第3試合 木場千景 VS のの子

木場千景選手はちょっとミステリアスな感じ。
今回の試合ではまだ全貌が見えなかった感じですかね~。
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/88.html

そしてのの子選手は、今回りなんなんを呼んでくれたきっかけの人。
ホントありがとうございます。
そして重量級の女子プロレスラーといえば…というまさにそんなイメージ。

「お胸」に掛けた様々な技を繰り出しますw
変な名前の技が多いのですが、格闘技をやる者としては、
その体格は強力な武器。
どの技も重くて強力そう…。
http://www.tokyojyoshipro.net/archives/542.html

試合は終始その強力な技に翻弄され続ける木場千景選手。
一方的にやられてしまうのではないかという展開。
しかし終盤、一瞬の隙を突いて技を掛けた木場選手が
そのままフォールしてなんと3カウント!
大逆転の勝利。
2.8か2.9カウントだったと猛抗議したのの子選手ですが受け入れられず。


そんな抗議からリング上では他の選手も上がってきて言い合いが始まり、
団体の偉い人が仲裁に入り、トーナメント戦で決着を付けることを告知。
いかにもプロレスらしい展開w


最後は選手、アイドル含め全員がリングに登場。

snap1169.jpg

りなんなんもきゅるトルネードスプラッシュを披露し、みんなで吹っ飛ぶw

物販の時間もありましたが、今の女子プロレスってチェキとかもやったり、
まるでアイドルライブの物販のよう。
すごいね。


今までは空手、キック、テコンドー、修斗など、いわゆる相手の戦闘能力を
奪うことを目的とした格闘技を観戦したり、経験したりしてきましたが、
プロレスをテレビ以外で見たのは初めてでした。

相手を倒すだけでなく、「魅せる」ことも重要なプロレス。
東京女子プロレスさんは色々なバックボーンを持つ選手が集まっているので、
真剣さも、笑いも試合の中に取り入れられていて、見ていて楽しかったです。

いやホント、またりなんなんを呼んでもらいたいなあ。
できればFeamと一緒に…(笑)
またプロレスも見てみたいです。
山下実優選手とお話してみたい←


そしてりなんなん…
今回ちょうど立ち見で見てる自分の左向かいくらいで、試合を観戦していたけれど…
コントみたいなやり取りのところでは面白そうに笑っていて(*´▽`)、
強力な技が入ったときには(((( ;゚Д゚)))ヒィィィ!みたいな顔になっていて、
ホント分かりやすくて、かわいくて大好き(笑)
関連記事
スポンサーサイト
* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する