07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-06-15 (Sun)


最近は定期ライブも事前にタイムスケジュールが出るようになったので、
時間を確認して出発。
今回はりなんなんはトリ前の順番でしたが、最終未来兵器mofuの出演に合わせて。

りなんなんと仲良しの白幡いちほさん所属のユニット。
この人、本業?は芸人なんですね。
この間のアニメ座でりなんなんと一緒になり、今度いつかライブで一緒になったら
見てみようと思っていました。

ユニットのコンセプトはくのいちですかね。
衣装とか結構華やかで好きです。
昔っぽい感じではなく、ユニット名にも入っているように、ちょっと近未来的。

3人のキャラクターも三者三様で個性があっていいです。
この辺はアニメ座の時によく分かってましたので…(笑)

曲も和テイストの曲が結構いい感じ。
物販にもおじゃまして、デモCD500円を購入。



「桜舞」という曲が良いです。
ジャケットもメンバーの手作り。
しかし最大の特徴は歌っているのがメンバーではなくボカロという…(笑)

でも、曲は良かったと思うし、物販でもユニットコンセプトに沿った
お品書きとか、CDのジャケットもそうですし、手作り感いっぱいで
色々と頑張っているなあと感じたので買いました。
500円とお得でしたしね。

何よりこれからもりなんなんと末長く仲良くしていってほしいなと思い。

今後も楽しみなユニットです。




さて、りなんなんは一部はトリ前。
終演後物販になるユニットのヲタさんたちが見てくれればと
期待はしていたのですが…。

それぞれの推しのユニットのライブが終わった後、
みんなどこ行っちゃったんでしょう…(´・ω・`)
そりゃあ再入場は可能だけれど…。

正直寂しかったよ(´・_・`)

それでも残って見てくれた人は、しっかりとりなんなんを見てくれた。
ありがとうございます。

ホントの自分
かぼ かぼ かぼちゃん
微笑みの街


物販では新しい写真が出ていたので購入。



右の井内さんっぽい写真、好きです。
りなんなんと井内さん…色々な表情を見せられる子だと思うんだよなあ。
そういう所も好き。

今回りなんなん、積極的に自己紹介のチラシを配ってた。
そして前にこちらで作成した「アクアマリーナEP」配信のフライヤー。

snap1183.jpg

切らしてしまっていたみたいだったから、追加を印刷して持って行ったのですが、
グッドタイミングだったみたいですね。
合わせて配ることができました。

CDがない以上は、曲に関しては今はこういったフライヤーを配って、
広めていくしかないです。
そんなフライヤーも、他に作ってくれる人がいないなら、自分が作るしかないです。

デザインがうまいりなんなんの手作りフライヤーでも良いと思うのですが、
今のりなんなんにはデザインしてもそれを量産する環境がありませんからね…。
こちらでできることならば、ボランティアでやっていきたいです。


お昼の公演を終えて、朝から何も食べていなかったので、
とりあえずソバ食べて休憩。

途中りなんなんの出演時間を再確認すると、18時台のはずがなぜかトップバッターに。
よく分からなかったので、とりあえず会場と同時に入場。
ウタ娘スタッフに確認したらやっぱり間違いだったみたい。



でもまあ入ってしまったので、りなんなんの出番まで他の出演者を見つつ待機。

りなんなんの前のキャンディzooの盛り上がりに、「この後か…」と
ちょっと弱気になりかけた。
今はこれだけたくさんいる人が、平行物販のためにこの後またごそっと
いなくなってしまうんじゃないかと不安になった。
でもやるしかないのでね。

でも…これもめぐり合わせかな。
りなんなんの次の出番の秋葉原マーベルエール隊のヲタさんや、
他の興味を持ってくれた人たちが前に来て見てくれた。
人がたくさんになりました。

アクアマリーナ
you
ノンノン!りなんなん


りなんなんもたくさんの人に見てもらえてホッとしたみたい。
そして物販にもたくさんの人が来てくれました。
フライヤーもみんな自らもらってくれて、どんどんなくなっていきました。
ほんと嬉しかったです。

二部は出演順のめぐり合わせもよかったのかもしれない。
こういう部分は運にもなりますが、こうしてたくさんの人に興味を持ってもらえた
チャンスは無駄にはしたくないですね。

そしてもう1つ、ささやかに嬉しかったのは…
りなんなんにフライヤーまたすぐ印刷しなくちゃねって言ったら、
「お願いします!」って。

ちょっとは頼りにしてくれたのかな。
少しでもりなんなんの力になれてたら嬉しい。


まだまだこれからだ!
そんなことを感じられたウタ娘の二部。
りなんなんには1つ1つのチャンスを逃すことなく、つかんでいってほしいです。
自分も自分にできることならば、惜しむことなく力になっていきたいです。
関連記事
スポンサーサイト
* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する