FC2ブログ
01≪ 2020/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
個別記事の管理2014-07-13 (Sun)
snap1189.jpg

井内里菜として初めてのライブ。

りなんなんも不安だったろうけれど、正直こちらも不安はいっぱいでした。
ライブが終わるまで、緊張しっぱなしでした。

今まで4年近く見てきたのは、ずっときゅるりんアイドルだったから。
どんな時でも、きゅるりーんって言ってる子だったから。
きゅるりんを封印したりなんなんは考えられなかったから。

平日だったけれど、お客は結構入っていました。
いつもはりなんなんの出番まで少し前に出て他の人のライブも
見たりしていますが、今回は緊張でそれどころではなかった。




「皆さん初めまして、井内里菜です」

そんな感じの一言から始まったライブ。

「大阪から来ました23歳です。」

きゅるどーる村でもなく、14歳でもなく、完全に井内里菜としての自己紹介が
とても感慨深かったです。

出てくるまでは緊張してるかなと思ったけれど、そんな風には見えなかった。
内心はものすごく緊張してたのかもしれないけれど…。
そしてトーンがりなんなんの時よりも、より関西弁に近く感じたかな。

MCでなかなかスムーズに話せないのはいつもどおりのりなんなんだったけれど、
なんか今回は最近は楽しいことがないとか、昔は人嫌いだったとか、
井内里菜としての自分を全てさらけ出そうとしていたようにも感じました。
(人嫌いは東京に出てきてからなくなったとも)

青いベンチ(サスケ)
Youtubeの歌
I Love You(尾崎豊)


揃えてきたセットリストは聴かせる曲が中心。
「尾崎豊さんのI Love Youを歌います」と言ったときには
会場から「おおーっ!」と驚きの声が上がったよね。

そして歌もその驚きを裏切ることなく、声の伸びやいつもの曲への
感情の入り込み方もしっかりしていて、本当に誇らしかったです。
どうです、ソロでこれだけ歌える子がライブに参加しているんだよと。

本来なら今までずっと歌ってきたとはいえ、りなんなんではない
自分を見せての初ライブ。
緊張で声が震えてしまったりしても仕方がなかったりします。

でも、そんな所は一片も見せず、度胸が座ったしっかりとした歌い方。
やっぱりこの子は歌が全てだし、歌うことを大切にしている。
それはりなんなんであっても、井内里菜であっても変わらない。
そう感じました。

Youtubeの歌は選曲の中では異彩だったけれど、
歌詞は良い歌詞なんですよね。

昔、自分は初めての転職活動で悩んでいた時に、
モーニング娘。の「I WISH」のPVを見て涙を流したことがあります。
職が決まらず、まだゲーム開発者としても大した経験もなかった自分、
本当にこのままゲームの仕事を続けていいんだろうか、あきらめようか、
…と思っていた時に見たこのPV。

「~夢をあきらめない 全ての人たちへ~」

物語風にアレンジされたPVの最初のこの一文に涙が一気に溢れました。
物語に、歌詞に、自分と重ね合わせる部分がたくさんあり、
その後も涙が止まりませんでした。

多分りなんなんも、Youtubeの歌の歌詞に、自分を重ね合わせて
いるんだろうなと思いました。
なんとなく分かるんです。

お客もたくさんの人が見てくれました。
「初めてのライブ」そこに反応し、じゃあ見てあげなくちゃと
思った人もいるかもしれませんが、見てくれた人が少しでも次回、
あの歌がうまかった井内里菜という子をまた見てみたいと
思っていてくれると嬉しいです。

ライブで歌っているりなんなん…井内里菜を見た時、
「大丈夫」と思えました。

自分はこの子も好きになれる。
歌が大好きで、真剣に歌っている姿はやっぱり素敵です。
彼女の歌声がもっともっと広まるように、応援をしていきたいです。

今回は聴かせる曲が中心でしたが、自分はりなんなんは楽しい曲で
ライブを盛り上げ、井内里菜は聴かせる曲で見ている人に感動を与える…
そんな風にそれぞれのライブの個性付けをしていくのも
アリだと思っています。


物販はさっちゃんと一緒。
井内里菜として売ることができるグッズはまだないから、
珍しくチェキをやっていました。

snap1190.jpg

さっちゃんと。
今回いつもいるあの人が不在だったさっちゃんのライブ。
さっちゃんを干す担当が存在せず、いつもとは一味違ったライブにw

snap1191.jpg

りなんなん。
チェキは本当に久しぶりだったから緊張しました。
井内里菜としては一緒に撮るのは初めてだったし…。
どこまで寄っていいのか分からなかったから、
遠慮してちょっと距離感あり。

今後、井内里菜の物販が充実してくれば、またチェキはどうなるか
分からないし、このチェキがとても貴重になるかもしれないので
大切にします。

まずはやっぱりTシャツが欲しいかな…。
そしていつかオリジナル曲ができて、CDがリリースされれば…

今後の井内里菜に期待をしたいです。
関連記事
スポンサーサイト



* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する