FC2ブログ
03≪ 2020/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-07-19 (Sat)


りなんなんとしてのライブは2週間ぶり。
アキバ千円は初登場です。

初めは同じ事務所のさっちゃんか新人アイドルさんに
声がかかったみたいでしたが、どちらもスケジュールが
入っていたので、ある意味こちらも「新人」のりなんなんを
紹介してくれたみたいでした。

そうなれば応援する側も、少しでもりなんなんの印象を
良く思ってもらうために頑張らなくちゃってなりますよね。
 
 

 
一緒に出演してたアイドルさんは、ローティーンな
アイドルさんが多かったかなあ。
ちょっと自分の推せる許容範囲からははみ出ている感じ。

自分的には18歳は超えてないと…かな。
小学生(しかも見た目3~4年生くらい?)ともなると、
ちょっと引いてしまうレベル(^_^;)

りなんなんもあんな感じの見た目ですが、
地球年齢は20歳を超えてるから推せるんです。
地球年齢もきゅるどーる村と同じく14歳だったら
多分「あと5年待ってね」ってなってた(^_^;)


さて、りなんなんの出番で、やはり少し前方が空き気味に
なってしまったので、絶対にこれ以上下がらせるかと思い、
「りなんなんです、よろしくお願いします!」と声かけ。

かぼ かぼ かぼちゃん
アクアマリーナ
微笑みの街
You


最初の2曲では一緒に盛り上がってくれて、
後半2曲もしっかり聴いてくれて嬉しかったです。

ライブではバラードの時、着席して聴くのが
お約束みたいになっていたので、微笑みの街では座ってみました。
目線が低くなり、ステージに立つりなんなんを見上げて
歌を聴くというのも新鮮でよかったですね。

井内里菜としてステージに立った時には、
こちらも緊張しっぱなしでしたが、やっぱり「りなんなん」だと
ホッとする安心感がありますね。

物販にもステージを見て良かったと思ってくれた人が
来てくれたりしました。
ステージをキッカケにして、物販にも来てくれる。
この流れがこれからも安定して確立されていくと嬉しいです。

やっぱり笑顔のりなんなんを見たいもの…。
今回のりなんなんは、物販でもいい笑顔をしていました。


アキバ千円の出演を見て、やっぱりりなんなんは
いわゆるアキバ系とか、そっちの方が合っているのかなあ…
とも感じました。

見ている人たちにも受け入れやすく感じられている気がします。

りなんなんと井内里菜で、狙っていくべきターゲットは
変わってくると思うので、それぞれに合った活躍の場を
見つけられるといいなと思います。


りなんなんの笑顔を見れて、自分も嬉しかったライブでした。

少しは印象を残すことができたかなあ…?
今度は事務所の中でも「りなんなんに」出演の声が
かかってくれるといいなあ。
関連記事
スポンサーサイト



* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する