09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-04-20 (Mon)
KIMG0188.jpg

今年に入って月1回はまたFeamに行きたいと思いつつ、
なかなか りなんなんの出演スケジュールとも折り合いがつかず
行けない月もありましたが、昨日ちょうどよいタイミングで
行ってきました。

Feam以外でも、げつとくしょーでもおなじみ、
ももしゅことPOP'N KISSの京本百加さんもソロで出演していたので
CD以外でまだ生歌を聴いたことないし、見てみたかったのです。

ももしゅの出演が最終的にはこの日に行くキッカケになり
げつとくしょーでも行くよと伝えて、あとは りなんなんの
イベントさえ重ならなければ大丈夫と思っていたのですが…。
(重なっても先に約束したしちゃんと行ったけどね)

日曜日は通常出勤の日。
最初に情報を見た開演時間も18時15分。
新宿池袋は遠くないし問題ないだろうと思っていたら
なぜか開演が18時になっていて、しかもももしゅトップバッター!

間に合わん!∑(゚д゚lll)

しかし行くと言ってしまったし、約束は破れないので
時間を調べたら最速で入場すれば最後1曲くらいは間に合う可能性。

定時少し前に仕事の依頼が来たけれど、シラネとブッチして←
定時キッカリで会社出てダッシュ。
いつも待ち時間が長めの信号もちょうどよく青、
池袋降りた時も奇跡的に階段の前と幸運も重なり
入場した時には1.5曲間に合った!

こんなに走ったのは りなんなんのウタ娘のライブの時以来かな。
それより前だといつだろう。
ハロヲタ時代までさかのぼるかな?



歌っていたのはハロプロの曲。
好きなのかな?

そして歌っている姿を見てね、ああ、やっぱりこの子は
アイドルだったんだなと再認識しました。
げつとくしょーではトークしか見てないものね。

声がミキティに似てるから、歌声もやはりどことなく
ミキティに似てる。
聴けてよかったです。

物販も行って、この間げつとくしょーで撮ったチェキを受け取り。

snap1244.jpg

そして今回はソロだからツーショットのチェキ。
また落書きしてもらうためにお預かり。

「まるぞ~ーー!!」ってね初めて名前呼んでくれた。
ももしゅには呼び捨てにされた方が気持ちいい←
いやでもホントももしゅのキャラで変に「まるぞ~さん」とか
呼ばれたら多分かゆくなるw

いつもげつとくしょーでばかり見ているから、
こういうライブハウスでももしゅやマネージャーさん、
ももしゅのヲタさんに会うのはちょっと不思議な感じでした。
それはお互い様かな。

とにかく必死で走った甲斐があった時間を過ごせました。


ももしゅの出番と物販が終って、Feamの出番までは2時間近く。
長い待ち時間だと思っていたけれど、他の出演者のライブを
見ていたら気がついたら時間が経ってた。

というのも、たまにこういうライブハウスのライブを見ると
いい刺激を受けて見入ってしまったんですよね。

それを最大に感じたのがFeam→まなみのりさ→CANDY GO! GO!の
ラスト3組の流れ。

演者のパフォーマンスレベルももちろん高いし、何よりお客がみな
「楽しんで」いるんですよね。

盛り上げているんじゃない。
皆がライブを楽しんでいる。

ようやくそれに気づいたというか…
いや、忘れかけてたという方が正しいのかな。

Feamもずっと見てきたけれど、確かに見始めてしばらくは自分も
「楽しんで」いたと思う。

でも、りなんなんのライブを見るようになって、ライブではヲタが
自分一人の事もたくさんあって、でもお通夜みたいなライブには
したくなかったから、自分が盛り上げなくちゃという気持ちになって…

一時期そんな風にライブを盛り上げることが義務みたいに
思ってしまっている事もあったと思う。

そんな感じでFeamを見に行ったときも、フィーマーさんすごいな、
盛り上げ上手だな、自分もあんな風になりたいなって
思いながらライブを見ていました。

でも、この日ライブを見ていて、「みんな楽しんでる」って
ふと思ったんですよね。

みんな盛り上げようって思っているんじゃないんですよね。
楽しもうって思ってる。

気付けば自分も「楽しんで」いました。

Feamでは声を出すのが楽しいからコールもしてオーイングもして、
フィーマーさんに最前中央に押し出されたときには、
Yukiをひとりじめできる?瞬間を楽しんで。

まなみのりささんをじっくり見たのは初めてだったけれど、
みんなが回ってるのを見て楽しそうだったから自分も回ってみたり、
スクワットしてみたり。

CANDYさんではもう疲れてしまったので後ろで見てたけれど…(笑)

感想をと言われたら、すごく単純にして簡単なんです。

ライブ楽しかった!

これに尽きるし、そう感じることが一番いいわけで。


Feamの物販ではいつもどおり握手と撮影とチェキ。

PicsArt_1429532565976.jpg

撮影では初めて一眼でフラッシュを使ったけれど、
ちょっと暗かったかなあ。
明るさ調整難しい。
りなぺくらいの明るさがちょうどいいかもしれない。

snap1245.jpg

りなんなんのライブでは今もまだどこかに「盛り上げなくちゃ」という
気持ちがあると思います。
でも、以前よりも「ライブを楽しんで」いると思う。

きゅるりんコールもするのが楽しいからするし、
きゅるりんMIXもやりたいからやる。

カンペを出すのも、前は一緒にコールしてほしいからだったけれど
今はコールをしたい人がなんて言ってるか分かるように
するためだけに出してる。

「きゅるりん」って初見だとなかなか分からないしね。

そんな風に前はあれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ、
どうやったら盛り上がるだろうとか、りなんなんのライブでは
いっぱいいっぱいに近い状態でいたけれど、
最近は少しずつ、そんな呪縛からも開放されつつあり、
ライブを楽しむことに気持ちを向けられるようになってきてるのかな…。


今回のライブは、会場の空気の質がホント違って感じたんですよね。
すごくよいものを見せてもらったし、この日を選んでライブに
行ってよかったと思えてます。

Feamとそこに関わることが多い界隈のライブのクオリティは
ヲタさんも含めやっぱり信頼に値するクオリティだと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
* Category : ライブ・イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。