07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-07-12 (Sun)
まあ今回は多くは語りません。

今まで良い現場に当たりすぎたのかな。
今回ほどピンチケ祭りな現場は初めてでした。

沸きすぎたピンチケの靴(サンダル)がステージに吹っ飛ぶ。
ま、これだけでどんな現場だったか分かるでしょう。

入場する前からなんとなく不穏な空気は感じてましたが。
もう飲んで出来上がってるみたいな事とか、
運営からやりすぎるなよと言われたとか、
チラホラと会話が聞こえてたので。

始まってすぐ、今日はあの中に混じりたくないと思いました。
同時に、りなんなんのライブだけは荒れさせるかと思いました。
そういう義務感とかでライブは見たくないんですが、
今回ばかりはそう思った。

でも自分にできるのは「いつも通り」やること。
そりゃーね、側頭部に一発蹴りでも入れれば簡単に静かにできるけど、
それやったら自分が出禁になるしねw

「無礼に無礼を返すヤツは、しょせんは畜生に等しいものと思え」

自分の好きなマンガの好きなセリフの1つです。

だから自分はいつも通りやった。

見てるかもしれない主催者さんに、歌うりなんなんの姿はもちろん、
ヲタも独りよがりではなく、皆でマナー良く楽しみたいと
思ってる事を伝えたかったから。

ピンチケの変な沸き上がりに乗っかることなく、
いつも通りやる事でそれをきっと伝える事ができると信じてやった。

りなんなんもプロだったよ。
りなんなんはしっかりとりなんなんで、がっつくピンチケを
適度にあしらい、しっかりと歌を歌ってた。

いつの間にか、色々な面で大人になってるりなんなん。
そんな りなんなんが頼もしいです。

あらびき団を見て、りなんなんを知ってくれていた人が
いたのは嬉しかった。


あと多分タコサムさんが見に来てた(笑)
多分、振り付けしたアイドルさんが出てたのかな。


物販で買った写真。



可愛いな(*^_^*)
精神的にはしっかりと大人になってる りなんなん。
でも見た目はこんな幼い可愛らしさも持ってる。
このギャップが大好き。


荒れた現場だったけれど、これも経験。
どんな現場も乗り越えて、りなんなんについて行くよ!
関連記事
スポンサーサイト
* Category : ■りなんなん
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する