FC2ブログ
01≪ 2020/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
個別記事の管理2005-05-31 (Tue)
まるぞ~はどんな人?…と、聞かれたら、
これ読んでる人はまあ「ヲタ」と思うでしょう(笑)
当たりなんですが(笑)

じゃあ、武道という点で見ると…?
長く読んでもらっている人には、やっぱり「テコンドーやってる人」という
イメージが強いんですかね…?

でも、自分では「テコンドー家」とは思ってないんですよね。
自分の武道の原点は空手なので、自分は「空手家」でありたいと思ってます。
その思いが最近特に強くなってきているんです。

じゃあ、なぜテコンドーをやっているのかというと、足技を鍛えたかったから。
元々、足技に魅力を感じていて、空手でも足技の練習には力を入れてました。
学生時代に空手を4年間続け黒帯を取り、卒業と共に空手を引退し、
一人暮らしを始めて、自宅の近くにテコンドーの道場があることを知りました。
テコンドーは以前からやってみたかったので、迷わず入門しました。

でも、その時にも自分の気持ちは空手家として入門をし、
テコンドーの練習の時にも自分は空手家であることをずっと意識していました。

恐らくこの思いでしょうね…。
自分自身、周りの人たちよりも練習の成果が出ていない事を感じています。
同期で入門した人たちは、既に黒帯に手の届くところにいますが、
自分はまだ足踏みをしています。

仕事柄、忙しいときには半年近く練習にいけなかったりということもありますが、
根本は自分の心構えだと思ってます。
テコンドーをやる以上は、テコンドー家として真摯に稽古に望まないと、
上達しないでしょう。

そんな中、今テコンドーを始めて3年ちょっと…、
空手に戻りたいという思いが大きくなっています。

この間のテコンドーの練習試合でも、空手の選手とテコンドーの選手の
エキシビジョンマッチがありました。
その試合を目の当たりにして、「やっぱり空手はいいな」って
思ってしまったんですよね…。

さらに、この間のK-1での角田師範の試合。
これこそ空手の一撃必殺という試合を見せてくれました。


7月にはテコンドーの昇級審査があります。
もちろん、受けるつもりで練習をしています。
でも、その先は…。
今、複雑な状況です。
もっとも、こんな雑念が入った状態で、良い結果が出せるのかという思いもありますが。

空手家として、純粋に空手を追求していきたい…。
日に日にそんな思いが強くなってます。
関連記事
スポンサーサイト



* Category : ■武道・格闘技
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する