FC2ブログ
09≪ 2019/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-08-23 (Tue)


まりなんなんで活動してるまりにゃんこと美広まりなさんが
ハロプロのイベントをやると。
しかもテーマがモーニング娘。のプラチナ期!
更にゲストはハロプロソングカヴァーアイドルの朝日奈れおさん。
気になりすぎて行ってしまいました。

 

 
台風直撃の日で、しかも月曜、開演時間も21時半だし
showroom配信もするから、お客さんとかどうかな~と
思っていましたが、渋谷のライブから回してきた
猛者の変態さんたちもいてよかったよかった(*´∀`)

しかし見事にフチコイの常連さんばかりで…(笑)


まりにゃんとれおさんでプラチナ期の紹介からメンバーへの
思い入れなど実に濃いトーク。
しかし確実に伝わってくるのはプラチナ期への深い愛。

自分も一番好きな時期だったし、一番長く見た
モーニング娘。の形だったから、共感できることばかりでした。
それ以外でも、当時自分には考察できなかったアイドルとして、
シンガーとしての目線でのプラチナ期の考察とか、
なるほどなと思えるお話も聞けました。

BGMも後ろでアルバムの「プラチナ 9 DISC」が流れっぱなしで
踊りたくてしょうがなかったです(笑)

ライブの時間では、まりにゃんと朝日奈れおさんそれぞれの
オリジナルソングと、二人でコラボして「Fantasyが始まる」。

プラチナ期最後のアルバムと自分は思ってる「Fantasy! 拾壱」。
自分にとっては「幻のアルバム」です。
絵里、ジュンジュン、リンリンが卒業して、あのメンバーでの
歌声が聴けるのはアルバムだけ。

このアルバムを引っさげて、あのメンバーで春のツアーができたら
きっとすごく楽しいライブになっただろうなあ…と、
3人の卒業と同時にハロヲタを卒業した自分は、当時アルバムを
聴きながら思っていたものです。


ハロヲタを卒業したってやっぱりハロプロって
特別な存在なんですよね。

やぐっちゃん。
それがすべての始まりでした。

この人に出会いヲタになって、さあこれからという時に突然の脱退。
失意の中、自分には4期がリーダーになるなんて
信じられなかったから、見守らなくちゃいけないと思い
しばらくは推しなしの状態でライブを見て…。

忘れもしない2005年の名古屋でのハロコン。
そこで見たのはメインに混じって「大阪恋の歌」を歌う
絵里の姿。

「幸が薄い」キャラでスポットを浴び始めていたものの、
決してまだ目立つ存在ではなかった子が、
スリートップに混じり歌っている。
その姿に自分の中で衝撃が走りました。

それからよっすぃ~の卒業を経て、ミキティの突然の脱退。
リーダーはまさかの5期に…。
愛垣体制の後にプラチナ期と呼ばれるモーニング娘。の始まり。

自分には同じだったんですよね、あの時と。
ちゃんと見守らなくちゃと思いました、始めは。

でもこの時期のメンバーは個々の成長が本当に著しく
はっきりと見られたと思っています。
今まではどこか4期以上に頼り、一歩下がっていたように見えた
5期、6期がしっかりと自立し、成長していく姿を見ることができました。

見守らなくちゃと思っていた自分も、いつの間にか
この子たちについていきたいと思うようになっていました。


この出会いがなかったら、これをキッカケにヲタになって
いなかったら、いうちさんも、まりにゃんも、
ヲタとして出会った全ての人たちに出会うことはなかった。

やぐっちゃんに出会ったからヲタになった。
やぐっちゃんに出会ったから絵里に出会った。
ヲタになったからロケみつで早希ちゃんを見た時
会いに行きたいと思った。
早希ちゃんに会いに行ったからつぼみに出会った。
つぼみに出会ったから りなんなんに出会った。
りなんなんに出会ったから今またたくさんの人たちに出会ってる。
全て繋がっているんです。

イベントでまりにゃんが流した娘。のライブの映像。
あの場に自分もまりにゃんもいました。
それが7~8年の月日を経て、ヲタとアイドルとして
こうして出会っているんですよ。
すごくないですか!?

もうホント、語り尽くせないです。


物販でまりにゃんと朝日奈れおさんとチェキ。





この日はワンダフルハーツの娘。バージョンのTシャツを
着ていきました。
れおさんチェキでは懐かしのエリザベスキャメイポーズw

久しぶりにハロヲタ気分を存分に味わった日でした。
関連記事
スポンサーサイト



* Category : ライブ・イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する