FC2ブログ
09≪ 2019/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2006-02-11 (Sat)
ちょっとだけご無沙汰です。
病気や更新できない環境にいる時以外で、4日近く間を空けたのは初めてかな?

とりあえず、休んでいる間にちょっとあったようですので一応触れておきますか。
あなたのしたことは、あなた自身の首を絞めるだけでなく、色々な人に迷惑をかけました。
相方のこともすごくかわいそうです。
とにかく自分のしたことに反省してください。

あとは事務所…かな?
どんどんハロプロの人数が増えていくということは、
それだけ人の管理体制もしっかりしなきゃいけません。
管理が行き届かないのであれば、無理に人を増やすことはないと思いますが…。

週刊誌の方にも言いたいことはありますけどね。
あの事件以来、週刊誌に良いイメージを持っていないので。
別に彼女をかばうつもりは全然ありませんが、
わざわざ18歳の誕生日の直後に報道するなんて、
何か悪意でもあるんじゃないかと思ってしまいます。

まあ、こんなことは言ってもしょうがないので、これ以上は言いませんが。
どっちにしろ自分はあの事件以来、金輪際この週刊誌に自分の指紋を付けることは
ないと思ってますから立ち読みすることも買うこともありません。

次から本題ね^^;

この数日、あることがあり自分のこと、やぐっちゃんのこと、
えりのことを真剣に考えていました。
やぐっちゃんがソロになってから、えりを好きになってから、
これだけ時間をかけて考えたのは初めてかもしれませんね。


ここ最近ずっと感じていました。
一途って何だろう…。
今の自分はやぐっちゃんとえりを好きでいるけれども、
本当に2人を真っ直ぐに見ているのかな…。

自分の仲間内では、本推し以外の推しているメンバーでいじりあうことが多いけれども、
それでもやっぱり他のヲ友達は本推しに対して絶対的な芯のようなものを持っている。
それに対して自分はどうなんだろうって…。

以前は本当にやぐっちゃんに対して真っ直ぐだったし、一途だったと思ってます。
これは自信を持って言えます。
でも今はどうなんだろう…。


ソロになった時に自分はこれからも変わらずにやぐっちゃんを好きでいると誓ったし、
ディナーショーでもやぐっちゃんにそう伝えました。
確かにずっと好きでいました。
今も大好きです。

でも自分が変わっていなかったかというと、
やっぱり変わってしまっていたんですよね…。
それは今のメインサイトを見れば分かります。
重いです…。

サイトを開設したときに来ていてくれた常連さんからは
皆「ほのぼのした雰囲気が好き」と言ってくれました。
Heat warmingという言葉を使ってくれた人もいました。

やぐっちゃんには同じように接してきたつもりが違っていたんですよね。
ディナーショーに行って歌手、タレントとしてのやぐっちゃんを
これからも好きでいようという決心をすることができました。

でも、一方で一人の女の子としてやぐっちゃんを見たときに
時々「やぐっちゃんの心に本当にいる人は…」って考えてしまうことがあり、
辛くなることもありました。

ディナーショーで吹っ切れたつもりだったのに、
それでも自分は「まり」って呼んでました。
それも小学生レベルの意地を張っていただけなんですよね…。
やぐっちゃんは相手から「まり」って呼ばれてるのかな…なんて勘繰ったりして、
悔しいから自分もそう呼び続けるなんて思ったりして…。

それが今みたいな接し方に拍車をかけて…
それはリアルにも影響を出すようになりました。

やぐっちゃんの話を振られてもなかなかのっていけない。
やぐっちゃんを好きとかかわいいとか以前のように口に出して言えない。
そんな状態になりました。

やぐっちゃんがソロになってから、何となく自分の歯車が狂い始めて周りが見えなくなり、
メールのやりとりなどでも周りの人に迷惑をかけてしまうこともありました。

元々口数が多い方じゃないけれど、
以前はもっと好きなんだってことを態度に出していたのに…。

もし、やぐっちゃんが本当に自分の身近な人だったら…。
今の接し方は重くて辛いって思うかもしれないよね…。
ソロになる前は普通に接してくれていたのにって思うよね…。
何で今まで気がつかなかったんだろうね。
ごめんね…。

やぐっちゃんは歌を歌う機会は少なくなったけれども、それでも本質は変わらずに
やぐっちゃんはずっと「やぐっちゃん」でいてくれました。
なのに自分の方は変わっていってしまっていたんだよね…。


えりもやぐっちゃんと同じで、ヲフでは口に出して好きと言えずにいました。
やぐっちゃんに対してがあんな状態で、えりの話を振られても
やぐっちゃんのことが頭をよぎり、イマイチ煮えきらない感じになっていました。

やぐっちゃんがいなくなって、それでもモーニング娘。を
好きでいると決心をしたけれども、やっぱり少し不安でいたときに出会ったえり。
えりを好きになれたから、今もモーニング娘。をすごく好きでいられる。
とても大切な子です。
えりのことも大好きです。

でも「好き」の意味はやぐっちゃんとは違う。
ずっと考えてました。
えりに対して自分はどんな感情を持っているんだろうって。
もしかしたら、やぐっちゃんと同じく本気で好きになっちゃったのかなとも考えました。
でもやっぱり違うんです。

えりに対しては恋人にしたいとか、結婚したいとか、そういう感情はないんです。
ネタっぽく妹とか言っているけれども…やっぱり妹なんです。
健気に頑張っているえりを、本当にかわいい笑顔を見せてくれるえりを、
自分は兄貴のような気持ちで見守っているんです。

こんな兄貴がいるのはテレビの中だけかもしれないけれども、
えりのことをいつも大切に思い、いじめられているなら体を張って守り、
コンサートでは「もう!バカ兄貴、恥ずかしいな~っ」って
思われるくらい必死で応援し、いつかえりが結婚するようになったら
涙をボロボロ流して「いつの間にかお前も大人になったんだな、幸せになれよ」って
言ってあげるような…。
そんな自分でいたいと思ってます。


やぐっちゃんのことも、えりのことも、「好き」というなら
サイトやブログの文章だけでなく、ちゃんと態度でも示さないといけないですよね。
去年の名古屋での娘。前夜祭。
あの時にはまりTシャツにうちわ、パチモンだけれどもチケットホルダーと、
今までにない装備で挑みました。

でも今はやぐっちゃんに対しても、えりに対しても、
あの時のような態度で示す必死さがなく、中途半端になっちゃってました。
まりTシャツも、去年の夏の名古屋ハロコン以来、着なくなっていました。
えり関係のグッズにも手を出せずにいました。
「好きだ」って言ってたのはネット上だけで、現場やヲフでは全てが中途半端でした。

ディナーショーに行って、これからもまたやぐっちゃんとの思い出を
たくさん作っていこうと思いました。
これはえりに対しても同じことを思ってます。
なのに2人に対して今のような接し方じゃ…。
楽しい思い出は作れないですよね。

やぐっちゃん…また前みたいにやぐっちゃんに必死になってもいいですか?
えり…今よりももっともっとえりに対して必死になってもいいですか?
好きだからこれからはちゃんと態度でも示したいです。

ヲフでももっともっと自分を出していきたいです。
周りに気が配れる人にもなりたいです。

昨年末、自分は会社での自分を変身させることができました。
今度はヲタとしての、そして人としての自分を変身させたいです。
いや、まずはやぐっちゃんがソロになる前までの、
必死系になりかけていた自分を取り戻したいです。


やぐっちゃんとも、えりとも、ヲ友達のみんなとも、今がまた新たなスタートであり、
本当のスタートかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト



* Category : ■ハロプロ
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

人の心 * by 無明の闇
>あの時のような態度で示す必死さがなく中途半端に
 
 意味合いの差こそあれ、2人に対する想いが中途半端ではないからこそ、(外見上の)態度は(まるぞ~さんからすれば)煮え切らない中途半端なものになってしまっていたのだと、まるぞ~さんの事例に就いては思ってしまうのですが・・・。
 「人の心とは、かくも不可思議でかくも難解なものなのか・・・」と改めて感じています。
 

* by D.はっし~
こんな昼間からレスするのは久々かも^^;

最初に一つ言っておくと、まるぞ~さんがやぐっちゃんに対する思いってのは、僕には味わったことがないものなのでなんとも言えませんが・・・

亀ちゃんはじめ、他のメンバーに関してはそんなに難しく考えなくていいんじゃないかな?
妹だとか推しだとか位置づけを作るから難しくなっている気がします。

れいながかわいい仕草をしたら『にゃ~♪』、よっちゃんがカッコイイ歌やダンスを見せたら『カッケ~』、あいぼんがいけないことをしたら『バカモノ~』ってな具合に、その場その場で感じたことを素直に表現すればいいと思うよ。

僕も基本のなっちは変わらないけど、ブログを見てもらうとわかるとおり、話題の中心がにゃ~♪になったりごっちんになったり、最近は4回連続であいぼんになってるし。

肩の力を抜いて、気楽にいきましょっ♪

追伸
ビデオよろしくお願いしま~す^^

* by まあぶる@まりっぺの笑顔
あ゛~何かわかんないけど忙しい(泣)
という訳で久しぶりにレスしてみる^^

最近巡回する時間無いのですが、某所からの情報でまるぞ~さんが何か悩んでいるらしい事は聞いていました。
まぁ、相談するヲ友達も近くにいるのでさほど心配はしていなかったですが(言い方が冷たい?)どんな事で悩んでいたかは気になってはいまいた。

あの件以来、雰囲気が変わったのは仕方の無い事です。私だって鬱になりましたから。
ただ、何時になったら「やぐっちゃん」に戻るのかなってそれだけが気になっていました。
ようやく戻ってくれるのかな?

>中途半端
まりっぺに気を使いすぎていて、えりりん推しという所が見えにくかったのは確かです。
でも、もう大丈夫かな?
次の娘。@推しアウェィの現場楽しみにしています(謎)
ヤグヲタは2推し必死系なので大丈夫!(爆)

* by まるぞ~
レスを頂いた皆様、ありがとうございますm(_ _)m

この1年、思い返してみれば違う意味で真剣になりすぎて、
思いつめるような感じで、本当の意味で現場やヲフを楽しむことを
忘れていたのかもしれません。

今日やぐちひとりを編集してて、久々に心からやぐっちゃんを
「かわいいな~」って思いました。
この感覚を忘れてました。
これからは以前のように心を楽にして、めいいっぱい楽しみたいですね。

レス1 * by あるさ
僕の場合、ごくごく気楽なファンなので、裕ちゃん一推しながら実に能天気にハロメンみんなにがっついてますが(笑)。

広い意味で人を好きになるというとき、その好きになり方は本当に人によってさまざまで、その表し方も千差万別。
それでいいと思いますけどねぇ。

レス2 * by あるさ
ただ、この手の話になるといつも思い出すことが一つ。

僕は裕ちゃん推しになる前はさやか(市井ちゃん)一推しでした。
彼女が娘。を卒業すると発表があった時にはもう裕ちゃん一推しだったものの、やはり特に好きなメンバーの一人であることに変わりはなく、二推しとして、さやかサイトに依りながら、彼女の復帰を待っていました。

だから、復帰したときは嬉しかったし、C-Cとして活動はじめたあとも、ずっと応援してました。

それこそ、あらゆるところに行きましたよ。
姫路の大学の学園祭、大阪から電車とバスで二時間以上かかる山奥の会場、北関東のキャパ100人、200人の小さいライブハウス回り…。

レス3 * by あるさ
ライブは楽しかったし、曲もよかったし、彼女の歌も好きでした。
ただ、同時に、ハローファンたちがだんだんC―Cから離れていく中、僕が応援してあげないと、という義務感のようなものを感じていたのも、事実でした。

そんなさやかが、突然一本の公式ページ上の告知だけで、結婚引退してしまったとき、すごく驚いたし残念だったけど、自分の気持ちのなかに、どこかホッとしたような、肩から重荷をおろしたような感覚があったんです。


レス4 * by あるさ
この時の経験から、僕はこう思いました。

せっかく仕事じゃなく大好きなものを見つけたのに、、自分の重荷になるなんて、こんな残念でつまらないことはない。
だから、これからは二度と、ハロー関係で、義務感とかこうあるべきだとかいう気持ちから、行動するのはやめようと。
金や時間や労力で無理をすることはあっても、気持ちで無理はぜったいしまいと。

周りがどう思おうが、ファンとしてあるべき姿としてどういう理想をいだいてようが、そんなことどうでもいい。
他のファンたちやハロメンたちに迷惑をかけないかぎり、行きたいと思った現場にだけ行き、見たいと思った番組だけ観て、自分のスタイルで応援しよう。
その精神で、ずっとハローファンやってます。

その結果、実は周りの近しいハローファンたちには時々迷惑かけちゃってるんで申し訳ないんですが(笑)。
でもとにかく、それ以来、ハローにも娘。にもいろいろありましたが、何があっても、能天気ハローファンでいられます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する