FC2ブログ
01≪ 2020/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
個別記事の管理2007-04-21 (Sat)
まずはライブのレポからいきます。
道中記や観光のレポは後日完成したらアップします。
座間では軽い感想だったので、今回はセットリストに沿って。

現場に到着したのは12時半過ぎくらいでしたでしょうか。
まずは人の少なさにびっくりしました。
開場までまだ時間があったとはいえ、グッズにも5人くらいしか人がいなく、
あっさりと購入が済んでしまいました。
昼ご飯抜きも覚悟していたのに、違う意味で予定外な感じになりました^^;
という訳で、普通に時間があるのでラーメン屋へ。
旭川ラーメンは以前観光で来た時に魚ダシのやつを食べてちょっと口に合わなかったのですが、
今回のは魚ダシじゃないやつで普通においしく食べられました。
お店のおばちゃんが前日もヲタが来てたことを話してくれました^^;
ちなみにこのお店の娘さんはGLAYの追っかけみたいです(笑)

昼後もまだ時間があったので、まあぶるさんはもう1度グッズでトレ物を追加。
これもまた早い^^;
開場時間過ぎてもまだ人が少なかったので、後ろの方とか空席だらけに
なるんじゃないかと心配になりました。
開演まではまだ時間があるので、駐車場に戻ってトレ物の確認や清算をしたり。
まあぶるさんがトレポえりを引き当ててくれたので、無事に関東から連れていった
れいなとトレードできました^^

で、ボチボチ開演が近くなったところで準備して会場へ。

席は昼が2列真ん中近く、夜が9列真ん中近くと昼夜とも文句の付け所のない席でした。
ホールでは今までは4列が最高だったので、今回の2列はそれを上回る最高の席でしたね。
元々間違えて取ったチケでしたが、まあぶるさんの地元パワーに感謝です!
自分のチケが1枚売れ残ってしまいましたが、それを差し引いても最高に楽しむことができました。
公演は一部やかましく叫ぶのがいましたが、それ以外では良い公演だったと思います。
ちなみに夜は某氏も参戦するということで、せっかくなので3連とかできないかなと
思い交渉しましたが交渉の相手方が通路を含む席だったのでちょっと実現できず。

心配していた客入りも始まってみればほとんど空席も目立たず安心しました。

01.元気+
02.笑顔YESヌード


「元気+」は初めて座間で聴いた時からそのカッコ良さに痺れました。
聴いてすぐに耳に残る曲ですね。
「笑顔YESヌード」はハロコンで聴いていた時にはどうのっていくか分かりにくかったですが、
最終的には振りを楽しむ感じで落ち着きました。
まだあやふやな部分もありますが、自分なりに楽しめてます。

オープニングVTR
MC(自己紹介)


紹介VTRとあいさつ。
とりあえずえりコール一番を目指してがっつくw
あいさつはミキティからですが、凱旋ということでミキティの「ただいまー!」の一言から始まりました。

03.ポップコーンラブ
04.すき焼き
05.踊れ!モーニングカレー


おいしそうな3曲w
「ポップコーンラブ」はサビの振りも覚えやすくて楽しいです。
夜には「君が大好きだよ」の時にバッチリえり誤爆位置でサビのジャンプに一層力が入りました(笑)
「すき焼き」はとりあえず踊る(笑)
「踊れ!モーニングカレー」はカップリングながら定番曲として定着をしてきている感じですかね。
動いていて楽しいので好きです。

06.出来る女 / よっすぃ~・えり・さゆ・みっつぃ

座間で聴いた時には何の曲だったか全く記憶になかったのですが
(アルバムの新曲かと思ったくらい^^;)アップテンポの曲の後で汗を光らせながら歌うえりが
エライ色っぽく見えます(;´д`)

MC(06.の4人)

みっつぃがえり、さゆ、よっすぃ~からの質問に答えるコーナー。
でもオチはさゆえりが付けてます(笑)
旭川夜ではさゆからの質問でみっつぃのセクシーポーズを披露。
その後お約束でさゆえりも披露し、さらにそれに止まらず会場からの
よっすぃ~コールでよっすぃ~もやる羽目に(笑)
愛すくり~むの振り真似をしてました(笑)

07.シャニムニ パラダイス /ミキティ・愛ちゃん・ガキさん・れいな
08.ハッピー☆彡 / 月島きらり


「シャニムニ パラダイス」はかなりぶっとんだ感じの振りで座間で初めて見た時には若干引きました(笑)
でも見てると4人それぞれで個性的に振りを味付け?していて見くらべるのもおもしろいです。
動きはおもしろいのに顔は満面の笑顔のガキさん、どんな動きをしてもなぜか妙に
色っぽく見える愛ちゃん、一番弾けてる感じで元気なれいな、そしてミキティの苦笑wですね(笑)
楽しいです。
「ハッピー☆彡」は中々パワーのある曲です。
あの手は何を意味してるんでしょうかね?

09.春 ビューティフル エブリディ / えり・みっつぃ

座間で初めて聴いた時には相当な衝撃でした。
1番は完全えりに集中、2番は耳はみっつぃ目はえりですね(笑)
でも2番の歌い出しでのえりのケンケンパがかわいすぎるので、
そこだけはみっつぃに申し訳なく思いつつも全てえりに集中してます^^;
歌も本当にあのえりの歌声が大好きです。
癒されるとかかわいいとか、ありふれた言葉で語りたくないのですが、
言葉足らずで何て言ったらいいか…。
とにかく本当に優しく包みこんでくれるような歌声なんですよね。
歌を大切に思って歌っているのをひしひしと感じます。
えりがこれだけ歌えるようになったことが嬉しいです。
いきなり完璧じゃなくてもいいんですよね。
こうやって少しずつ色々なことができるようになっていってくれると嬉しいです。

10.その出会いのために / よっすぃ~
11.雪/愛×あなた≧好き / 愛ちゃん
  キラキラ冬のシャイニーG / れいな
  ※公演により変更


「その出会いのために」もよっすぃ~が全ソロで歌うのを聴くのは初めてですかね。
夜の時はちょっと泣きそうになっていたように思えました。
卒コンで聴いたら涙を耐えられないかもしれません。
11は昼夜で曲が変わる部分。
「雪/愛×あなた≧好き」が聴けたのは嬉しかったです。
冬冬関係は行けなかった正月ワンダでやっていたので、しばらくは聴くことは
できないかなと思ってましたので。

12.宝の箱 / 重ピンクとこはっピンク
13.幼なじみ / ミキティ


「宝の箱」は前2作とはガラリと雰囲気を変えてきましたね。
じっくり聴く曲なので、(1桁列にもかかわらず^^;)スクリーンに映る2人を見ていたのですが、
何だかコハが凄く大人っぽくなったな~と感じました。
カレーの時と比べると凄く「大人な美人」になった気がします。
「幼なじみ」はこういう歌詞は自分にはかなり来るものがあるわけで…^^;
でも昼の時に前奏と間奏の間中バカみたいに叫び続けてたバカヲタは氏んでいいから。
本人が歌ってないとはいえ、雰囲気ぶち壊しにしてるのが分からんのかね。
本当に好きで応援してるなら、本人の集中力を削ぐようなマネはできないはずです。

14.通学列車 / コハ・みっつぃ以外の7人
15.未来の太陽


「通学列車」はなぜこの曲がセットリストに入ったのかがまだ分からない感じですが、
ピンポイントでやられる部分を発見しました(笑)
間奏での首をかしげる時のえりの「?」な感じの表情がめっちゃかわいいんです。
こんな落とし穴が潜んでいたとは!(笑)
「未来の太陽」は結構感想が難しい感じなのですが、何となく聴いていて
懐かしい感じがする気がします。

VTR(MC GAKI)

MC GAKIのラジオ番組が映像で流れる内容で、ゲストで登場するメンバーが
公演により変わるというもの。
北海道なのでミキティを期待しましたが、旭川では愛ちゃんとよっすぃ~でした。
ミキティは札幌で登場したのかな?
愛ちゃんは痛かった話?でしたが、どこまでが台本でどこまでが本当なのか分かりません^^;
よっすぃ~はGAKIがガキさんのモノマネをする(笑)内容でした。
そっくりでした(笑)

16.悲しみトワイライト
17.浪漫~MY DEAR BOY~
18.歩いてる


「悲しみトワイライト」は初めて聴いた時から惚れました(笑)
こういうバリバリにギターサウンドの効いたカッコイイ曲は大好きです。
元々は相川七瀬さんのファンですから(笑)
流れ的にも次の「浪漫」とカッコイイ曲が2曲続いて、自分的にはかなり好きな構成です。
で、その後に「歩いてる」が来て聴かせてくれるのもまた良いです。
やりきった体を程よく癒してくれます。

※メドレー
19.LOVEマシーン
20.ザ☆ピ~ス!
21.恋愛レボリューション21


ここは懐かしい…というほどでもないですね。
娘。ライブにとって定番かつ誰でも楽しめる曲です。
安心して楽しめます。

MC

毎回直前3曲についての話をすることが多いですかね。
夜には恋レボの「ほいっ」の部分を歴代で誰が引き継いできたかという話でした。
よっすぃ~は密かにそのパートをやってみたかったみたいで、梨華ちゃんがやってるのを
羨ましく思ってたみたいです。
で、卒業を前に実現させてあげようということで、会場みんなで歌って実現できました^^
その後、梨華ちゃんの後は誰だったっけ?という話になり「亀井ちゃんだっけ?」と話を振られたのに
ノノ*^ー^)<なにがですか?
と話を全然聞いてないえりのボケっぷりにはマジゴケするしかありませんでした(笑)
ちなみに梨華ちゃんの後はこんこんです(笑)

22.青空がいつまでも続くような未来であれ!

今回は2番に入る時にミキティがトレインを促してくれるので、今まで以上に長くつながってますね。
沢山の推しがいて中々統一感を見せることが難しい娘。ライブですが、
この曲では会場が間違いなく1つになれて、他の現場にも胸を張れる部分じゃないかなと思います。

アンコール

アンコールはやっぱりミキティでした。
そんなにバラバラにならずすぐに揃ったと思います。

EN1.BEポジティブ

座間ではイマイチついていけなかったですが、よく見たらウルトラマンライク(セブン?)な光線技の
振りをやってたんですね。
それが分かってからはポーズをとるのが楽しいです。

MC

最後のあいさつ。
えりは毎回ネタをやってくれます。

EN2.ここにいるぜぇ!

残りの力を出しきる感じで(笑)

で、夜公演終了後には凱旋公演のお約束でミキティが再登場。
川v)<せっかく北海道に来たので、この後もおいしいものとか食べて楽しんで下さい
みたいなことを言ってましたが、普通に遠征組が多いだろうと見越してのコメントですね(笑)
さすがです(笑)


まあぶるさんの地元パワーで昼夜共に楽しめた公演でした。
2列の近さはすごかったです。
最前の経験もアリーナクラスでならありますが、近さは全然ホールの2列のほうが近いです。
念願だった北海道での娘。の公演をこんなにいい席で見れて嬉しかったです。

会場に行く間に「ふるさと」のPVを観たりしてたのですが、このころから形は変わったとはいえ
今も娘。の魂を引き継いだメンバーたちがこうして聖地北海道で公演をやっている・・・。
そんなことを「青空がいつまでも~」の時に考えながら、当時のメンバーと今のメンバーを
ステージの上に被らせていたらちょっぴり目頭が熱くなりました。

本当に北海道まで行った甲斐がありました。
当日お付き合いいただいたまあぶるさん、札幌から旭川までの運転お疲れ様でした。
そして連番をして頂きありがとうございましたm(_ _)m
ふるさとのロケ地めぐりも楽しかったです(このお話は後日上げる観光レポにて^^)
関連記事
スポンサーサイト



* Category : レポート
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する