FC2ブログ
09≪ 2019/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2007-09-29 (Sat)
娘。大宮2日間をまとめて書いていきます。

公演以外の行動は当日のブログに書いてありますので、そちらを参照して
いただくとします。

参戦したのは22日の昼と23日の昼夜。
22日昼は17列と無難な位置で流れをつかんだ感じです。
とはいえ、今回のセットリストの性質上終わった時にはヘロヘロでしたが^^;
隣が結構必死な振り師な人で、バシバシぶつかってきてたのですが、
その度に曲が終わると「ぶつかっちゃってホントすいませんっ」と謝られたり。
そういう謙虚な姿勢でこられるとこっちも悪い気しないし、まあぶつかるのは
自分も動いてるからお互い様ということで、「こっちこそぶつかっちゃって
すいません」とこっちも謝る感じなやりとりがあったり(笑)
ラブ&ピ~スの後とかお互いゼーハー言いながら「すいませんっ」
「大丈夫ですっ」というやりとりは結構笑えた(笑)

23日昼は9列の左寄り。
席に着くと通路でしかも隣がいなくて1席空いているという
おいしすぎる席でした。
2枚で出品されてたから1枚落ちなかったのかな。
周りに珍しくえりヲタも少なかったので、のびのびと楽しむことができました。
久しぶりにえりのチラ見目線を十分に堪能しました(笑)

最後の夜は2階11列。
距離はありましたが、視界は良好で良く見えました。
しかし今度は周りがえりヲタだらけだったので負けるわけにはいかんと
かなり頑張ってしまいました。
2階には2階なりの頑張り方と楽しみ方がありますからねw
でも後半には結構ガス欠おこしてたかも^^;
気力のみで動いていた感じ^^;

自分ゴトはこのくらいにして、セットリストに沿った感想などを。



01.ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL
02.SEXY BOY ~そよ風に寄り添って~
03.Hand made CITY


壮大なストーリーでも始まるかのようにアレンジされた「女に幸あれ」の
イントロにしょっぱなからゾクゾクきました。
そしてうって変わって始まったのはツアー用の明るい曲調の新曲。
最初はちょっと意表つかれました^^;

「SEXY BOY」は割と久しぶり?
振りを体が覚えてますから自然に動けますが、さすがに久しぶりすぎたのか
右と左をたまに間違えたり^^;

「Hand made CITY」はトワイライトのCWですね。
のっけからアップテンポで飛ばしますね(笑)
えりの指さし誤爆の位置の席になりたいと思いました。
サビではタオル?使用。
用意しておいたほうがいいのかな?^^;
ここのイントロでスクリーンでメンバー紹介されてますが、
今回はみんなコール入れてない感じ。
自分はえりの時にとりあえず入れておいてますけど。

MC

各メンバーのあいさつの後に美勇伝が登場。
この辺からかな?
2日目の昼にはえりが取れそうなカチューシャを気にし始めてました。

04.カッチョイイゼ! JAPAN(全員)

ちょっとハロコンチック(笑)
美勇伝の曲の中では一番動きを覚えている曲なので、この選曲は
自分には良かったと思います。

5.PLEASE自由の扉
6.悲しみトワイライト


休みなく飛ばします(笑)
ここでトワイライトか!というくらい(笑)
「PLEASE自由の扉」はガキカメでも話してた締めのえりのソロに
気合入りまくりです(笑)
この辺りでえりがジャマになったカチューシャを舞台袖に
投げ捨ててました(笑)
激しいですからね(笑)

MC

6期とジュンジュン、リンリンの5人でのMC。
秋と言えばというテーマでさゆが中心になってトークを進めていきます。
……が、秋と言えばはほぼ飾りで、さゆワールドを展開する場所というのが
正しい見方でしょう(笑)
さゆの新しいギャグ!?「从*・ 。.・)<ん~ん~(と言って相手を押して
発言を遮る)」が炸裂します(笑)
れいな曰く「从 ´ ヮ`)<だんだん強力になってく」みたいです(笑)

7.チャンス(きらり新曲)
8.好きな先輩(ジュンジュン・リンリン)
9.シャニムニパラダイス(愛ちゃん・ガキさん・えり・れいな)
10.いきまっしょい!


今回の1つのポイントと思える「好きな先輩」。
声援を受けながら歌っている2人を見ていると、国境なんて関係ない、
なんて思えてきました。
入っていきなりこんな話も何ですが、いつかは2人も卒業する時が来るわけで、
その時に娘。での一番の思い出は初ツアーで2人で歌った「好きな先輩」です
なんて言えるような思い出になってくれるといいなと思いました。

「シャニムニパラダイス」はえりキターーー!!
って感じでした(笑)
てか、えりのシャニムにダンスが頭から離れないよ~。
間奏でミキティの時は腕組みガン飛ばしで(笑)叩かせなかったのに対し、
しっかりと愛ちゃんにペシッとやられてるのが、いかにもえりっぽくて
かわいいです(*^-^*)

MC

愛ちゃんとガキさん、リーダーとサブリーダー2人でのMC。
愛ちゃんリーダーのマニュフェストとして、アットホームなモーニング娘。を
作っていくこと、そして具体的にはまずは福井の実家にメンバー全員を呼んで
越前ガニ鍋を囲んで食べたいという政策?を。

対してガキさんは、公演ごとに答えを変えて、皆が楽屋から帰る時も
最後まで残ってメンバーの忘れ物とかがないかちゃんと確認する、
カニ鍋にも以前のようにがっつかないでアク取りをする、
紅葉卸を絶やさないようにせっせと擦る、なんていう答えを。

アットホームなモーニング娘。というのはいかにも愛ちゃんらしいなと。
でも何よりガキさんの答え。
笑いをとっているようで、全ての答えに共通しているのは自分は
縁の下の力持ちになるということ。
サブリーダーとしてリーダーを立てつつも陰ながら支えていく、
これってサブリーダーという立場には重要なことですよね。

ここの2人でのMCは自分にとって重要なものとなりました。
この2人ならばきっと何かやってくれるかもしれないと思えました。
1人1人の力はまだ歴代のリーダー、サブリーダーには及ばないかも
しれないけれど、同じ5期どうし、2人が力を合わせることで
可能性は何倍にも膨れ上がるんじゃないかなと。

今までの娘。ではリーダーがクローズアップされてしまいがちでしたが、
今の娘。はリーダー、サブリーダー2人の力で作られていくんだと思いました。

長くなってしまいましたが、それだけここの2人の言葉が自分の心に
響いたということです。

11.じゃじゃ馬パラダイス(美勇伝)
12.美~Hit Parade~(美勇伝)
13.恋するエンジェルハート(美勇伝)


かなり長いこと娘。単独でツアーをやってきたので、まだ切り替えに
慣れていないようです。
ガラッと空気が変わりますので。
基本自分はあまり前に出ず、美勇伝ヲタさんに主導してもらう感じです。
でもMCとかさすがに慣れていて楽しいですね。
美勇伝ライブはこんなノリなのかと思いながら聞いていたり。
初日は岡田さんが暴走ぎみでしたが、梨華ちゃんにマジ注意?されて
2日目には控え目になってました^^;

14.男友達(みっつい・美勇伝)

みっつぃがソロで美勇伝がバックダンス?
05年の秋コンを思い出しました。

人形劇コント

かなり笑えます(笑)
三好さんがいい味出してます(笑)

15.WASSUP?遠慮がテーマ(愛ちゃん・さゆ・コハ)
16.HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
17.シャボン玉
18.NATURE IS GOOD


後半戦最初のラッシュコンボ(笑)

「WASSUP?」はセットリストを確認するまでミニモニ。の
曲だったとは思わなんだ^^;
始めさゆとコハで出てきた時には某ピンクの新曲かと思ってしまいました^^;
また随分とイメージ変えてきたな~、と(笑)
愛ちゃんの歌唱力に改めて感心しました。
カッコ良さも際立ってましたね。

「シャボン玉」は秋コンの定番(笑)
えりヲタとして一番必死になる箇所の1つ(笑)

MC

19.Ambitious!野心的でいいじゃん
20.Go Girl~恋のヴィクトリー~
21.ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。


煽るMCから間髪入れずにラッシュコンボの後半(笑)
強力です(笑)
強力すぎます(笑)
でも娘。たちの気合いの入り具合いがいいんだな。
こっちもそれに応えて力を出しきります。

アンコール

22.HELLO TO YOU ~ハロー! プロジェクト10周年記念テーマ~(全員)

久しぶりのアンコールコール。
久しぶりはかなりきました。
アンコール明けの曲が大人しめの曲でよかったです^^;
えりの衣装にシッポがついてる~(*^-^*)
この衣装の時もえりは頭の飾り?が取れそうになって
舞台袖に投げ捨ててました(笑)

「HELLO TO YOU」が終わったところで美勇伝はあいさつをしてここでお別れ。
その後の娘。メンバーのあいさつでは2日目夜にえりがやってくれました!
シャボン玉でセリフをやっていることに触れて、

ノノ*^ー^)<抱きしめたくなっちゃいましたか~!?

四六時中思ってます!!(爆)

てかこの発言のインパクトが強すぎて前後で何言ったか覚えてません^^;
愛ちゃんがあいさつの締めに毎回言う「川*’ー’)<またな~」が
なんかいい感じ^^

23.女に幸あれ

その時の新曲が最後に来るのも珍しいですね。
ここばかりはえりが後ろで踊っているので、1階で見ている時には
よく見えなかったのですが、最後に2階で見てようやくえりを確認できました。


今回のツアーは一言で言えば「激しい!」そして「楽しい!」。
ホントにMC以外では休む間がないと言っても過言ではないくらい
最初から最後まで一気にかけ抜けていく感じです。

今年は娘。も色々ありましたが、このセットリストは娘。のパワーは
衰えることはないと感じることができるセットリストだと思いました。
このパワーと愛ちゃん、ガキさん2人のMC、まだまだ娘。を応援していこうと
思うには十分なものでした。

それに美勇伝が一緒というのも娘。のメンバーにはいい刺激に
なるのではないでしょうか。
キャラの濃さでは美勇伝が上回っているので、娘。メンバーも負けないくらいに
どんどん前に出ていってくれればいいなと思います。

ついに始まった秋ツアー。
ツアーをやりきった後には、また一回り大きくなったメンバーに
期待したいです。
関連記事
スポンサーサイト



* Category : レポート
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する